50~60s ヘラクレス製 ビンテージ デニムカバーオール


60s【HERCULES】VINTAGE DENIM COVERALL

 

店長青山です、

本日はビンテージのデニムカバーオールをご紹介します。

 

アメリカの3大ストアブランド、シアーズローバック社のワークブランド【HERCULES】ヘラクレスのお品です。

 

1950~1960年代のお品になります。

 

 

ビンテージカバーオールはオヤジファッションの味方

 

古いヴィンテージのカバーオールは年季が入っていて、特にデニムに関しては縦落ちと呼ばれる独特の色落ちがあり本当に雰囲気があります。

 

店長青山も大好きなアイテムで今までデニムやその他のカバーオールを10着近く着てきたと思います。

 

トップスが大きめのシルエットも風格があって、たたずまいがいいんですね。

 

なにより、がばっと一枚羽織ってそれだけでスタイルとしてサマになってしまうので、ずぼらな店長青山にはもってこいのぴったりのジャケットなのです。

 

これさえ着ていれば「オレ、カッコいい?」みたいな感じで。(笑)

 

若い頃着ていた時もお気に入りでしたが最近、40歳以上の年配の男性が普段使いで、こなれた感じに着ているのを見ると

 

「あぁ、いいなー。

ヴィンテージは雰囲気が渋くて新品じゃあ、とても真似できないよなー。

またカバーオールを集めようかな・・・」

 

と、思います。

 

 

 

ビンテージワークウェアにあるもう一つのボタンホールの意味

 

ちなみにですが、古いカバーオールの特徴の一つとして第二ボタンの下にもう一つ、通常以外のボタンホールがあるんですね。

 

このボタンホール何のためにあるかお分かりになりますか?

 

 

実はですね、この下についているボタンホールは

【 懐中時計の鎖 】

を通すための物なんです。

 

下の写真のような感じです。

 

 

昔は腕時計などがなかったいうのもあって、肉体労働者は懐中時計を胸のポケットに入れていたんですね。

 

その際、時計を落とさないようついている鎖をこのボタンホールに通した後、留めていました。

 

実はこのボタンホール、古いオーバーオールにもついているんですよ。

 

懐中時計の鎖を通すためのホール

 

 

上の写真は現在も当店にある60年代のパワーハウス社の

ヴィンテージオーバーオール

の写真です。

 

黄色の円で囲ってある部分が懐中時計の鎖用になります。何かのボタンを通すための穴ではないんですね。

 

下の写真は古いヘッドライト社の広告ですがオーバーオールの胸の部分に鎖を通しているのが確認できます。

 

 

ビンテージカバーオールに存在するディテール

 

その他のディテールも見てみましょう。

 

胸ポケットにあるペン差し

 

左胸のポケットにはヘラクレスのタグとペン差しが付いたポケットがあります。

 

このペン差しがあるためか左胸だけはポケットにフラップが付いていないというのも、Gジャンとは違ってカバーオールの特徴の一つです。

 

 

ウール素材のボーダーライニング

 

そして、今回の品で特筆すべきは内側のライニングです。

 

 

通常このぐらい古いビンテージのカバーオールだとライニングが切れてしまっているのですが、全く破れなどがありません。

 

このライニングも70年代以降のものになるとUSA製のブランドの物でも、ポリエステルの混紡になったり、縦じまのストライプになったりします。

 

しかし今回の品は古い時代のディテールを受け継いでいて、ウールの横縞ボーダーのライニングです。

 

 

今回は背中にもダメージがなく、状態はすごくいいと思います。

 

40代以上の男性がヴィンテージを着るとやれた感じのおもむきが、本当にカッコいいです。

 

が、服の生地にダメージがあり過ぎてボロボロだと人間にも年季が入っている分、一緒になってみずぼらしく見えてしまう可能性があります。

 

なので、ヴィンテージは本当にカッコイイのですが40代以上の方はダメージの具合をほどほどの物にした方が良いかもしれません。

 

選ぶ時の参考にしてみて下さい。

 

ビンテージカバーオールのサイズ感について

 

そして最後に、今回お品はサイズがMサイズぐらいです。

 

表記がないのですが、恐らくは38~40位で日本人の方にちょうど良いサイズ感になると思います。

 

ビンテージのカバーオールを探す時に苦労する点というのはダメージ具合ともう一つ、このサイズ感なのです。

 

カバーオール(全てを覆う)という位でこれは本来、中に来ている洋服を汚さないためにすべての服の上から一番最後に着るジャケットになります。

 

なので、どうあっても普通はサイズが大きいのです。

 

日本人サイズでコンディションの良いヴィンテージなど中々ないんですね。

 

今回のカバーオールはサイズもちょうど良くてダメージも少なく、そして60年代には消滅してしまった絶滅ブランド【HERCULES】のヴィンテージ。

 

手に入れておいて絶対に損はありません。

 

店長青山絶賛のヴィンテージ、是非一度、袖を通してみて下さいね。

それではまた!

 

動画


50~60s【HERCULES】VINTAGE DENIM COVERALL
サイズ Mぐらい ¥19000-(+tax ¥1520-)

 

※ お勧め参考記事

DSCF1363_400
パワーハウスと3大ストアブラントについて

 

合わせてお読み頂くと今回のアイテムに対する理解がより一層深まります。