店長青山です、

ランキングも残す所、
TOP2のみとなりました。

今回は第2位からのご紹介です。

第2位

DSCF1094_400
1970年2月製【Florsheim】フローシャイム
『Varsity』バーシティ
ビンテージ ロングウィングチップ

第2位は
アメリカ革靴の名門【Florsheim】より
1970年2月製のロングウイングチップ
『Varsity』ヴァーシティです。

アメリカ革靴好きならたまらないお品。
VINTAGEのロングウイングチップですね。

この、ヴァーシティ。
年代が古いだけあって
特徴があります。

まずは外羽根の付け根の部分。

ロングウイングチップのかかとまで伸びる
ウイングのパーフォレーションと
くっついています。

DSCF1096_400

DSCF1096 - コピー_400

赤い丸の部分がそうです。

もし、ロングウイングチップをお持ちでしたら
ご自身の革靴を見てみてくださいね。

大抵の場合下の写真のこのように
離れているはずです。


1970’S 【Florsheim】【Imperial Quality】KENMOOR

そして、なにより特徴的なのは
ヒールカップの部分の革の切替しの仕様です。

DSCF1100_400

DSCF1100 - コピー_400

つま先のほうから伸びてきた羽根のおさまりが
最後の所でくるんと巻き上がっているのが
わかりますでしょうか?

これは60年代のロングウイングチップの
特徴ですね。今回のお品は70年代に入ってから
およそ2か月しかたっていない時のお品なので
このような特徴もまだ継承してます。

アウトソールも先ほど上の写真で出した70年代の
KEMOORなどより薄めです。

DSCF1102_400

こちらの60年代の【Varsity】。

【Florsheim】の70年代のインペリアルなどと
比べても、極端に球数が少なく
大変レアなお品です。

アメリカ革靴マニアの方で
探している方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、自分で履けるサイズで
見つけることはかなり、
困難な一品といえるでしょう。

DSCF1103_400

 

DSCF1107_400

DSCF1109_400

【B A】のアルファベットの文字から
1970年2月に製造されたことがわかります。

是非、気になる方はお店で
実物を確認してみてくださいね。

動画

DSCF1094_400
1970年2月製【Florsheim】フローシャイム
『Varsity』バーシティ
ビンテージ ロングウィングチップ

サイズ 9 ウィズD (目安 26.5cm~27.5cmくらい)
¥22700- (+tax ¥1816-)

さて、残すは第1位の発表になりました。

今回の1位は当店でも過去に一回しかご紹介したことのない
ブランドです。どんな靴になるのでしょうか?

どうぞお楽しみに!

それではまた。