‎stuartmcguire-shell-cordovan‬
【STUART McGUIRE】HANOVER製
SHELL CORDOVAN
LONGWINGTIP 80s

店長青山です、

新入荷の革靴を
ご紹介します。

久しぶりにコードバンを
入手しました。

【STUART McGUIRE】の
ロングウイングチップです。

1980年代ぐらいの
お品かと思います。

状態もかなり良いので
コードバンの革靴を
お探しだった方には
とてもおすすめです。

shell-cordovan-‎stuartmcguire‬-5

shell-cordovan-‎stuartmcguire‬-2

コードバン独特のツヤと
うねりのあるシワ感が
魅力的です。

shell-cordovan-‎stuartmcguire‬-1

そして今回のロングウイングチップで
特徴的なのはトゥの部分から
カカトまで伸びてきた
ブローギング(穴飾り)の
おさまり具合です。

通常のロングウイングチップは
この部分が真っすぐに後ろまで
伸びてきて、カカトで収まるのです。

●普通のロングウイングチップの形

しかし、

アメリカ革靴の古い
ロングウイングチップでは
つま先部分から伸びてきた羽根が
カカトの部分で切り返しになっていて、
さらに上方に向かってクルンと
巻き上がります。

●古いロングウイングチップの形

これはおよそ、1960年代の
ロングウイングチップにみられる
特徴的な形です。

当時のトレンドだったのだと
思われます。

今回のコードバンの
スチュアート マグワイアも
同じ特徴を持ち合わせています。

shell-cordovan-‎stuartmcguire‬-8

しかし、

今回のロングウイングチップは
1980年代だと推測しています。

それはなぜかというと
この革靴を製造した
シューメーカーに
秘密があるのです。

今回の一足、靴の内部を
見てみると土踏まず部分に

【 COMFORT ARCH 】

というクッションシステムを
見る事ができます。

shell-cordovan-‎stuartmcguire‬-7

アメリカ古靴のマニアであれば
この特徴で、どのシューメーカーが
製造した靴であるのかが
わかる事でしょう。

そうです、

今回の【STUART McGUIRE】を
作ったのは、あの【HANOVER】に
なります。

コンフォートアーチは
ハノーバーのクッション
システムなのです。

shell-cordovan-‎stuartmcguire‬-4

【STUART McGUIRE】は様々な
シューメーカーに靴の製造を
依頼していたようで、以前当店でも
お取り扱いしたことがありますが
【MADE IN ENGLAND】
のお品もあります。

アメリカ製ではこのように
【HANOVER】で靴を製造して
いた事もあったようですね。

そして、
この【HANOVER】は今回の
特徴的なロングウイングチップ
の形状を60年代のみならず
80年代にも製造していた、
という経緯があります。

ですので今回の一足は
1980年代のハノーバー製と
推測されるのです。

今回 お届けする内容

Genuine Shell Cordobvan

shell-cordovan-‎stuartmcguire‬-6

アウトソールには
【Genuine Shell Cordobvan】
(本物のシェルコードバン)
と、刻印があります。

実はこの
【 Shell Cordobvan 】
というのはアメリカの
HORWEEN社が持つ
『商標登録』です。

なので
ホーウィン社以外の革で
シェルコードバンを
うたう事はできません。

【 Horween Leather Co.】
と言えば言わずと知れた
【ALDEN】のコードバンを
製造している会社です。

ホーウィンは以前、
経営の危機に陥った際に
【ALDEN】に救われた、という
過去があります。

このオールデンとホーウィンの
関係性にはとても興味深い歴史が
あるのです。

古靴やコードバンが好きと
公言するのなら知っておかねば
ならない話だと思います。

これについては過去の記事で
紹介していますので
参考にしてみて下さい。

【ALDEN】に倒産を救われた【HORWEEN】

shell-cordovan-‎stuartmcguire‬.jpg-1

と、いうことで
今回の【STUART McGUIRE】に
使われているコードバンは
【ALDEN】が使用している
のと同じ【HORWEEN】社の物。

現在、【ALDEN】の
ロングウイングチップは
alden-longwing-9751
【ALDEN】9751 LONGWINGTIP
13万8240円

というお値段です。

この、一流ブランド
オールデンですら
革の質は昔の方が
圧倒的に良い、というのが
古靴の世界の常識です。

もし、80年代の【ALDEN】で
今回のような超美品の
コードバンが出てきたら
それはもう、奪い合いと
なる事でしょう。

今回は靴のブランドが
違うだけで皮革は
オールデンと同じ
【HORWEEN】の
シェルコードバン。

さらに、
シューメーカーは
アメリカ古靴の雄
【HANOVER】。

サイズはゴールデンサイズの
9 D です!

超一点物ですので
待ったなしの、ヨーイどんです。

今回は無料メルマガ読者様
限定記事として先行して
公開されています。

今回のメールマガジンを
活用してこの先行者利益を
確定してください。

‎stuartmcguire-shell-cordovan‬
【STUART McGUIRE】HANOVER製
SHELL CORDOVAN
LONGWINGTIP 80s
サイズ  9 ウィズD
(目安26.5 cm~27.5cm 位)

通常価格
¥49000-
(税込¥3920-)

の所、無料メルマガ読者様が
現金でお買い上げの場合

創業29周年記念価格
★2900円引き!
¥46100‐(+tax )

にプラスして

france-italy-usa-necktie

当店にある

ヨーロッパ製ブランドネクタイ
※ 参考紹介記事

当店販売価格
¥7900 ~ ¥3900

の中からお好きな柄を
お一つプレゼントします。

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回の
【STUART McGUIRE】
SHELL CORDOVANのお手入れに
使用したクリームは

cream-naturare
【M.モゥブレイ】
クリームナチュラーレ

【ニュートラル】(無色)です。

クリームナチュラーレは
M.モゥブレィブランドの
ハイグレードライン皮革用クリーム
となります。

今回は綺麗な色目の
コードバンでしたのであえて
色を入れずにニュートラルを
選んでいます。

ニュートラルを入れるだけでも
トーンが落ち着いて、色目が
暗くなります。

無色のクリームでも
油分などの栄養が浸透すると
革質のトーンがそれだけでも
落ち着いて暗めになるので
それだけで多少の補色効果が
見られるのです。

これは実際には仕上げたい
革のイメージに寄るのですが
基本的に革靴のクリームには
【新品】に近い状態
の場合、ニュートラルを
使用します。

ニュートラル(無色)を使用すると
シューメーカーが靴を作った際に
表現したかったオリジナルの革の色を
そのままある程度の期間、楽しむ事が
出来るという利点があります。

革にしっかりとした
補色をしたくなった際には

cream-naturale-burgundy
【M.モゥブレィ】
クリームナチュラーレ
(バーガンディ)

を使用します。

クリームナチュラーレは
シダーオイル、パームオイル、
ビーズワックス等の天然油脂を
主成分とした、有機溶剤を
使用していないナチュラル成分の
レザークリームです。

皮革に潤いとツヤ、柔軟性を与え
コンディションを良くします。

べたつかずに自然な
仕上がりになるので
コードバンなどの上質な
革の手入れにも
ぴったりなクリームです。

高級革靴のお手入れには
是非こちらを
お勧め致します。

=======================
【古着屋ガレージセール メルマガ】
当店の公式情報は無料メールマガジンから入手できます。ご登録がまだの時は下にあるフォームの枠内にカーソルを合わせた後、お名前などを記載してフォームの下の『確定』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

========================