70s DEADSTOCK WORKBOOTS
MADE IN USA

左【RAW GLOVE】 右 UNKNOWN

店長青山です、

2月にも入り、もうすぐ
あの日がやってきます。

そうです、
バレンタインデーです。

学生の頃からちっとも
もてなかった店長青山には
まるでいい思い出の
ない日です。。。

若い頃、甘いものとか
チョコレートとかほとんど
口にしなかったのはこの日の
トラウマかもしれません。

しかし今では、
当時のかたきを取るかのように
意地汚くベロベロと
チョコレートなど甘いお菓子を
むさぼるように食べています。

酒も飲むくせに
甘い物まで食べるものだから
一夜にしてあっという間に
体重が増える体質に
なってしまいました。

若き日のストイックさの
欠片も感じられない
中年青山です。

と、まあ
そんなバレンタインなのですが

日本のお菓子屋の戦略に乗せられた
苦々しい日の思い出をここに来て
なんとか書き換えようと
してしています。

欧米だとバレンタインは
女性からだけではなく男性からも
贈り物をする日なのだとか。

なので毎年この時期に
店長青山は何やら
キャンペーンを行うのです。

昨年も行いましたが
今年も何か贈り物をしたいと
考えました。

今年はこちらから
行いたいと思います。

1970年代くらいの
MADE IN USAの編上げ
ワークブーツです。

【DEAD STOCK】になります。

DSCF1764_400

左側のブーツ、
詳細はよくわからないのですが
【RAW GLOVE】とあります。

グローブレザーとはカウハイドに
オイルを染み込ませた皮革を言います。
RAWという事は未処理?
という意味でしょうか。

ちょっとよくわからないのですが
確かにこのワークブーツ少し
特殊かもしれません。

ブーツにもかかわらず
非常に柔らかくてきめの細かい
レザーを使用しています。

アウトソールは クレープソールです。

【 TRACTOR - TRAD
  OIL RESISTANT 】
という記載があります。

DSCF1768_400

ワークブーツというとビブラムなどの
ごつごつとした重いラグソールを
イメージされるかもしれません。

しかし、
このクレープソールは
ブーツのソールとして軽い上に
とても歩きやすく、かなり
クッション性に富んだソールです。

アメカジスタイルにも
とても良く合います。

普段お仕事などで通勤されていると
週末のお休みの日には足元を
いつもと違った雰囲気に
したくなるかもしれません。

毎日、履いている靴と
全く一緒では気持ち的に
休日モードに入りにくい方も
いると思います。

そんな時、
もちろんカジュアルスタイルに
合わせて革靴もいいのですが
仕事では履けないようなブーツを
合わせると気分もかなり
リフレッシュします。

ただ、

あまりゴツいブーツだと
ちょっと気合を入れないと
履けないような気分になって
しまいますよね。

そんな時に、クレープソールの
ワークブーツは大変重宝
するのです。

足首をしっかりホールドしてくれる上に
クッション性のあるソールですから
長時間履いていても疲れません。

最近体重が重くなって歩くと
ひざに負担がかかりそうなあなたには
本当にうってつけのブーツです。

軽いからと言ってソールの薄い
スニーカーを履いて固いアスファルトを
たくさん歩くと逆にひざを傷めます。

冬場はこのようなブーツを履いて
外を散歩すると、厚みのあるソールが
足元からの冷気も防いでくれるので
気持ちがいいです。

凛と澄んだ冬の空気が身も
心も引き締めて、気持ちを新たに
リセットしてくれますよ。

ここの所、
履くのが面倒くさそうだからと
いって編上げのブーツなどを
遠慮してはいませんか。

そんなあなたこそ
このようなブーツを履いて
お出かけすることをお勧めします。

ブルージーンズの足元に
ブーツを履いて出かけるだけで
一気に気持ちが若返ることを
保証しますよ。

そして、

お次はこちらです。

右側のブーツは、アッパーにシワ感のある
シボ革のレザーを使用しています。

メーカーの詳細がわからないのですが
アメリカの古いワークブーツらしい
黄色がかったきれいな色をしています。


アウトソールにはビンテージのブーツに
良く見られる【VULCAN社製】の
ラバーソールを装着しています。

靴の内部の印字の下段に

5-74ー666

という数字が見えます。

確実な事はわからないのですが
アメリカのブーツのメーカーは
印字で製造年月を表す事が多いです。

最初の数字から推測すると

5月 74年

ではないでしょうか?

もしかしたら
1974年5月 製造の可能性が
高いかもしれませんね。

いつもお伝えする事ですが
このように色々と推測しながら
考察を加えていくのも
古いアイテムを身にまとう
醍醐味だと思います。

消耗品として役割を果たすだけの
ちまたにあふれる大量生産品とは
ちょっと違うのです。

ブーツ一つとっても
知的好奇心を刺激して
楽しむことができますので
是非、愛用して履いてみて下さい。

古靴や古着好きなら
現行のレッドウイングなどを
チョイスするより断然
デッドストックのこちらだと
思います!!

では、

お待たせしました!

ここでバレンタインキャンペーンの
お知らせです。

今回のキャンペーン期間は
2月28日までです。
当店の無料メルマガ読者様
現金でお支払いの方
が対象になります。
ご了承ください。

無料メルマガはこの記事の下から
簡単に登録できますので
まだの方は今すぐフォームに
記載をお願いします。

動画


左【RAW GLOVE】DEADSTOCK 70s
MADE IN USA
サイズ 9(目安26.5cm~27.5cmくらい)
¥25700-
(税込¥27756-)

バレンタイン
キャンペーン価格


50%OFF!!

¥12850-(+tax )


左 UNKNOWN DEADSTOCK 1974年?
MADE IN USA
サイズの目安 25.5cm~26.5cmくらい

¥22700-
(税込¥24516-)

バレンタイン
キャンペーン価格


50%OFF!!

¥11350-(+tax )

【 ※ 今回のブーツのお手入れ 】

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
店長青山が今回のブーツのお手入れに
使用したクリームは
【M.モゥブレイ】
クリームエッセンシャル

(無色)です。

今回はデッドストックのブーツに
栄養を入れて保革しながら、
なおかつさらりと仕上げて、
上品なツヤ感も加えたかったので
こちらを使用しました。

クリームの少量を布に取り、うすく
ブーツの全体に塗り広げていきます。
その後、ホースブラシで馴染ませてから
乾拭きをすると美しいツヤが出てきます。

ワークブーツと言えども
きれい目に仕上げたい時には
こちらを使用してみて下さい。

ワークブーツらしく
もう少し、しっとりとした質感に
仕上げたい場合は

【M.モゥブレイ】
ビーズエイジングオイル

を使用してください。

こちらはミツバチの巣から抽出した
天然のミツロウを主成分とした
ナチュラル栄養クリームです。

ミンクオイルのようにベタつかず、
サラッとした仕上がりになるのが
特徴で、自然なツヤが出せますし
防水性も保てます。

手で、クリームをすくうと
指の体温でかなり伸びやすくなるので
直接、指で塗り込んで使用しています。

天然成分のクリームなので
個人的には手荒れなども
全く気にする必要が無いです。