FLORSHEIM 20305 【THE RAMBLER】1964年5月製

店長青山です、

今回はビンテージのフローシャイム
キャップトゥをご紹介します。

1964年5月製のモデル
【THE RAMBLER】です。

こちらはいつもご紹介しております、
ビンテージアメリカ古靴マニア
御用達のWEBサイト【V-Cleat】様

より

1969年【FLORSHEIM】カタログ

です。

カタログの記載には

THE RAMBLER 20305

Black Radio calf
French toe bal;pre-creased vamp;
rubber heels

とあるのが読み取れます。

フレンチトゥというのは
つま先が四角くなっている、と
いう事です。

スクエアトゥの靴を指します。

そして、

【FLORSHEIM】の5桁の数字には
意味があるのでしたね。

詳しくは過去の記事を
ご覧ください。

【FLORSHEIM】5桁の品番の意味

インペリアル以外のモデルの場合
こちらの5ケタの最初の数字が

2、3、5、8

の場合はその 靴の色 を
表していました。

今回の靴の場合では
20305
です。

この場合は頭の数字が2ですね。

2○○○○
→ ブラック、グレイ

3○○○○
→ ブラウン、タン、ゴールド

  ワイン、バーガンディ

4○○○○
→ ホワイト

8○○○○
→ ブルー

となっています。

今回のモデルは2なので
ブラックです。

そして、

3ケタ目の数字はその靴の
スタイルを示しています。

○○0○○
→ ローファー、モンク
○○1○○
→ ローファー、ブーツ、モンク
○○2○○
→ ローファー、ブーツ
○○3○○
→ 内羽根式
○○4○○
→ ローファー、ブーツ
○○5○○
→ ローファー、ブーツ
○○6○○
→ 外羽根式
○○7○○
→ 外羽根式
○○8○○
→ 外羽根式
○○9○○
→ パターンなし

今回の場合は3桁目の数字が
「3」ですので、
内羽根式【Balmoral】となります。

今回の【THE RANBLER】
ライニングに記載されている
2ケタのアルファベット数字は

「EE」 5月 / 4年

です。

これが1964年だと推測される
理由はカカトのインソック下にある
U字型のスポンジの形状です。

これは1965年までの
ディテールとなります。

このディテールによる
【FLORSHEIM】年代の判別方法は
過去の記事で詳しく解説しているので
参考にしてみて下さい。

1963年【FLORSHEIM】KENMOOR

インソールにある数字の記載は
「2」番。

タンの裏はフェルト、
中のライニングは布となっていて
ビンテージの古い仕様です。

かかとのトップリフトは
古い【FLORSHEIM】で使われていた
釘の穴があるタイプが装着されています。

ホワイトステッチのアッパーの糸も
ミシン目が細かいですし、革質も良く
柔らかいです。

靴のどこを見ても、古き良き時代の
革靴を堪能できるモデルです。
古靴マニアにはたまらないお品かと
思います。

どんなにエライあなたの上司で
あったとしても、こればっかりは
お金を持っているだけでは
手に入れる事ができません。

お金さえ払えば手に入る、と
いう様な品では無いのです。

必要なのは

情報を手に入れる為に
アンテナを張っているという
感度の良さ。

そして、

自分の目で良い品を見極める事が
できるあなたのセンスです。

アウトソールの張り替えもなく、
オリジナルのまま
きれいに残っています。

今から半世紀以上も昔の
ビンテージがこのように
履ける状態で綺麗に残っている
というのは普通に考えたら
在り得ない事です。

更にそれが現代の日本に
存在して、あなたの目の前に
現れたというのは本当に奇跡的な
巡り合わせと言えるでしょう。

想像してみて下さい。

今、あなたが仕事で
履いている日本で買った
革靴があるとします。

その靴が現代から
半世紀の後に海を渡って
アメリカに行きます。

そのあなたの革靴を
未来のアメリカ人が
履いている姿を
想い描いて下さい。

いかがでしょうか?

リアルに鮮明に、

自分の靴が半世紀後まで
時代を超えて残って
海を渡って、未来のアメリカ人が
それを履いている姿が
想像できましたか?

で、

ちょっと考えてみて
もらいたいのですが。

今想像してもらった
未来の出来事、
本当に実際に起こり得ると
思いますか?

普通に考えたら
在り得ない事だと
思いませんか?

そもそも、

たとえ現代であったとしても

身体の大きなアメリカ人とは
サイズが合わないかもしれない
ですよね。

そんな出来事が本当に未来で
起こったら、それは奇跡に近い
出来事だと思います。

しかし、

今ここにその奇跡が存在します。

かつて半世紀も昔にアメリカで
作られたものでありながら
日本人の足の小さ目の方でも
履けるサイズの靴があるのです。

二度とは巡り合えない
出会いです。

サイズの合う方は
すぐに試着に来てくださいね。

それではまた!

動画


FLORSHEIM 20305 【THE RAMBLER】
1964年5月製サイズ 7 1/2
 ウィズ C
(目安24.5cm~25.5cmくらい)
¥29000-(+tax ¥2320-)

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============