店長青山です、

いよいよトップ2になりました
革靴ランキングです。

で、忘れる前に
現在当店の無料メルマガに
ご登録頂いている方のみの
かなりお得すぎる特典をお伝え致します。

12月26日~1月9日までに当店で
革靴を現金でお買い上げ頂いた方への
限定特典になります。

もし、

お申込みがまだの方はこの記事の下にある
フォームからご登録下さいね。

今回のキャンペーン、
当店で靴類(ブーツも含む)を
購入してくださった方には
革靴の寿命を劇的に伸ばす処置を
店長青山が自ら行います。

これは、通常では店長青山が
受け付けていない作業なのですが
もし、ご要望があった場合は
今現在、実際に一足

¥2000-
(税込¥2160-)

を頂いて作業しております。

こちらを行っておくだけで
靴の種類によってはカカトのトップリフト
と呼ばれる部品が何もしない時に比べて
2~3倍、長持ち
するという物です。

カカトのトップリフトという部品は
街の靴修理屋さんで交換してもらうと
一足、2592円~3240円程しますので
この処置を行っておくだけで
7776円~9720円ものコスト削減になるのです。

今回、当店で古靴を購入してもらうと
その靴にこれだけの長持ちの処置を
してお渡しします。

詳細はこちらでご確認ください。

『 9720円相当のプレゼント』

それでは、

第2位の発表です!

【第2位】!


1972年1月製【FLORSHEIM】7eyelet  Punched Cap Toe  Balmoral

第2位には【FLORSHEIM】の7アイレット
パンチドキャップトゥです。

 

こちらは【FLORSHEIM】のレギュラーラインの
お品ですが、インペリアルシリーズでなくとも
70年代初頭くらいのフローシャイムは革質が
とても柔らかく軽くて履きやすいのです。

そして、特徴的なのは靴ひもを通すための穴
(アイレット)が7個あるという事ですね。
以降の時代になってくると、今と同じ
5アイレットになってきます。

ヴィンテージがお好きな方でしたら
パッとした見た目でも違いがすぐにわかるので
古靴が好きな方にとても人気が高いお品です。


アウトソールのヘリも少なめで
これからまだまだ履きこんで
頂けるかと思います。

今回はサイズが 10 1/2 と少し大き目です。

そして、
ウィズ(本当はガース)が 【 D 】と
なっていますので、甲の部分が特に高かったり
普通の人よりも足幅があって普通の靴だと
痛いと感じる人にもおすすめです。

軽くて革質が柔らかいので、お仕事で
朝から晩まで履くような時でも
楽に一日を過ごせます。

一度履いたら、病みつきになってしまう
ヴィンテージです。

来年のお仕事用に是非、どうぞ!


1972年1月製【FLORSHEIM】7eyelet  Punched Cap Toe  Balmoral
サイズ 10 1/2 ウィズD (目安 27.5cm~28.5cmくらい)
¥17900- (+tax ¥1432-)

さて、

残すランキングはあと
第1位になりました!

今年を象徴する最後の靴はどのような
靴で終るのでしょうか?

楽しみにしていてください。

それではまた!