LINEで送る
Pocket

 

 

カッコいいとは
こういう事では
ないだろうか

 

2018年6月28日

 

サッカーワールドカップ
ロシア大会において日本代表が
決勝トーナメント進出を決めた

 

にも、関わらず
サッカー日本代表チームは
日本はもとより世界中から
ボロクソの批判に
さらされているそうだ

 

第3戦の終盤、ポーランドに
0-1で負けていたにも関わらず
決勝トーナメント進出の為
勝利を放棄、あからさまなパス回しで
試合を終えたからだという

 

要するに

「ワザと負けた」

という事だ

 

結果、狙い通りに
日本代表は決勝トーナメント
進出を決めた

 

自分自身、サッカーの事は
ほとんど知らないし
この戦術の賛否については
正直言って良く解らない

目的を果たすためには
何をしてもいい、という訳でも
ないだろうとは思う

そもそも
スポーツの競技である以上
勝利を目的として双方がプレーを
行わなければ試合自体が成り立たない

 

例えば
これがもし格闘技だったらと
考えてみたらどうだろう

自分はかつてプロの
ボクサーだった事がある

もし、わざと試合に負ける

相手に敗北する事を目的として
対戦を行うとしたら

 

下手をすると
相手に殺されてしまう

 

そんなスポーツの試合は
成り立たないし、あり得ない

 

競技である以上
勝利を目指して行動する
というのがどのスポーツの
規範にもあるはずだ

負けるために
試合を放棄したらそれは
スポーツではなくただの
見世物になってしまう

 

それこそ本当に
茶番である

 

ただ

今回、日本代表監督や選手達は
サッカーというスポーツや
それを愛するファン達を侮辱したり
愚弄した訳ではないと思う

なので

サッカーを想うファンだからと言って
何一つ背負ってもいない人間が
テレビの前から日本代表をボロクソに
批判するのも、なんだか違うような
気がしてしまうのである

 

例えば

仕事をしながら家族を養っている
父親と母親がいたとする

彼らは愛する家族や
子供のために自身が望むのとは
まるで違った仕事をしている

不本意ではあるが
お金のために仕方なく
評判の良くない事をして
働いているのである

 

そして周りの人間からは

汚いとか、醜いとか、卑怯とか
ずるいとか、みすぼらしいとか
面白くないとか

卑しいとか、姑息だとか
恥だとか、クソだとか
潔くないとか

せこいとか、あさましいとか
下品とか、いやらしいとか
えげつないとか、さもしいとか

ゲスだとか、ダニだとか
ウジ虫とか、バカとか
死ねとか、地獄に堕ちろとか

そんな事を周りに
言われながら暮らしている

 

でも

法律は一切犯していない

彼らは何一つ
悪い事をしていない

決められたルールの範囲内で
全てを行っているのである

 

もし、あなたが彼らの
子供だったら両親の事を
どう思うだろうか

 

お金のために仕方なく
不本意ながらも
望まない仕事をしている

子供を養うために、家族のために
周りの悪口も甘んじて受け入れ
耐え忍んで働いている

 

そんな彼らを見て

「みっともない事しやがって
こっちが恥ずかしいんだよ!
そんな仕事する位なら
辞めちまえ!」

と、

あなたは思うのだろうか

 

自分の手は何一つ汚さず
何一つも背負ってはおらず

ただ、全てを与えられて
外から見ているだけの
立場でありながらも

 

かつて

日本で大ヒットした映画に

『たそがれ清兵衛』

『壬生義士伝』

『永遠のゼロ』

と、いう物語がある

 

この主人公たちは

臭いとか、たそがれとか
守銭奴とか、非国民とか

散々に周りからは言われつつも
それを耐え忍び、たった一人
家族のために生きるという
信念を貫いた

時代背景からすれば
完全にあり得ない生き方で
周りから言われるがまま
権力に迎合した方が
楽であったことだろう

 

これらの物語が
人々の心を打ったのは

 

周りからは何と言われようと
どんなにかひどい扱いを
受けようと

己の信念の為に耐え忍び
愛のために生き
儀を貫いて果てた

 

という所ではないだろうか

 

日本人はそこに本当の

「士」

の生き様を感じたのでは
ないだろうか

 

潔く戦って
散り際 美しく敗れるだけが
サムライではない

背負っているものがあれば
きれい事だけを言っては
いられない

 

濡れ衣を着せられ
名誉を傷つけられ
罵声を浴びせられながらも

志のために自らを犠牲にし
己の存在は抹殺し

大義を果たすべく
泥臭くしがみついて
なりふり構わず命を懸けて戦う

 

そんな男達こそが
日本という国を背負って戦う
サムライにふさわしい

 

例えほんの少しでも
己を殺して何かを背負い
誰かのために生きた事がある
人間だったら

今回、サッカー日本代表が取った
苦渋の選択も、思いやる事が
出来るのではないだろうか

 

一生懸命働いている人間の
仕事ぶりを、何の責任もないくせに
外から見て酷く言うのは気持ちが悪い

 

たとえ

周りから何と言われようとも
みすぼらしい仕事であったとしても
それを真剣にやる人間を応援するのが
身内の務めである

 

 

世界中からボロクソに
言われるのをわかっていながら
きっちりと行うべき仕事をこなした
サッカー日本代表チームは
称賛に値する

 

カッコいいとは
こういう事では
ないのだろうか

 

 

 

 

 

=======================
●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から徒歩3分
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。
garagesale
● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

変な広告も一切入りませんし、
解除も簡単にすぐできます。
ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の
『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================
※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket