old-alden-utip
1986年6月製 旧ロゴ【ALDEN473】モックトゥ
トゥルースクエア ラスト

 

次元が違う快適な足指の状態を約束するトゥルースクエアラスト

矯正靴で名を馳せた【ALDEN】の実力を堪能できる

履きやすさ抜群の一点物ビンテージモックトゥ

 

店長青山です、

【ALDEN】の美しいモックトゥを入手しました。

 

1980年代の旧ロゴオールドモデル。モカ縫いのUチップ仕様となっている【ALDEN473】です。

 

old-alden-utip-3
1980s【ALDEN】旧ロゴ

 

ALDEN TRUSQUARE LAST

 

old-alden-utip-5
【Right and left orthopedic rubber heels】

 

今回の『オールデン473』は木型にトゥルースクエアラスト、カカトのトップリフトにオーソペディック用ラバーヒールである【FOOT BLANCE】を使用しています。

 

矯正靴という事ではありませんが、それらの流れをくむモデル。

 

医療用矯正靴のメーカーとしても知られる【ALDEN】の履き心地やフィット感を堪能できるモデルです。

 

 

old-alden-utip-1
【ALDEN473】MOCC TOE TRUSQUARE LAST

 

スクエアトゥの靴はつま先辺りの空間が横に広く四角形になっています。

 

足の指先が一列に並んで、ほぼ同位置に来るような『スクエア型』の足型をしている人にはとても相性の良いトゥの形です。

 

このスクエアトゥの形をした革靴ですが、持っていないという方は意外に多いかと思います。

 

しかし、人差し指が一番長い『ギリシャ型』や、親指の先が一番前に出る『エジプト型』の足型の人でも、フィッティングがしっかりしていればスクエアトゥの靴は足指がすごく楽に履ける事も多いです。

 

恐らく、一度履いて快適さを覚えてしまうと癖になる形かもしれません。特に、足の指の形がスクエア型にも関わらず、自分の足の形を意識せずに革靴を選んでいた人にとっては目からうろこの履き心地になる事でしょう。

 

ラウンドトゥとかポインテッドトゥの革靴を選んできたけど、『いつも革靴に指が当たって痛かった』という人は是非試してみて下さい。一度も履いた事が無いのに食わず嫌いで敬遠してしまうにはもったいなさ過ぎる形です。

 

 

グレインレザー(シボ革)の特徴と長所とは?

 

old-alden-utip-2
【Piemium leather in antiqued brown grain】

 

アッパーの革にはアンティークブラウンのプレミアムグレインレザーを使用。

 

グレインレザー(シボ革)とは革をプレス機で圧縮して模様を付けた型押し革の事です。

 

シボ革の良い点は模様がある為、傷が付いても目立ちにくい点です。そして革を圧縮して模様を付けているので革の繊維が詰まっているためそもそも革自体が丈夫です。

 

グレインレザーは日常的に履く靴として、とても使い勝手の良い革となります。

 

【ALDEN473】モックトゥの製造年月

 

old-alden-utip-6

 

 

今回の「オールデン473」モックトゥですが靴の内部に記載されている印字を見てみるとこのようになっています。

 

 

old-alden-utip-8

 

 

【ALDEN】は記載の文字で製造の年代判別ができるブランドです。

 

上の写真における赤枠の数字は靴の長さ(レングス)です。一般的にサイズと呼ばれているものになります。

 

この靴の場合は「7 1/2」がレングスとなります。

 

白い枠のこの靴のウィズです。(本来は足囲『ガース』ですが便宜上ウィズと呼びます。)オールデンの場合は分数のように記載されたアルファベット

 

「 AA / B 」

 

の下にある文字がウィズとなります。今回のモデルについてはBウィズです。

 

そして黒い枠で囲われた数字がモデル品番です。型番とも呼ばれます。

 

今回のモデルは「473」が品番です。

 

そして青い枠で囲われた部分がこの靴の製造年月を表しています。

 

この2ケタの文字は製造の

【 年 / 月 】

を表しています。

 

左側の数字はそのまま製造年の末尾を表します。

 

今回は「6」ですので

西暦 ○○○6年

の製造ということです。

 

右側のアルファベットは

A・B・C・D・E・F・・・

となっていくごとに

1月・2月・3月・4月・・・

を示しています。

 

今回は「 F 」 なので6月の製造品となります。

 

そして旧ロゴの印字などから今回のお品は恐らく80年代製かと推測しています。なので

 

1986年6月製造品

 

のオールデンではないかと推測ができるのです。

 

 

Alden Foot Balance System Manual

 

今回のシューズを『オールデン フット バランス システム マニュアル』で確認してみましょう。

 

alden473-trusquere last
【Alden Foot Balance System Manual】

 

上の画像は1980年代前半くらいのオールデンのマニュアルです。品番473はブラウンである事が右下の記載で解ります。

 

alden473-brown-leather

 

今回の靴はこちらに記載してあるモデルで間違いがなさそうです。

 

【TRUSQUARE LAST】の詳細

 

このマニュアルにあるトゥルースクエアラスト『品番#473』の記載を書き起こししてみました。

 

Pattern   Four eyelet mocc toe blucher oxford.

Upper  Piemium leather in antiqued brown grain (#473) and black grain (#471).

Lining  Glove leather quarter lining, heavy 100% cotton duck toe lining.

Outsole  Prime selection oak bend leather outsoles.

Heel  Right and left orthopedic rubber heels.

Counters  Long inside.

Shank  Heavy, ribbed, tempered steel right and left shanks. Positioned from well back in the heel seat and extending forward to support the metatarsal area.

Insole  Natural vegetable-tanned leather insole features special reinforced rib for extra strength during modification and re-crafting.

Fitting  The Trusquere last is a general use last for normal to flexible weak-ened low-arch footshapes. Positive heel control and ample toe room give excellent comfort. Not for extreme foot shapes.

 

とても興味深いですね。

 

どうやらトゥルースクエアラストは一般向けに使われるラストであり、極端な形をした足用の矯正靴ではない模様。

 

アーチの弱った足型の人に良いみたいです。偏平足の方という事ですよね。

 

そして広い足先で素晴らしい心地良さを与えてくれるという事です。形がスクエアである理由はここにありそうですね。

 

old-alden-utip-4
【Prime selection oak bend leather outsoles】

 

オールドの特徴を持つ旧ロゴ【ALDEN】Uチップ

 

今回のモデルのタン裏はフェルト仕様になっており、【ALDEN】の中でも古いディテールを持ち合わせています。

 

old-alden-utip-7
タン裏のフェルト

 

タン裏のフェルトは履き込んだ品だと擦れて薄くなっていたり、破れていたりする事が多いのですが、こちらはとてもきれいな状態で保持されています。

 

全体的な革の状態、アウトソールのコンディション、カカトのトップリフトの減りなどから見ても、今回のお品は履いた形跡があまり見られず使用感の少ない美品です。

 

中古革靴市場において【ALDEN】の革靴は常に高い人気を保ち、品薄の状態が続いていますがこのような古いビンテージの旧ロゴタイプは更に一層、球数が少ないです。

 

まして今回は日本人に人気のサイズ小さめ『7 1/2』となっています。

 

【ALDEN】を履いてみたいけど新品では価格が高くて手を出せないあなたも【ALDEN】のオーナーになるチャンスが巡ってきました。

 

モカ縫いのステッチングで仕上げられたUチップ仕様。プライベートでカジュアルスタイルに合わせて頂くのにも最適です。

 

この春に卒業や就職、転職や移動など新生活を迎えるにあたっては、気分も新たに足元から取り組んでみましょう。

 

自分自身へのはなむけにこの靴を贈れば心機一転、きっと新しい人生へ向かって軽やかに歩みだす事ができると思います。

 

二度とは出ない一点物のビンテージ【ALDEN】を是非一度試着しに来てください。

 

それではまた!

 

old-alden-utip
1986年6月製 旧ロゴ【ALDEN】モックトゥ
トゥルースクエア ラスト
サイズ 7 1/2 ウィズB (目安24.5cm~25.5cm 位)
¥32000-(+tax ¥3200-)

 

※今回のお手入れ

店長青山が今回の【オールデン473】に使用したクリームは

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
【M.モゥブレイ】
クリームエッセンシャル

(無色)です。

 

革靴は新品に近い状態の時や補色の必要が無い場合は無色のクリームを使用するのが定石です。

 

色のついたクリームを使用するとどうしても、革の色がクリームの色に寄って行ってしまいます。

 

なので、まだ補色が必要のないような新しい風合いの時は、メーカーが製造した時に表現した革の色を残す意味を込めて無色のクリームでお手入れするのです。

 

こちらのクリームエッセンシャルの少量を布に取りうすく革靴の全体に塗り広げていきます。その後、ホースブラシで馴染ませてから乾拭きをすると美しいツヤが出てきます。

 

手軽で簡単なお手入れ方法ですがフランス製のクリームエッセンシャルが薄く革の表面に伸びてくれるのでスムースレザーもガラスレザーもキレイにツヤを出してくれます。

 

また、革靴以外の用途にも使用できるのが魅力的なクリームです。お財布やベルト、革ジャンやレザーバッグなどにも使えます。

 

とても使い勝手の良い便利なクリームとして一家に一本、是非、お勧めいたします。

 

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============