florsheim-grainleather-captoe
1986年4月製シボ革【FLORSHEIM】
CAPTOE GRAIN LEATHER

店長青山です、

新入荷の革靴をご紹介します。

今回は1980年代の
フローシャイムから
シボ革のキャップトゥです。

florsheim-grainleather-captoe-1

非常に雰囲気のあるシボ革ですが
こちらは当時のフローシャイムの
レギュラー品です。

【Imperial Quality】や【Royal Imperial】
などの高級シリーズではありませんが
かつてのフローシャイムは
レギュラーシリーズでも雰囲気のある
良い革靴をたくさん作っていました。

こちらの個体などは
最近だと、とても珍しいです。

むしろ高級シリーズに当たる
インペリアルクォリティの
ケンムールなどよりも球数も
少ないように思います。

florsheim-grainleather-captoe-2

florsheim-grainleather-captoe-3

florsheim-grainleather-captoe-4

アウトソールは色がくすんでいますが
革底の減りなどは少なく、
良いコンディションだと言えます。

florsheim-grainleather-captoe-6

こちらの中にある
アルファベットの印字は

【 DG 】

です。

【 4月 / 6年 】

と考えられますので

1986年4月製

だと推測できます。

【FLORSHEIM】の年代判別法は
過去のブログを参考にしてみて下さい。

【FLORSHEIM】年代判別方法

 

florsheim-grainleather-captoe-5

こちらの個体には

MADE IN USA

の表記がありません。

基本的に【FLORSHEIM】の革靴には
1984年からMADE IN USAという
文字が記載されています。

通常であればMADE IN USA
表記が無ければそれ以前のモデルと
推測できるのですがレギュラーラインの
品に関してはその限りではありません。

また、

どんなものにも例外があるのと同様
1984年以降、90年代だと思われる
フローシャイムでもMADE IN USA表記が
必ずしもあるとは限らないのです。

元々アメリカ革靴ですので
お国柄でしょうか。

まあ、ある意味適当です。

その辺りに関して厳格には
くくれないというか
おおらかというか。

その辺りも含めて考えるのが
【FLORSHEIM】という古靴の
楽しいところだと思います。

今回の品もクラッシックな
雰囲気を放つ、なかなか面白くて
良い面構えの一足です。

是非一度実物を見て
試着をしてみて下さいね。

それではまた!

florsheim-grainleather-captoe
1986年4月製 シボ革【FLORSHEIM】CAPTOE
GRAIN LEATHER サイズ 9 ウィズ E
(目安26.5 cm~27.5cmくらい)
¥15900-(+tax ¥1272-)

※ お勧め参考記事

●【FLORSHEIM】バーシティとケンムールの見分け方

●1959年【FLORSHEIM】KENMOOR U-WINGTIP

合わせてお読み頂くと
今回のアイテムに対する理解が
より一層深まります。

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回の【FLORSHEIM】
シボ革キャップトゥのお手入れに使用したクリームは
サフィールノワール クレム1925
【サフィールノワール】
クレム1925
【ブラック】です。

こちらは最高品質のビーズワックス、
シアバター、カルナバワックスなどの
天然原料を厳選して使用し配合されています。

成分のシアバターが高い浸透性で
革に潤いを与え、ビーズワックスが
ヴィンテージの革靴にも
上品な光沢感を出してくれます。

乳化性クリームなのですが
仕上げに、固形ワックスが
必要ないほど良く光るので
中古の革靴から強い黒光りの輝きが
欲しい時にはお勧めです。