目に涙がなければ
魂に虹がかかるはずがない

 

人は、握ったその手のひら中に
人生をつかんで産まれてくるという

 

赤ちゃんの時は
まだ一生懸命それを
握りしめているのだけれど

 

その手のひらが開いた瞬間に
人生はその手のひらから
逃げて行ってしまう

 

人は

確かに握りしめていた
手のひらの中のものを
探し求めて

 

人生を歩き出すのだという

 

僕たちは赤ちゃんとして
生まれた時、自分一人では
できることが何もない

なので

生きたいという想いだけで
一生懸命泣き続ける

 

赤ちゃんは決して一人では
生きていけないのに

 

人はみな、生きると信じ
この世の中に生まれてくる

 

誰かを信じて生まれてくる

 

あなたが今、生きているのは

自分を受け止めてくれる誰かを
信じて生きてきたからなのある

 

何一つもできないのに

人生を信じて生きてきた事が
あるからなのである

 

暗闇の中でもがき
見えない恐怖に怯え
もうだめだと思う事があったとしても

 

あなたが信じる未来を
あきらめることはない

 

心に虹がかかるのは
涙を目に浮かべた過去が
あったからなんだ

 

自分を受け止めてくれると
信じていた

あの頃があったからなんだ

 

生きていこう

涙を流して生きていこう

 

かつて

生きたいという想いだけで
受け止めてくれた人生を

 

信じながら

 

 

※ この【BonVoyage】を大切な友人である
   Iご夫妻に捧げます

 

 

 

 

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============