1960年代パワーハウス デニムオーバーオール

 

DSCF1363_400

DSCF1373_400
VINTAGE 1960~70年代 【Montgomery Ward】
『POWR HOUSE』オーバーオール

店長青山です、

今回のお品はアメリカ古着好きの
方にはおなじみのブランド。

【Montgomery Ward】から
『POWR HOUSE』の
オーバーオールです。

1970年代には絶滅してしまったパワーハウス。
今では存在していません。

今回のお品は
1960~70年代のビンテージです。

DSCF1366_400

パワーハウスはアメリカ3大ストアブランドの一つ
【Montgomery Ward】のブランドです。

1970年代には消滅してしまった【POWR HOUSE】は
古着の世界ではビンテージとして
貴重なブランドになります。

DSCF1367_400

アメリカ3大ストアブランドとは?

ちなみに古着の世界ではこの【3大ストアブランド】
というのが良く出てきます。

でも何の事だか、正直よくわからないですよね?
今日はこれについてもお伝えしておきますね。

これは何かというと

【Montgomery Ward】(モンゴメリーワード)
【Sears Roebuck 】(シアーズローバック)
【J.C.penny】(ジェイシーペニー)

の3社のことです。

ストアブランドと呼ばれるだけあって
どの会社も小売りのお店を
持っている(いた)会社です。

その中でも特徴的な事があって、それは
モンゴメリーワードとシアーズが
19世紀後半からのカタログ販売を
していた事なのです。

1872年にモンゴメリーワード社が
1896年にはシアーズローバック社が
メールオーダーによるカタログ販売を始めます。

モンゴメリーワードは1872年世界で初めて
メールオーダーを始めたブランドです。
世界で最初の通販会社ともいえるでしょうか。

JCペニーはだいぶ遅くて1962年に
カタログ販売に参入しています。

DSCF1369_400

で、昔のことです。

アメリカという国はなにしろ広いので
田舎町に行くと一般の方が何か物が欲しくても
なかなか手に入らなかったんですね。

今みたいにインターネットのない時代
ですからカタログを見てメールで注文する
ビジネスが急成長しました。

今でいうアマゾンさんみたいなものですかね。

とにかく、日用品から何から何までカタログで
販売していまして中には【馬車】!!とかも
あったんですよ!?

carriages_400

通販で馬車を注文するとか、さすがアメリカ!
ダイナミック過ぎます。(笑)
ちなみにこれは1900年の秋のカタログです。

その、3大ストブランドの中でも
【SEARS】は今でもアメリカ中に百貨店として
残っていまして、1980年代の初頭までは
全米第一の小売業者でもありました。

今回の【POWR HOUSE】はその
【Montgomery Ward】の中でも
1970年代には消滅してしまった
ブランドになります。

DSCF1372_400

今回のオーバーオールも
ビンテージとしてかなりキレイなお品です。
デニムの青さもいいですし、
なによりもダメージがありません。

こんなきれいなビンテージオーバーオールは
なかなか無いですよ?

サイズはウエスト36インチです。

こうやって聞くと大きいと
感じるかもしれませんが、
オーバーオールというのは自分が履いている
パンツのウエストより

【3~4インチ大き目】

を選んで履くものなのです。

実際にいつも履いているジーンズの
ウエストを選んではくとかなりタイトな
印象になってしまいます。

田舎の本物の農夫のように
見えてしまうんですね。(笑)

オーバーオールは少し大き目くらいで
ないとファッションとして
リラックス感がありません。

後は実際に着用してみて
雰囲気を確かめてみて下さいね。

それではまた!

※今回もメルマガ読者様限定で
特別割引をお付けします。
現金でお支払いの場合のみになりますが
サイズが合う場合はご利用下さい!

DSCF1363_400

DSCF1373_400
VINTAGE 1960~70年代
【Montgomery Ward】
《POWR HOUSE》オーバーオール
通常価格
¥28000-(税込¥30240-)

→ 無料メルマガ読者様限定割引
50%OFF!!

¥14000- (+tax )
※現金でお支払いの場合のみの特典となります。

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============