heywoodwakefield-stependtable
1954-1955【HEYWOOD WAKEFIELD】
STEP END TABLES 『M908G』

heywoodwakefield-endtable
1954-1955【HEYWOOD WAKEFIELD】
STEP END TABLES 『M974G』

 

店長青山です、

現店舗での商品の紹介はこれが最後になります。

 

古着屋ガレージセールのフィナーレを飾るにふさわしいお品をご紹介しなければなりません。

 

今回はミッドセンチュリーモダンの名品!ヘイウッド-ウェイクフィールドのステップエンドテーブルです。

 

1954年~1955年に製作され、世界中のファンを魅了する貴重な逸品です。

 

【ヘイウッド-ウェイクフィールド】社の歴史

 

【Heywood-Wakefield】はかつて存在した2つの会社が合併してできた会社です。

 

1826年に創業した【Heywood Brothers】社と1855年に創業した【Wakefield Company】がその2社です。

 

1900年頃のアメリカでは、ウィッカーやラタン、どちらも籐(とう)でできた製品ですが、これらが非常に流行していて二社ではそれらを主に生産していました。

 

いずれも成功していた人気の会社であったらしいのですが、当時、互いの競争が非常に激しかったという背景があり合併に至ったようですね。

 

この二社が一緒になって【Heywood Brothers & Wakefield Company】を設立したのが1897年です。

 

1916年には【Washburn-Heywood Chair Company 】社、1920年には【Oregon Chair Company】社、1921年に【Lloyd Manufacturing Company】社を買収し、その後のミッドセンチュリーをけん引する礎を築きます。

 

1921年には社名を【HEYWOOD-WAKEFIELD】に変更し、現在まで至っています。

 

【HEYWOOD WAKEFIELD】STEP END TABLES M 908 G

 

heywoodwakefield-stependtable

1954-1955【HEYWOOD WAKEFIELD】STEP END TABLES 『908』

 

1930年代に入るとヘイウッド-ウェイクフィールド社のデザイナーはアール・デコのムーブメントから流れを受けつぎ、製品をデザインし始めます。

 

ミッドセンチュリーモダンの家具メーカーとして歴史に名を残すメーカーとなっていくのです。

 

 

heywoodwakefield-stependtable-2

 

 

今回のステップエンドテーブル『908』は足のカーブが緩やかにデザインされています。

 

そして、二段目のテーブルの中間仕切りのカーブは足のカーブと同じ放物線を描いています。

 

heywood-wakefield-stependtable

 

とてもエレガントで美しいデザインです。

 

heywoodwakefield-stependtable-1

 

そして、ステップエンドテーブルの背面にはヘイウッド-ウェイクフィールド社の製品を判別する情報がいろいろと詰まっています。

 

heywoodwakefield-stependtable-3

 

Phillips Head Screw

 

Phillips-head-screws
Phillips Head Screw

 

まずはこちら。十字の穴が付いたネジが使われていますね。

 

こちらは【Phillips Head Screws】で1940年代あたりからヘイウッド-ウェイクフィールド社がほぼ独占的に使用していました。

 

実はこの十字の穴の付いたネジ、1954年までフィリップス社が特許を持っていまして、当時のアメリカ家具ではたいていマイナスのすり割りネジが使われているのです。

 

ですので、この年代の家具でフィリップスの十字穴つきヘッドスクリューを使用していれば基本的にヘイウッド-ウェイクフィールドの可能性が高いです。

 

逆に言えば、1940年代辺りでマイナスのフラッドヘッドスクリューネジを使用している家具はヘイウッド-ウェイクフィールドではないかもしれません。

 

THE EAGLE LOGO & DATE STAMPS

 

ヘイウッド-ウェイクフィールドの家具は1949年からイーグルのロゴが刻印されています。

 

heywoodwakefield-endtable-2

 

それ以前の製品には紙のタグがつけられていたので、このようなロゴは見られません。1949年以降の製品はこのイーグルの刻印により会社の識別が簡単になりますね。

 

heywoodwakefield-stependtable-4

 

裏面にはモデルの品番が印字されています。

 

heywoodwakefield-stependtable-6

 

この場合は【908】ですね。おそらく【M 908 G】がカタログの品番になると思います。

 

そして【Heywood-Wakefield】の製品には出荷、もしくは検査をした日の日付がスタンプされています。

 

heywoodwakefield-stependtable-5

 

AUG 2 XXXX 

 

年代の部分がつぶれてしまって識別できませんが、この【908】が製造されていたのは1954-1955年という事が分っています。

 

ですので、おそらくそのどちらかの年代が印字されていたと推測されます。

 

1954年か1955年の8月2日に検査、もしくは出荷したという事になります。

 

 

【HEYWOOD WAKEFIELD】STEP END TABLES M 974 G

 

heywoodwakefield-endtable
1954-1955【HEYWOOD WAKEFIELD】
STEP END TABLES 『M974G』

 

そしてこちらはモデル違いの『M974G』です。

 

heywoodwakefield-endtable-1

heywoodwakefield-endtable-4

heywoodwakefield-endtable-2

heywoodwakefield-endtable-3

 

こちらに出荷、もしくは検査日のスタンプがあります。

 

JUL 18 XXXX

 

こちらも年代がにじんでしまって見えませんが、1954年もしくは1955年の7月18日となりますね。

 

画像の下にさかさまになっていますが、『INSP』 という文字が見えると思います。これは「INSPECTION」(検査)の略です。

 

要するに検品済み、製品検査に通ったお品ですよ、という事ですね。

 

ただ一つ。

 

heywoodwakefield-endtable

 

惜しむらくはこちらの『M974G』前方の足のねもとにヒビが入ってしまっています。

 

エンドテーブルとして使用する分には問題がないかと思いますが、気になる場合は家具屋さんに出してリペアするのもいいかと思います。

 

その分お値段はお安くご提供させていただきます。

 

MIDCENTURY-MODERN 家具の特別価格

 

ここ数日のガレージセールの什器販売を見ていたただければご理解頂けると思うのですが、通常であればとても考えられないような価格設定となっています。

 

アメリカが最高に輝いていた時代の50年代の家具がこの価格で入手できる事は二度とありません。

 

古い家具はプロにリペアやメンテナンスをしてもらうと、驚くほど見違えてきれいになります。

 

長く一生使っていくものですので、一度修理に出すのもありですね。

 

大事に愛用して下さる方がいたら嬉しいです。

それではまた!
heywoodwakefield-stependtable
1954-1955【HEYWOOD WAKEFIELD】
STEP END TABLES 『M908G』

¥13000-(+tax)

heywoodwakefield-endtable
1954-1955【HEYWOOD WAKEFIELD】
STEP END TABLES 『M974G』

¥8500-(+tax)※足にヒビあり