spectator-shoes-men

florsheim-spectator-shoes
1964年6月製【FLORSHEIM】Spectator Shoes

 

店長青山です、

古い古いビンテージの革靴をご紹介します。

【FLORSHEIM】の外羽根式ウイングチップです。1964年製のビンテージになります。

白×茶色のコンビネーションのスペクテイターシューズになります。

 

florsheim-spectator-shoes-1

spectator-shoes-men-4

 

スペクテイターとは『観客』という意味です。

1920~1930年代頃。

アメリカでスポーツ観戦する紳士は好んでコンビネーションのシューズを履いていたらしいのです。

 

spectator-shoes-men-1

spectator-shoes-men-3

 

このことから、これらコンビネーションの革靴達がスペクテイターシューズと呼ばれるようになりました。

 

selmon

spectator-shoes-men-2

Spectator-Shoe-Guide_400

 

今回のお品ですが【FLORSHEIM】のスペクテイターシューズという事で年代を推測することができます。

 

florsheim-spectator-shoes-5

 

革靴の中を見るとインソールに【UNION MADE】のスタンプがあります。

 

こちらのスタンプが【FLORSHEIM】の靴にあるのは1970年代の初頭までと言われています。

 

florsheim-spectator-shoes-3

 

そして中の印字を見るとアルファベットの文字が

【 F / E 】

となっています。これは

【 月 / 年 】

を表していますから

【 6月 / 4年】

になると推測できます。

 

と、いうことはユニオンメイドのスタンプからこちらのシューズは少なくとも1970年代より前のお品ではないかと推測できます。

 

florsheim-spectator-shoes-4

florsheim-spectator-shoes-2

 

そして、タン裏のフェルトやカカトの釘穴ありトップリフト、そしてソックシートの下に敷いてあるスポンジの形状なども年代判別の基準となります。

 

【FLORSHEIM】のケンムールなどでもソックシートしたのクッションがU字にカーブしてあるものは1960年代中期までの物です。

 

それ以降の年代の品ではまっすぐの一文字になります。

 

※参考画像
florsheim-1965-seat-socks
1965年12月製【FLORSHEIM】KENMOOR

 

今回のお品。

 

florsheim-spectator-shoes-insole

 

これらの事からこちらは1964年の物ではないかな、と思われます。

 

と、いうことで60年代のスペクテイターシューズになるのですがかなり状態が良いです。

 

florsheim-spectator-shoes-6

 

spectator-shoes-men-1

 

めったに手に入ることのないビンテージのスペクテイターシューズ。

しかもとても珍しい日本人サイズの小さめのお品です。

今回はこちらのビンテージをバレンタイン企画として当店のメルマガ読者様に特別価格でご提供します。

 

えぇ、そうです。

 

どうせ今年も義理チョコしかもらえないであろうあなたに店長青山から仲間として親しみを込めてのプレゼントです。

 

ちょっとぐらい素敵な出来事が日常に降って来たっていいじゃないですか、、、普段から毎日頑張って生きてるんですから。

 

ねぇ? そう思いませんか?

 

そうやって早めに今から予防線を張っておかないとね!?

大人になるというのは傷つく前に自分を守るすべを身に着けるという事です。

 

ともあれ恋も革靴も行動を起こした人の勝ちです!

「ちょっとまだタイミングが・・」

なんて言っていたら人生のチャンスはつかめませんよ!?

 

勇気を出してこの機会に一生モノの恋を手に入れて下さい!!

 

florsheim-spectator-shoes
1964年6月製【FLORSHEIM】Spectator Shoes
サイズ8 ウィズC (目安25cm~26cmくらい)

通常価格

¥37000-(税込¥40700-) 

の所、無料メルマガ読者様が現金でお買い上げの場合

バレンタインキャンペーン!!
40%オフ!!

¥22200‐(+tax )

 

『スペクテイターシューズのお手入れ方法』

店長青山が今回の【FLORSHEIM】LONGWINGTIPのお手入れしたクリームは2種類あります。

 

スペクテイターシューズの様にコンビネーションになっている革靴の場合は、その部位の革の色に合わせてクリームを分けてお手入れをしていくのが基本です。

 

今回はトゥ周りなど茶色い部位に関してはダークブラウンのクリームナチュラーレ、そしてボディ部分の白い箇所に関してはシュークリームジャーのホワイトを使用しました。

 

cream-naturale-darkbrown
【M.モゥブレィ】
クリームナチュラーレ
(ダークブラウン)

 

 

shoe-cream-white
【M.モゥブレイ】
シュークリームジャー

(ホワイト)

 

もし、このように色を分けてのお手入れが面倒な時は一本ですべてのコンビシューズをお手入れできるスプレータイプのコンビトリートメントいうスプレーがあります。

 

combi-treatment
【M.モゥブレイ】
コンビトリートメント

 

全体に対してスプレーを吹きかけるだけですのでご利用頂くととても便利です。参考にしてみて下さい。

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============