生きていくにはコストがかかる

 

本当のコストとはいったい
なんなのだろう

 

 

ある漁師の話がある

とても有名な話でいろんな所で
語られているのであなたも
知っているかもしれない

 

 

メキシコの田舎町
海岸に小さなボートが停泊していた

 

メキシコ人の漁師が
小さな網に魚をとってきた

その魚はなんとも生きがいい

 

それを見たアメリカ人旅行者は

「すばらしい魚だね
どれくらいの時間、漁をしていたの」

と尋ねた

 

すると漁師は

「そんなに長い時間じゃないよ」

と答えた

 

旅行者が

「もっと漁をしていたら
もっと魚が獲れたんだろうね

おしいなあ」

と言うと

漁師は自分と自分の家族が食べるには
これで十分だと言った

 

「それじゃあ、あまった時間で
いったい何をするの」

と旅行者が聞くと

漁師は

「日が高くなるまで
ゆっくり寝てそれから漁に出る

戻ってきたら子どもと遊んで
女房とシエスタして

夜になったら友達と一杯やって
ギターを弾いて、歌をうたって

ああ、これでもう一日終わりだね」

 

すると旅行者はまじめな顔で
漁師に向かってこう言った

 

「ハーバード・ビジネス・スクールで
MBAを取得した人間として
きみにアドバイスしよう

いいかい、きみは毎日
もっと長い時間、漁をするべきだ

それであまった魚は売る

お金が貯まったら大きな漁船を買う

そうすると漁獲高は上がり儲けも増える

その儲けで漁船を2隻、3隻と
増やしていくんだ

やがて大漁船団ができるまでね

そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ

自前の水産品加工工場を建てて
そこに魚を入れる

その頃にはきみは
このちっぽけな村を出て
メキソコシティに引っ越し
ロサンゼルス、ニューヨークへと
進出していくだろう

きみはマンハッタンの
オフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

 

漁師は尋ねた

「そうなるまでに
どれくらいかかるのかね」

 

 

「20年、いやおそらく
25年でそこまでいくね」

「それからどうなるの」

「それから? そのときは
本当にすごいことになるよ」

と旅行者はにんまりと笑い

「今度は株を売却して
きみは億万長者になるのさ」

 

「それで?」

 

「そうしたら引退して

海岸近くの小さな村に住んで

日が高くなるまでゆっくり寝て

日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり

奥さんとシエスタして過ごして

夜になったら友達と一杯やって

ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ

どうだい

すばらしいだろう 」

 

 

この話を聞いて何を感じるのかは
人それぞれだと思う

 

マンハッタンのオフィスビルまで
進出するほど成功するのも
エキサイティングで面白い人生だろうし

漁師のようにすでにある生活で
満ち足りる事を知っているのも
豊かで素晴らしい生き方であろう

 

自分が求めているものを
知っていれば、どうやって
生きていくのかを見失わずに
済むのではないだろうか

 

 

色々な人に話を聞いていると
本来の目的とは、ずれた生き方を
しているように感じる事が結構ある

 

なぜ、今の仕事を
しているのかを聞いてみると

 

「家族の為」

「奥さんとの幸せの為」

「子供と過ごす時間を増やすため」

 

などと話す人が実際に多くいる

 

では、その人が
何をしているのかというと
仕事に没頭していて
家族との時間を大切に
過ごしていない

 

そして

「俺は奥さんの為に、子供の為に
みんなの幸せのためにこんなに
頑張っているのに、カミさんは俺の顔みれば
くだらない文句ばかり垂れやがる」

と、言うのである

 

あなたが家族の為に
みんなの幸せのために身を粉にして
頑張っているのは本当に良くわかる

 

家族の幸せのために
時に無理して嫌な仕事だって
やっている事は痛いほど理解できる

 

しかし、ちょっとだけ
待って欲しい

 

幸せになるのをなんで
そんなに先送りにするのか

 

少しだけ考えて欲しい

 

 

奥さんを幸せにするのに
20年間頑張って仕事して
新築マンションを購入する
必要があるのかどうか

 

仕事帰りにちょっと寄って
調べておいた美味しいスイーツを
お土産に買って帰ればそれで奥さんは
今すぐ幸せになれるのではないか

 

駅の近くの花屋さんで
かわいらしいお花を1本、2本
プレゼントに選んで家で渡せば奥さんは
それで今日、嬉しいのではないか

 

夜中に近所のコンビニへ
二人で手をつないで散歩に行けば
それだけで奥さんは愛されている事を
一瞬で感じられるのではないだろうか

 

 

子供と過ごす時間を増やしたい

だから今は頑張って働く、と
あなたはそう言う

 

残念だが10年後
あなたの子供は
あなたと過ごす時間を選ばない

 

当たり前だろ

親と一緒にいるのが
一番楽しいティーンエイジャーなんて
どこの世界にいるんだい

 

子供と過ごす時間は
子供時代にしか存在しない

 

例え、10年後
子供が一緒に過ごしてくれたとしても
それはあどけなかった、幼い子供の頃の
思い出とはなり得ない

 

 

求めているものが
すでに目の前にあるのなら

今、自分が得ている幸せを
かみしめる方が大切なのではないか

 

今、自分が持っているものに
感謝する事ができないのなら
どんな未来がやってこようとも

あなたは決して幸せにはなれない

 

今、手元にある幸せを
認識する事が大切なのは

未来にだけある幸福を求めていると
それを得るためには
莫大なコストがかかるからだ

 

この世の中にある
もっとも高いコストは

『 時間 』

である

 

時間というと解りづらいから

『 命 』

と置き換える事にする

 

10年後に家族と
過ごす時間というのは

『 10年分、家族全員の命を削った 』

という事

 

10年後に奥さんを
幸せにするという事は

奥さんから
10年分の生命を奪った後に
幸せにするという事

 

10年後に子供と
過ごす時間を選ぶという事は

子供から
10年間の命を無くしてからでないと
過ごさないという事

 

時間という名の冥王は
この世界の全てをつかさどり
今、この瞬間にもあなたの
大切な家族の命を削っている

 

10年後の家族の為に
今を生きてはいけないと
言っているわけではない

 

今のあなたが身を削るほど
未来の家族の為に生きる事は
とても大切だ

ただ

それと同じように
今日、目の前にいる家族の事も
考えてみたらどうなのだろうか

 

本当に大切なものを

後になってから大事にしようとすると
莫大なコストを犠牲にする

 

 

今、自分がやっている事は

 

「命を削って払う価値」

 

があるのかどうかを確かめる
必要があるのかもしれない