LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

【M-65】フィールドコート ウッドランドカモフラージュの歴史

m-65-field-coat

m-65-field-jacket-1
1983年【M-65】WOODLAND CAMOUFLAGE
FEILD COAT

 

店長青山です、

アメリカ軍の実物本物ミリタリージャケット【M-65】フィールドコートを入手しました。

 

【M-65】のフィールドコートについてはこちらの記事でもご紹介していますので参考にしてください。

 


a0115608_18131065
アルパチーノもロバートデニーロも【M-65】フィールドコート

 

 

m-65-field-coat-3

 

最近店長青山は個人的にミリタリーアイテムに注目しています。

 

その中でも迷彩柄、カモフラージュパターンというのはここ数年来しばらくストリートでのブームから遠ざかっています。これから、かなり新鮮なのではないでしょうか。

 

m-65-field-jacket

m-65-field-jacket-2

COAT, COLD WEATHER, FIELD,
CAMOUFLAGE PATTERN

 

今回のお品は1983年製アメリカ軍の実物本物ミリタリージャケット。軍物ですのでもちろんMADE IN USAです。

 

すでに今から35年も前のお品となっています。

 

1980’sよりオリーブからカモフラージュへ

 

【M-65】フィールドジャケットは元々オリーブドラブ色の物でしたが1980年よりこのようなウッドランドパターンが採用されます。

 

今回のお品はフロントのジップとエリ裏のフードを収納している部分にもブラス(真鍮)を使用しているモデルです。

 

エリ中のフードを出せばパーカーのように被れるようになっています。

 

m65-zipper

 

このようにフロントジップにブラスを使用している【M-65】はカモフラージュの中だと最初期のモデルです。

 

1985年以降はオリーブドラブ色の【M-65】同様、プラスチック製のジッパーになっていきます。オリーブドラブ色の【M-65】にあるアルミジップを使用した物はウッドランドには存在しません。

 

そして、ベトナム戦争以降の戦争では、森林地帯ではなく砂漠での戦闘が多かったため【M-65】はこのようなウッドランドパターンでは
無くなっていくのです。

 

湾岸戦争のイラク空爆が始まった1991年頃からはこのような迷彩柄はほとんど見られなくなります。

 

代りに1989年から採用されたデザートカモフラージュパターンの【M-65】が2000年頃まで主に支給されました。

 

m-65-desert- jacket

 

その後【M-65】は「ECWCS」Extreme Cold Weather Clothing Systemという、寒冷地用衣料システムのジャケットに変わっていき、現在では生産されていません。

 

キルティングのライナー取り付け可能

 

この【M-65】フィールドコートですが実際に着て頂くとアウターとして極寒の時期でも暖かいですし、丈夫でカッコイイです。

 

インナーにはシステムとしてライニングを取り付けられるようになっており寒冷地に行く場合はキルティングのライナーを付けると更に防寒性が増します。

 

m-65-liner

【M-65】キルティングライナー

 

寒さから体温を守り、体力を保持し活動するためにはライナーの用意もあるといいかと思います。アウトドアで活動する時などはかなり重宝出来るジャケットです。

 

ウッドランドの迷彩柄【M-65】は基本的にメインで生産されていた時期が10年ほどとなっており思いのほか採用されていた時期は短いです。今後はますます入手が困難になっていく事が予想されます。

 

ですのでオリーブドラブの【M-65】をすでにお持ちの方でも迷彩パターンをバリエーションとして入手しておく事をお勧めします。

 

m-65-field-coat-4

m-65-field-coat-1

 

ジーンズに合わせて普段使いでラフに合わせて頂けますし、女の子がミリタリージャケットを大きめに着ているのもかわいらしいですね。

 

m-65-field-coat

 

彼女さんや奥様と兼用で一着持っておくのもかなりおススメです。

「彼氏の部屋から黙ってジャケット借りて来た!」

みたいなシチュエーションを想像してみて下さい。

 

女の子とミリタリー迷彩の落差が大きいので、その新鮮なギャップにやられます。。

 

年齢を重ねるとビンテージの迷彩が似合ってくる

 

m-65-field-coat-2

 

ミリタリージャケットの良い所は歳を重ねれば年を重ねるほどカッコよく着こなせる所です。

 

若さにあふれる尖がった着こなしももちろんクールではあります。

 

ですが、年配の方がさらりと羽織ったような肩の力の抜けた自然な雰囲気は若者には決して出せません。

 

m-65-field-coat-5

 

ビンテージミリタリーの年季を重ねたジャケットの渋さはこれまで人生を過ごして来た年月の説得力として、魅力的にあなたを引き立ててくれるのです。

 

迷彩柄のジャケットなんて今まで考えた事もなかったあなたも、今だからこそ素敵に着こなす事ができます。

 

試着すらせずに毛嫌いするのはもったいなさ過ぎる名品ですよ。一度、試しに着てみて下さいね。

 

それではまた。

 

動画

m-65-field-jacket-1
1983年【M-65】WOODLAND CAMOUFLAGE
FEILD COAT
サイズ M ¥12900-(+tax ¥1032-)

=======================

【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報が届いたり 読者様限定割引などが付いたりします。ご利用下さい!変な広告も一切入りませんし、解除も簡単にすぐできます。ご登録がまだの時は下にあるフォームの枠内にカーソルを合わせた後、お名前などを記載してフォームの下の『確定』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

========================

【当店の地図】
garagesale-tudanuma-tenpo

JR津田沼駅改札から徒歩3分古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りでご紹介しています。


【当店の営業時間】
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00

商品の仕入れや体調不良などの関係の為、予告なく営業時間が遅れる事があります。大変申し訳ありませんが全てを一人で行っている個人店舗ですので、何とぞご容赦下さいますようどうぞ宜しくお願い致します。

【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。お問い合わせの際は何年何月何日のブログ商品なのか必ずご確認の上、ご連絡ください。なお、当店は地域のお客様に商品をご提供させて頂いておりますので通信販売や電話・メールでのお取り置きは行っておりません。

【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F

 

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加