dscf5610_400
USA実物本物 Postman Chukka Boots
【WORK AMERICA】

 

店長青山です、

本日も新入荷の革靴をご紹介します。

 

アメリカの郵便局員が履くポストマンシューズです。

 

アメリカで実際に郵便局員の方に支給されているポストマンシューズはその履きやすさと使いやすいデザインからとても人気が高いお品です。

 

その中でも今回の

【チャッカブーツ】

タイプは特に入手できない形となります。

 

よく、ネットショップの楽天さんなとで検索してみると色々なメーカーがこの形を真似て作った革靴を

 

【 ポストマンシューズ 】

 

として販売しています。

 

ですが、

本当にアメリカの郵便局員が使用する正式な物ではありませんし、ポストマンシューズでも何でもない物までポストマンシューズとして
販売しています。

 

なので、

「実物本物」みたいに販売されていてもほとんどのものが正式な意味としては

【 偽物 】

ですので気を付けて下さい。

 

それでは本物の見分け方をご紹介します。

 

見るべきところは2点あります。

 

dscf5621_400

 

まず、

一番初めに靴のサイドに縫い付けられた「SR/USA」のタグを確認してください。

 

これは

SR/USA standard
(slip-resistant, made in the USA
with a tag designated )

 

への適合のしたシューズである証になります。

 

そして、

 

ここが最も確認しなくてはいけない大事な点なのですが本物のポストマンシューズには靴の内側に

 

dscf5607_400

 

実物本物の証「USPS」の文字が入ります。

 

これは

 

USPS(United States Postal Service)

 

の規定で定める職員の靴であったことを意味します。

 

この二つが入っているものだけを【ポストマンシューズ】と呼んでいいのです。

 

 

dscf5619_400

 

ちょっと考えてみてもらいたいのですが

 

アップル社の製品ではない、他の会社のスマートフォンにはリンゴのマークの入っていません。

 

当たり前ですよね?

 

例えばそのリンゴのマークが入っていない韓国サムスン社のスマートフォンを

 

【 iPhone 】

 

って名前で販売しているお店があったらどう思いますか?

 

詐欺ですよね?

 

でも、ポストマンシューズではこういう事が行われているんです。

 

アップル社の物でないスマホは【 iPhone 】とは呼べないのに

 

アメリカの郵便局員が履く靴でないものをいかにも本物のポストマンシューズとして名前を付けて販売している所があるのです。

 

上にあげた2点がない革靴はすべて

『ポストマン風』シューズ です。

 

『 風 』とか、『タイプ』とか名前につけてくれれば、なにも問題ないと思うのでお客様にきちんと説明して頂きたいと思います。

 

dscf5605_400

dscf5602_400

 

今回のお品は本格派ワークブランドの【WORK AMERICA】のポストマンシューズになります。

 

上の写真中央の下のあたりに、丸い円形のマークがありますね。

 

こちらは通称

「ユニオンスタンプ」

といいます。

 

UFCW
(The United Food and Commercial Workers International Union)

 

の文字が入ります。

 

ユニオンとはアメリカの労働組合のことで、ユニオンメイドは組合員が作った製品であることを示します。

 

レッドウイングなどもこの協会に入っています。

 

今回のお品についているマークはおよそ1990年代からついているスタンプです。

 

このスタンプからも本物の労働者のための革靴とわかりますね。

 

dscf5613_400

dscf5616_400

 

アメリカの郵便局員のために作られた本物のポストマンシューズ。

 

最大の魅力はその歩きやすさです。

 

一日中配達に回る郵便屋さんのための本気の靴ですから、その履き心地は抜群です。

 

「こんなにも楽なんだ!?」

 

と、クセになることは間違いありません。スニーカーのように楽ですよ。

 

アンクル丈なので足首までホールドして長時間の歩行もしっかり、サポートしてくれます。

 

そして、

どんなコーディネイトにも合わせやすい黒のチャッカブーツ。

 

これからの季節は上着が重たくなってきます。

 

なので、足元にも少しボリューム感のある靴の方がバランスもとりやすくて合わせやすいです。

 

dscf5622_400

 

今回のお品はほとんど履いた形跡のない美品になります。

 

カカトの減りもほとんどありませんのでこれからまだまだ長い間、履きこんで楽しんで頂けます。

 

品があってセクシーなフォルムのチャッカーブーツは一足は持っておかなくてはいけない大人の男の革靴です。

 

とはいえ、

カジュアルにジーンズにも合わせられたりワークパンツでざっくり履きこんだりしても【 さま 】になってしまうというオールラウンダーの強さも兼ね備えています。

 

あなたがまだ、この形をお持ちでない場合は是非お勧めします。

 

上品でエレガントなスタイルと現実的な歩きやすさを兼ね備えたとても魅力的な革靴です。

 

アメリカ革靴好きなら、部屋において眺めてニヤニヤしてしまう美しい一足ですよ!

 

それではまた!

 

動画

dscf5610_400
USA実物本物 Postman Chukka Boots【WORK AMERICA】
サイズ 7 1/2  ウィズ EE
(目安25.5cm~26.5cmくらい)
 ¥21000-(+tax ¥1680-)

 

※ お勧め参考記事
【ポストマン 昔と今の比較】

 

合わせてお読み頂くと今回の革靴に対する理解がより一層深まります。

 

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

 

店長青山が今回のポストマンシューズのお手入れに使用したクリームは


【M.モゥブレィ】
コードバンクリームレノベーター
(ブラック)

 

です。

 

こちらは本来コードバン革靴用のクリームなのですが、ガラスレザーの補色クリームとしても使用できる優れものです。

 

こちらのクリームの少量を

 


ポリッシングコットン

 

という磨き専用の布に取り、うすく革靴の全体に塗り広げていきます。

 

その後、ホースブラシで円を描くようにブラッシングして馴染ませてから更に乾拭きをすると、美しいツヤが出てくるのです。

 

今回はとてもきれいなお品でしたので補色は必要なかったのですが、黒く光る印象を強く出して仕上げたかったのであえて少しだけ使用してみました。

 

色の補色が必要のない場合、普段使いのクリームとしては

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
【M.モゥブレイ】
クリームエッセンシャル

(無色)

 

を使用して頂くと美しく綺麗なツヤが出せます。

 

使い方、磨き方は先にご紹介したコードバンクリームレノベーターと全く一緒です。

 

参考にしてみて下さい。

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============