postman-shoes-newold
1990s POSTMANSHOES【WORKA MERICA】NEWOLD

 

店長青山です、

 

アメリカの郵便局員が実際に履くポストマンシューズを入手しました。

 

1990年代の【WORK AMERICA】の品でタグ付きの【DEAD STOCK】になります。

 

ポストマンシューズの見分け方は、過去のブログで詳しくご説明しております。

 

まずはそちらのブログを良く読んで参考にしてみて下さい。

 


【USPS】アメリカ郵便局員ポストマン 昔と今の比較

 

dscf5619_400
ポストマンシューズの実物本物を見分ける方法

 

postman-shoes-newold-2

postman-shoes-newold-8

postman-shoes-newold-7

 

 

上の画像の中央付近にはアメリカ大陸の地図が入ったおよそ1990年代の印となるユニオンスタンプがあります。年代判別の目安となります。

 

postman-shoes-newold-5

postman-shoes-newold-6

postman-shoes-newold-3

postman-shoes-newold-4

 

今回はフラッシャーもきれいに残っていますので、完全なる【DEAD STOCK】のお品となります。

 

postman-shoes-newold-9

postman-shoes-newold-1

 


【USPS】今現在のポストマンシューズ 昔と今の比較

 

上の記事を読んで頂ければご理解いただけると思うのですが、今現在、ポストマンシューズというのはこのような形で製造されていません。

 

クラシカルな形のポストマンシューズというのは実際の現場では使用されていないのです。

 

ポッテリとしたシルエットでカジュアルスタイルにもよく合う上に、履きやすさ、疲れにくさはスニーカーにも勝るポストマンシューズ。

 

このような完璧なコンディションで見つかる事は今後無くなってきますので、黒のプレーントゥをお探しだった場合は是非どうぞ。

 

それではまた!

 

postman-shoes-newold
1990s POSTMANSHOES【WORKA MERICA】NEWOLD
サイズ 8 ウィズD (目安25.5 cm~26.5cm 位)
¥29000-(+tax ¥2900-)

 

 
【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

 

店長青山が今回のポストマンシューズのお手入れに使用したクリームは


【M.モゥブレィ】
コードバンクリームレノベーター
(ブラック)

 

です。

 

こちらは本来コードバン革靴用のクリームなのですが、ガラスレザーの補色クリームとしても使用できる優れものです。

 

こちらのクリームの少量を

 


ポリッシングコットン

 

という磨き専用の布に取り、うすく革靴の全体に塗り広げていきます。

 

その後、ホースブラシで円を描くようにブラッシングして馴染ませてから更に乾拭きをすると、美しいツヤが出てくるのです。

 

今回はデッドストックのお品でしたので補色は必要なかったのですが、黒く光る印象を強く出して仕上げたかったのであえて少しだけ使用してみました。

 

色の補色が必要のない場合、普段使いのクリームとしては

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
【M.モゥブレイ】
クリームエッセンシャル

(無色)

 

を使用して頂くと美しく綺麗なツヤが出せます。

 

使い方、磨き方は先にご紹介したコードバンクリームレノベーターと全く一緒です。

 

参考にしてみて下さい。