店長青山です、

いよいよ第1位の発表となりました!

店長青山【超!厳選】売れ切れ必至の
狙い目 革靴・ブーツベスト10

今回のランキング第一位は
こちらの革靴です。

【 第1位 】


1978年4月製【FLORSHEIM 305】編み上げブーツ

アメリカ革靴がお好きな方でしたら
こちらのブーツの写真を見て

「あぁ、ステイシーアダムスの
【MADISON】か。
中々かっこいいよね。」

と、思われたかもしれませんね。


【STACY ADAMS】MADISON

だけど、
違うんです!!

今回はフローシャイムなんです!!!

【STACY ADAMS】のマディソンが
とても有名で見慣れているので
あんまり「ピン!」と来ないかも
しれせんね。

でも、よーく考えてみて下さい。

普通、フローシャイムの昔のブーツと
言えばこういった形だと思いませんか?


1977年【Florsheim】広告

ですよね?

よくよく考えてみたら編み上げブーツの
フローシャイムは見た事ないんじゃ
ないですか?
少なくとも店長青山にはありません。

で、

フローシャイムの編み上げブーツと言うと
本当に古い1920年とか30年代の広告で
見かけたりするのです。


1924年【FLORSHEIM】広告

ちなみに、

あなたは

【Classic Shoes For Men】

というサイト様を知っていますか?

全世界的にも有名な海外のサイト様で
そこにはもう、
うなるほどの超絶ビンテージ革靴
が、めちゃくちゃたくさん紹介されて
いるのです。

何がスゴいって、これらの革靴が全て
販売されている事ですね。

あまりにも素晴らし過ぎるサイト様なので
本当は人に教えたくないのですが。

で、

そのクラシック・シューズ・フォー・メン様で
ご紹介されているシューズがこちらです。

1920年代のフローシャイムで
カンガルー革とご紹介されています。

今回の一足と全く同じ形ですね。

本当に全く同じです。

価格を見ると

750ユーロ
日本円に換算すると
9万9053円
(2017.11.24日現在)

です。

ふー …

高いですね。。。
1920年代のカンガルー革の
ビンテージであれば当然かもしれません。

でも、

本当に今回の一足と似てるなー・・・

って、
んんん??

あれ?

FLEXIBLE??

今回の一足で
店長青山が1978年と判断した理由の一つは

【FLEXIBLE
FIBER
INSOLE】

の記載の文字です。

これはフローシャイムの革靴には
1970年代後半ぐらいから入る
記載の文字です。

それ以前はレザーのインソールを
使用していたりしますので
この記載はありません。

で、

今回入荷のブーツは中に印字されている
アルファベットの文字が
【 D I 】
ですので、
【 4月 / 8年 】
です。

フローシャイムの年代判別方法に
関しては過去のブログで
ご紹介していますのでそちらを
参考にしてください。

【フローシャイムの年代判別方法】

で、

先ほどのサイト様をもう一度見ると

黄色い円の中の下の文字が
「FLEXIBLE」と読めます。

そして、
その右にあるアルファベットの記載は
【 L C 】
とあるように見受けられます。

と、いう事は・・・

「あれ? このブーツ??
もしかして、もしかすると
1920年代のカンガルーじゃなくて
1982年4月製のキッドスキン???」

 

・・・ いや、イヤ、いや、そんな!!

 

津田沼の古着屋ごときが
世界的に有名なサイト様に
いちゃもんをつけるなんて
おこがましい!

クラシック・シューズ・フォー・メン様の
情報の方が遥かに信頼と権威性があります。

なので、あなたは
クラシック・シューズ・フォー・メン様を
信用してください!

いかさま店長青山のブログには
騙されないでください。

750ユーロ!
日本円で9万9053円!!
まさにお買い得です!!!

それぐらいの価値があるほど
超絶レアな二度と出ないお品である事は
疑いようもありません!!

で、

今回の入荷のブーツには前のオーナーの方が
自身で減り止めを取り付けたようで
カカトもつま先もオリジナルのまま
かなりキレイに残っています。

こちらに搭載のトップリフトも
今回のブーツを70年代と判断した、
もう一つの決め手となった要因です。

このトップリフト、1970年代位の
【FLORSHEIM】でアッパーが
薄い色の革靴には付けられていました。

下は1977年8月製のホワイトレザーの
一足です。


1977年8月製【FLORSHEIM】U-tip 42071-1

今回のブーツと同じトップリフトが
付けられていますね。

そして、

こちらのブーツはアッパーの革が
キッドスキン(子ヤギの革)です。

やぎの革は薄くて丈夫です。

そして毛穴が粗いため通気性に
優れている所が特徴と言えます。

今回のお品はキッド(子ヤギ)なので
一般的なゴートスキン(ヤギ革)より
さらに柔らかく、履いていく上で
足なじみがとても良いです。

軽くてしなやかなので靴自体も
実際に履いてみると驚くほど
重さを感じずに快適ですよ。

上品な色合いですので
黒やネイビーのジャケットに
合わせたりすると落ち着いた
優しい雰囲気になります。

短めのスラックスで
ブーツを目立たせるように
アクセントとして履くのも
おしゃれですね。

兎にも角にもかなり珍しい
【FLORSHEIM】です。

あなたの知り合いがどんなに古靴マニアで
ありとあらゆるたくさんの高額ビンテージを
所有していたとしても、このブーツだけは
絶対に持っていない事でしょう。

さりげなく彼の前に履いていって、
ヨダレを垂らして羨ましがらせ
歯ぎしりして悔しがらせて下さい。

と、いう事でここまで
お伝えしてきました

店長青山【超!厳選】売れ切れ必至の
狙い目 革靴・ブーツベスト10

今回の第一位は珍しいフローシャイムの
編み上げブーツでした!
それではまた!

動画

【 第1位 】


1978年4月製【FLORSHEIM 305】編み上げブーツ
サイズ 9 1/2 ウィズD(目安27cm~28cmくらい)
¥27000-(+tax ¥2160-)

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============