hanover-longwing-80s
80年代【HANOVER】LONGWINGTIP
RUBBER SOLE

店長青山です、

特徴的なディテールを持った
ロングウイングチップが入荷しました。

80年代【HANOVER】のお品です。

hanover-longwing-80s.-1

hanover-longwing-80s.-2

今回、入荷した革靴のどこが
特徴的なのかというと、カカトまで
爪先から伸びてきたロングウイングチップの
羽根のおさまりがクルンと上方に向かって
巻き上がっている点です。

hanover-longwing-80s.-2-1

このディテールはアメリカ革靴で言うと
大体1960年代のロングウイングチップに
多く見られる意匠です。

ただ、

ハノーバーはこの細部の仕上げを
1980年代でも生産していたので
他のブランドと比べると球数も多めですし
それなりに見つける事ができます。

このディテールのLONG WINGTIPを
探している時にはかなり
ねらい目のモデルといえるでしょう。

hanover-longwing-80s.-3

hanover-longwing-80s.-4

そして今回の革靴で
もう一つ特徴的なのは
アウトソールがラバーソールと
なっている事です。

通常、カカトの部分で
巻き上がっている細部を持った
ロングウイングチップに関しては
革のアウトソールになっています。

もしかしたらハノーバーが当時
ラバーソールのモデルも
発売していたのかもしれませんが
これまでに見た事がありません。

なので

今回の個体は前の持ち主の人が
革底だったものをゴム底へと
オールソール交換したものと
推測しています。

アッパーの使用感も少ないですし、
かなりきれいな状態で残っていますので
張り替えたのであれば購入してすぐに
交換をしたものと思われます。

ハーフラバーを貼るのではなく
オールソール交換というのが
逆にかなり珍しいですね。

hanover-longwing-80s.-5

アッパーのディテールは
クラシックな古いアメリカ革靴の
デザインながら、滑りにくく耐久性の
高いラバーソールを搭載した
実用的な一足です。

雨に降られそうな日だったりとか
たくさん歩く事がわかっている日など用に
一足、ラバーソールの革靴があると
お仕事でも重宝します。

レザーソールの革靴だけでなく
雨の日のお仕事と考えてラバーソールも
是非、揃えておいてみて下さいね。

それではまた!

hanover-longwing-80s
80年代【HANOVER】LONGWINGTIP
RUBBER SOLE
サイズ 9ウィズ D(目安26.5 cm~27.5cmくらい)
¥15900-(+tax ¥1272-)

※ お勧め参考記事

●革底にゴムを貼るメリットとデメリット

●60年代【HANOVER】Imperial

合わせてお読み頂くと
今回のアイテムに対する理解が
より一層深まります。

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回、ハノーバーの
ロングウイングチップのお手入れに
使用したクリームは
cordovan-cream-renovator-black
【M.モゥブレィ】
コードバンクリームレノベーター
(ブラック)

です。

こちらは本来コードバン革靴用の
クリームなのですが着色力が強く
ツヤ感がありますので、黒さを強調したい
革靴などに使用するときれいに仕上がります。

こちらのクリームの少量を


ポリッシングコットン

という磨き専用の布に取り
うすく革靴の全体に塗り広げて
いきます。

その後、

ホースブラシで円を描くように
ブラッシングして馴染ませてから
更に乾拭きをすると美しいツヤが
出てくるのです。

普段使いのクリームとしては

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
【M.モゥブレイ】
クリームエッセンシャル

(無色)

を使用して頂くと美しく綺麗な
ツヤが出せます。

使い方、磨き方は先にご紹介した
コードバンクリームレノベーターと
全く一緒です。

参考にしてみて下さい。