1971年10月製【FLORSHEIM】VARSITY 

店長青山です、

本日の一足はアメリカ古靴の中でも
【FLORSHEIM】がお好きな方でしたら
お探しの方も多い事でしょう。

ロングウイングチップの

【VARSITY】バーシティ

です。

このモデルは【FLORSHEIM】の
ロングウイングチップの中でも
インペリアルのシリーズとは違いまして
当時のレギュラークラスのお品になります。

つま先から後ろに伸びてくる
ロングウイングの羽根がカカト部分で
くるんと上の方へ向かって
巻き上がっているのと、

靴ひもを通す革の下部分が
先ほどの後ろに伸びる羽根に
くっついているデザインが特徴的です。

ロングウイングチップのディテールとしては
黄色の丸の中のようにかかとまで伸びる
ウイングのパーフォレーションと
離れているものが多いです。

バーシティは付いていますね。

一重の化粧釘がカカトのトップリフトに
打ち込まれています。

【V-Cleat】は付いていません。

タンの裏はフェルト使用、
内部の前方は布張りです。
インソールの状態もきれいです。

いかがでしょうか?

バーシティはフォルムも
ケンムールなどと比べて
すっきりとした印象で
スタイリッシュな雰囲気です。

店長青山個人的に
古靴のウイングチップの中では
このバーシティが一番カッコいいと
思っています。

このモデルばっかりは
自分でも欲しくて密かに
ずーっと探しています。

でも、無い。。。

とにかくない!
状態の良いバーシティが
ほんとーに!無いんです。

今回の一足が履けるサイズの人は
速攻で試着しに来て下さい!
ここまできれいな状態の
こんなサイズはもう二度と当店では
入荷できないと思います。

店長青山一押しの
ロングウイングチップですよ。

それではまた。

動画


1971年10月製【FLORSHEIM】VARSITY
サイズ 7 1/2 (目安 25cm~26cmくらい)

通常価格
¥33000-(税込¥35640-)

こちらを

創業27周年記念!!
無料メルマガ読者様限定価格
現金でお支払い頂いた場合
には
¥27000-(+tax )
といたします。

もし、まだ当店の無料メルマガに
ご登録がまだの方はこの記事の下にある
登録フォームから今すぐにお申込みください。

一点物ですのでお早めに!

それではまた!

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回、バーシティの
お手入れに使用したクリームは意外だと
思われるかもしれませんが
「SAPHIR Noir」
CREME(クレム)1925

のブラックです。

通常であれば革靴に使用する
クリームは【M.モゥブレィ】を使用するのですが
バーシティで高級感を出し、黒い革を強調するために、
あえてサフィールのクレム1925を
使用してみました。

成分のシアバターが高い浸透性で
革に潤いを与え、ビーズワックスが
上品な光沢感を出してくれます。

乳化性クリームなのですが
仕上げに、固形ワックスが
必要ないほど良く光ります。

サフィールは1920年にフランスの
Avel(アベル)社によって
生み出されたシューケアブランドです。
1925年のパリ万国博覧会では
レザーケア製品の品質で
金賞を受賞しています。

そのサフィールブランドの中でも
高級シリーズ「SAPHIR Noir」
(サフィール ノワール)はシューケア業界の
プロの間でも評価が高いものです。

今回店長青山が使用した
CREME(クレム)1925
最高品質のビーズワックス、シアバター
カルナバワックスなどの天然原料を
厳選して使用し配合されています。

今回のようなヴィンテージの革靴にも、
きれいな光沢感を出してくれますので
興味がある場合は是非試してみて下さい!

それではまた!