店長青山です、

ここまでお伝えしてきました
革靴ランキング

店長青山【超!厳選】売れ切れ必至の狙い目
革靴・ブーツベスト10

ですが、今回がいよいよ第一位の発表です。

【 第1位 】
florsheim-uwingtip
1959年【FLORSHEIM】The KENMOOR
U-WINGTIP 30318

第1位には1959年の【FLORSHEIM】
U-wingtipになります。

このスタイルの革靴はデザインが
かなり独特です。

【U-wing tip】

と呼ばれていたのは過去の広告
からも確認ができます。

1956年【FLORSHEIM】広告

1951年 The KENMOOR U-wing tip style 

今回の革靴はこれらの広告の品と
同じスタイルで継続モデルかと思われます。

ですので、

このU-WINGTIPも
【The KENMOOR】シリーズ
と考えて良さそうです。

この1956年の広告は【FLORSHEIM】の
時代考察にとても貴重な物と
考えています。

この広告の年代までは
【FLORSHEIM】が『S品番』を
使用しているのです。

そして1957年と思われるモデルからは
5ケタの品番になっていると
思われます。

これらのことから、

1957年に【FLORSHEIM】は
S品番から5ケタの数字品番に
移行したと店長青山は推測しています。

このようなことがわかるので
雑誌の広告というのはとても貴重で
面白い資料ですよね。

古い靴の広告があったら
店長青山は出来る限り入手するのは
見た目の楽しさ美しさもさることながら
歴史的資料という理由もあるのです。

florsheim-50s-4

カカトのトップリフトも
オリジナルで残っています。

これまた特徴的な網目模様の
パターンです。

florsheim-50s-5

【FLORSHEIM】では
この網目模様のトップリフトを
1950年代後半~1960年代に
使用しています。

florsheim-50s-3

そして今回の品番はこちら。

florsheim-50s-7

5桁の数字で
『 30318』
となっています。

以前ご紹介した記事の中で
この5桁品番の意味を詳しく
ご紹介したものがあります。

より深くフローシャイムを理解したい
場合は参考にしてみて下さい。

【FLORSHEIM】5ケタ数字の意味

この法則でいくと
品番の先頭の数字が

2、3、5、8

の場合は靴の色を表しています。

3の場合は

ブラウン、タン、ゴールド、ワイン、
バーガンディ

などです。

今回はブラウンですのでこのルールに
適応していると思います。

ちなみに、

『 20318』

という品番のモデルも実在します。

この場合の数字『2』は
ブラック、グレイを示しています。

実際の品番『 20318』は
ブラックのモデルです。

そして、

5桁品番の3ケタ目の数字は
モデルのスタイルを表します。

数字の『3』は内羽根式を
示しています。

今回のモデルも内羽根式ですので
この法則にのっとって付けられている
品番だという事が解りますね。

そして、

今回の革靴は1959年製と
推測しているのですがその理由は
黄色のアンダーラインの部分です。

florsheim-50s-7-1

ここには

『  B 9 』 

とあります。

これは、
ちょっとフローシャイムの
古靴に詳しい方でしたら

「あれっ?」

っと感じられるかもしれません。

通常この部分に来るのは
2つ並んだアルファベット文字です。

この2つのアルファベットで
フローシャイムの年代判別を
する訳ですね。

※参考記事
フローシャイム年代判別方法

しかし

今回のモデルは
アルファベットと数字です。

実はこれ、古いフローシャイムの中でも
1950年代の後半ぐらいに用いられた
印字なのです。

左側のアルファベットが製造月
右側の数字が製造年

を表しているようです。

ですので、

ここまでご紹介してきたディテールを
踏まえて考えると今回のお品は

1959年2月製造のケンムール

と推測できますね。

florsheim-50s-6

florsheim-50s-1

コバのホワイトステッチも
50年代のビンテージ革靴らしい
意匠です。

2本針のステッチを少し離して
甲の部分に2つ入れているのも
凝ったデザインだと思います

florsheim-50s-2

florsheim-50s-8

florsheim-50s-9

靴の内部のライニングは布で
タン裏はフェルト仕様です。

消えかかってしまっているので
写真では分からないかと思いますが
インソックの中には

UNION MADE
PED-FLEX PROCESS

と刻印があるように見受けられます。

※参考記事
激レアビンテージフローシャイム

この辺りも古靴マニアの方でしたら
くすぐられるディテールではないで
しょうか?

ビンテージのフローシャイムの魅力が
たっぷりと詰まった一足です。

ちなみに、

U-WINGTIPのフローシャイムは
ステッチ部分で切り返して
コンビネーションシューズと
なっているモデルが幾つも
存在しています。

甲の部分がメッシュになっていたり
スエード生地になっていたりします。

これら2トーンの
コンビネーションシューズは
見た目もかなり印象的で
マニアには人気のモデルです。

ですが、

逆にコンビネーションモデルよりも
オールレザーのビンテージ
Uウイングチップが本当に少ない!!

コンビよりオールレザーの方が
球数が無いように思います。

なので、

特徴的なビンテージ革靴が欲しい!
と、いうあなたは是非実物を
見に来てください。

そして、

今年最後のランキング
【 第1位 】となるモデルですので
今回も当店の無料メルマガ読者様には
特別割引にいたします。

現金でお支払いの場合にのみ
お付けできる特典とさせて頂きます。

florsheim-uwingtip
1959年【FLORSHEIM】The KENMOOR
U-WINGTIP 30318

サイズ 8 1/2 ウィズC
(目安 25.5cm~26.5cmくらい)
¥27000-
(税込¥29160-)
の所

現金でお支払のメルマガ読者様に限り

無料メルマガ読者様価格
¥22000-(+tax )
と、

いう事でお送りしてきました、

店長青山【超!厳選】売れ切れ必至の狙い目
革靴・ブーツベスト10

【 第1位 】はビンテージ古靴マニア垂涎の
【FLORSHEIM】U-WINGTIPでした!

それではまた!

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回の【FLORSHEIM】
U-WINGTIPのお手入れに
使用したクリームは

mowbray-browncream
【M.モゥブレイ】
シュークリームジャー
【ミディアムブラウン】

です。

こちらのクリームを

ペネトレイトブラシ
で、塗り込んだ後に

pro-whitebrash
プロホワイトブラシ

で、ブラッシングして磨きをかけ、
布で拭き上げれば完成です。

そして今回はつま先中心に
ワックスを薄くかけてみました。

KIWI-PARADE-GLOSS-PRESTIGE

【KIWI】パレードグロスプレステージ

固形ワックスの【KIWI】
パレードグロスプレステージを
使用します。

今回使用した色はブラウンです。

やり方は超簡単です。

ステップ1

固形ワックスを指で取り、
靴のつま先に薄く塗り込む

ステップ2

プロホースブラシで円を描くように
ブラッシングする

以上になります。

布ではなく指でワックスを塗る理由は
体温によってワックスが溶けて
塗りやすくなるからです。

その後、毛の柔らかいホースブラシで
円を描くようにブラッシングをかけて
終了します。

とても簡単にツヤを出すことが
出来ますので興味のある人は
試してみて下さい。