【BATES】POLICE DRESS UNIFORM
CHUKKA BOOTS 【DEAD STOCK】
MADE IN USA

店長青山です、

店長青山【超!厳選】
売れ切れ必至の狙い目 革靴・ブーツベスト10

ランキングの続きを発表していきます。

今回は第9位のご紹介です。

【第9位】

第9位は

【BATES】ベイツのストラップタイプ
チャッカブーツ。

【FLOATAWAYS】シリーズの
デッドストックで1990年代ぐらいの
お品かと思います。

1885年にマサチューセッツ州の
ウェブスターで始まったBATES。

創業者Andrew Jackson Bates氏の
名前からとって

【 AJ BATES & CO 】

という社名でスタートしました。

第二次世界大戦中には
ミリタリーシューズを作り
軍隊に100万足以上の靴を
納入しています。

アメリカ大統領も履いた革靴

1950年代に入ると
【Phi Bates】シリーズを
展開して人気を博したベイツ。

第二次世界大戦中にはヨーロッパ戦線の
連合国最高司令官であった
ドワイト・D・アイゼンハワー
(Dwight David Eisenhower)など
2人の大統領に靴を提供してきています。

1969年にはウルヴァリンワールドワイド社
がベイツを買収。

現在に至るまで同社の
傘下に入っています。

今ではウルヴァリン社のブランドとして
米軍、警察関係及び特殊部隊、
そのほか各官庁に靴を納入しているのです。

今回の【FLOATAWAYS】は
1980年代に発表されたシリーズで
現在でも展開されいてる【Bates Lites】の
前身となるラインです。

アーチクッションがインソールに
搭載されていて履き心地の良さを
追求したモデルとなっています。

アメリカ警察着用のブーツ

今回はチャッカーブーツの形ですが
ヒモではなく、足首部分の
ストラップが特徴的な一足です。

全く同じモデルかどうかは
解らないのですが、アメリカの
警察にも実際にベイツから
納入されていました。

今回のお品はデッドストックという事で
かなり珍しいかと思います。

大きさに関しては靴幅が広く
『3E 』 というサイズ感です。

甲高幅広でも楽に履けるブーツ

アメリカ革靴を履こうとすると
甲の部分がきつかったり足の幅が
狭かったりするので選べない、
というお客様はかなり多いです。

なので、

実際の足の長さより大き目のサイズを
履かれている方が結構います。

今回のお品は甲の部分も高く
足幅もゆったりしていますので
普段、甲高幅広で靴を選べないあなたに
ピッタリの一足となります。

官給品としてアメリカの警察にも
納入される信頼と実績を持つ
ベイツのチャッカブーツ。

MADE IN USAの新品で
チャッカブーツを購入しようと
思ったら結構ないいお値段に
なってしまいます。

ですが、今回はかつての
デッドストックで更に
お値打ち価格です。

秋冬のシューズの定番として
この一点物のベイツを
手に入れて下さい。

それではまた!

動画


【BATES】POLICE DRESS UNIFORM
CHUKKA BOOTS 【DEAD STOCK】
MADE IN USA
サイズ 8 1/2 ウィズ3E(目安26.5cm~27.5cmくらい)
¥23700-(+tax ¥1896-)

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回の革靴のお手入れに
使用したクリームは

【M.モゥブレィ】
コードバンクリームレノベーター
(ブラック)

です。

こちらは本来コードバン革靴用の
クリームなのですが、

ガラスレザーの補色クリーム

としても使用できる優れものです。

こちらのクリームの少量を


ポリッシングコットン

という磨き専用の布に取り
うすく革靴の全体に塗り広げて
いきます。

その後、

ホースブラシで円を描くように
ブラッシングして馴染ませてから
更に乾拭きをすると美しいツヤが
出てくるのです。

今回はデッドストックのお品でしたので
補色は必要なかったのですが、
黒く光る印象を強く出して
仕上げたかったのであえて
少しだけ使用してみました。

色の補色が必要のない場合、
普段使いのクリームとしては

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
【M.モゥブレイ】
クリームエッセンシャル

(無色)

を使用して頂くと美しく綺麗な
ツヤが出せます。

使い方、磨き方は先にご紹介した
コードバンクリームレノベーターと
全く一緒です。

参考にしてみて下さい。