1950~60s 【BOSTONIAN】Footsavers プレーントゥ

店長青山です、

先日のバニスターに引き続き
今回もヴィンテージのアメリカ古靴を
ご紹介します。

【BOSTONIAN】の
Footsavers(フットセーバーズ)
1950~60年代位のプレーントゥです。


フットセーバーズは古い時代の
コンフォートシューズのようです。
1950年代にはLIFE誌に
広告が出ています。


1954年9月13日 LIFE誌広告


1954年10月11日 LIFE誌広告


1955年11月07日 LIFE誌広告


1956年3月19日 LIFE誌広告


1956年11月19日 LIFE誌広告

しかし、
なぜかどの広告も、美しい女性に
意味ありげな艶っぽい瞳で
見つめられているという
シチュエーション。。。

「フットセーバーズを履きさえすれば
あなたも美しい女性からこんな瞳で
見つめられますよ?!」

という、【BOSTONIAN】からの
メッセージに違いありません。

「こっちはただ純粋に良い革靴を
探しているだけなのに・・・。
洗脳する気か?ボストニアンめ!
実にケシカラン!!」

店長青山、これから革靴は常に
フットセーバーズを履くことにします。

で、
一番初めの1954年9月13日の広告
を良く見て下さい。
フットセーバーズの機能が
記載されています。


1954年9月13日 LIFE誌広告

どうやらフットセーバーズの
履き心地の秘密はソールに
あるようですね。

実際のアウトソールもかなり
特徴的な形状をしています。

不思議な切れ込みがアウトソールの
土踏まず部分に入っていますね。
これも履き心地の秘密でしょうか。

アッパーの質感も良く、
とても柔らかくて上質な
履き心地です。


内部もきれいです。
インソックの状態もいいですし、
タン裏のコンディションも問題ありません。

ただですね、

一つだけ惜しむらくは
左足のつま先内側部分に
ダメージがあるのです。

写真ではわかりづらいのですが
5mm四方程度に革が薄く削れて
しまっています。

これがなければ、いつもの当店の
価格でしたら
¥27000-
(税込¥29160-)
を付けていた所です。

が、

正直、きれいなヴィンテージに
こだわる方でしたらちょっと
このお値段では購入しづらいと
思います。

なので今回は割安なお値段で
ご提供しますよ!

実際に履く分には
全く問題ありません。

お手入れに自信のある方でしたら
目立たないように補修を施したり、
クリームで隠すことも充分
可能だと思います。

革靴のお手入れが好きな時は
是非楽しんでトライしてみて下さい!

それではまた!

動画

1950~60s 【BOSTONIAN】Footsavers プレーントゥ
サイズ 9 ウィズD(目安26.5cm~27.5cmくらい)
¥14900-(+tax ¥1192-)