STUART McGUIRE
【STUART McGUIRE】RUBBER SOLE
PLAINTOE MADE IN USA 90s

店長青山です、

今回は同じブランドの同サイズで
色違いのシューズをご紹介します。

【STUART McGUIRE】
スチュアート マグワイア

のプレーントゥです。

今回はビジネスマンにとって
強い味方となります。

雨の日でもグリップ力が高く
アウトソール面からの水の浸み込みが
心配ないラバーソールです。

STUART McGUIRE-1

STUART McGUIRE-2

スチュアートマグワイアは
ワークブーツなどを作っている
アメリカのシューメーカー
【MASAON】の一ブランドとして
存在していました。

stuart-mcguire

上の商標は
【Mason Shoe Manufacturing Co.】
としてメイソンが取得しているものです。

【MASON】についてはこちらの
記事を参考にしてみて下さい。

【MASON SHOE】の歴史

 

STUART McGUIRE-3

中に印字されたユニオンスタンプの
印字と、ブランドの歴史から今回のお品は
90年代ぐらいのものと推測しています。

STUART McGUIRE-4

そして今回の特徴である
ラバーソールです。

ビジネスマンの方であれば
革靴を最低3足以上保持して一週間の
ローテーションを組むと一足だけで
履くのとは比べ物にならない位
革靴の寿命が伸びる事になります。

さらに言えば、その3足以上の
革靴の中にラバーソールの物が
1足あると好ましいです。

日本という国の気候で
暮らしている以上、革靴を
履いている時に雨に降られて
しまう事はどうしても避ける事が
できません。

で、

あるならば最初から雨対策用に
革靴も用意しておく事が大切と
なります。

ゴム底の革靴であればアウトソールが
水を吸って重くなる事もありませんし、
底面から水が浸みて来て、靴下を
濡らすこともありません。

もちろん、

ステッチや靴の脇からでも水は
入り込んできますので、
レインシューズでもない限り
完全に水を防ぐ事は難しいです。

ただ、

それでもレザーソールの靴とは
比べ物にならない位、ラバーソールは
雨に対しての強みを発揮します。

「今日は雨が振られるかもしれないな。。」

と、感じる日には朝からラバーソールの
靴は履いていけば安心です。

出張に出かけるときなど
一定期間、同じ靴を履く必要が
ある時にはラバーソールが
必需品と言えます。

出張先の地域の路面は必ずしも
舗装されているとは限りませんし、
砂利道など小石の多い場所を
歩く時にはレザーソールより
ラバーソールの方が強さを発揮します。

STUART McGUIRE-5

カカトのトップリフトには
BILTRITE(ビルトライト)を
使用しています。

ご覧のように減りもほとんどなく
良好な状態です。

まだまだこれから十二分に
履きこんで頂けます。

こちらのブラックだけでなく
バーガンディの一足も
かなり良好なコンディションです。

STUART McGUIRE-6

STUART McGUIRE-7

今回はアメリカ製の
スチュアート・マグワイアで
プレーントゥのラバーソールと、
実用的に考えて非常に使い勝手の
良い一足となります。

ただ、

もちろんプライベートでデニムや
チノパンツに合わせて頂くのも
全く問題ありません。

これから来る秋を見越して
ジャケットなどに合わせるために
選んでおくのも賢い選択だと
思います。

シンプルなプレーントゥを
お探しだったあなたは是非一度
実物を試着してみて下さい。

それではまた!

STUART McGUIRE
【STUART McGUIRE】RUBBER SOLE
PLAINTOE MADE IN USA 90s
左 バーガンディ 右 ブラック ともに

サイズ 9 ウィズD (目安26.5 cm~27.5cmくらい)
¥12900-(+tax ¥1032-)

※ お勧め参考記事

●80sメイソンポストマンシューズ

●メイソンブランドの【Executive Imperials】

合わせてお読み頂くと
今回のアイテムに対する理解が
より一層深まります。

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回
【WRIGHT Arch Preserver Shoes】の
革靴お手入れに使用したクリームは
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
【M.モゥブレイ】
クリームエッセンシャル

(無色)です。

今回のスチュアートマグワイアは
ガラスレザー、グレインレザーの
両方を含めていました。

ガラスレザーの革靴に関しては
乳化性クリームを使用しても
表面のコーティングで成分が
革の内部に浸透していきません。

そのため、

革の表面にクリームの成分を
伸ばして保護するように
お手入れをしていきます。

クリームエッセンシャルの
少量を布に取り、ホースブラシで
円を描くようにブラッシングすると
美しいツヤが出てきます。

無色のクリームですので
どんな色の皮革製品にも
使用できます。

革靴のお手入れの初心者の方でも
簡単に使用できる優れた逸品です。

また、

ガラスレザーのみならず、
スムースレザーやコードバンの
革にも使用できます。

スムースレザーの靴に使用すると
天然成分が革の内部に浸透して
栄養を与えコンディションを
整えてくれます。

現在のクリームエッセンシャルは
以前の物からモデルチェンジを果たし
生産国はフランスとなっています。

【M.モゥブレィ】の中でも
天然素材にこだわった
プレステージラインにラインナップされる
高級シリーズです。

クリームには動物性のラノリンや
蜜蝋などの天然成分が含まれており
革を表面で保護して美しいツヤを
与えてくれます。

更には、

靴だけに限らず、お財布や
カバン、ベルトやジャケットなどの
皮革製品に使用できる優れものです。

お財布を定期的にクリームで
お手入れしている人は
意外に少ないようです。

しかし、

こちらのクリームを使用すると
見違えるように美しい光沢感を
取り戻し、蘇ります。

少しくたびれてしまった
あなたのお財布に
是非、一度試してみて下さい。