店長青山です、

ロバート・レッドフォード主演で
1974年に公開されアカデミー賞を
2部門とった映画があります。

gatsby-poster1_400

header-robert-redford-1974-the-great-gatsby-remix-trailer_400

アカデミー衣裳デザイン賞、
編曲賞をとったその映画の名は
『華麗なるギャツビー』

2013年には
レオナルド・ディカプリオ主演で
リメイクもされています。

今回のお伝えするのは
1974年作のお話です。

この、
アカデミー衣装デザイン賞を取った
映画の衣装を全面的に手掛けたのは
若き日のラルフローレンです。

映画の衣装担当自体は
セオニ・V・アルドリッジなのですが
デザインや製作のほとんどを
ラルフローレンが行いました。

彼はこの作品で知名度を一気に広げ、
世界的なデザイナーに名乗りを
上げていくのですね。

そのラルフローレンが
この映画のなかで選んだ革靴の
ブランドが今回の第1位になります。

DSCF1141_400
【GRENSON】グレンソン
Plain Toe 5186 451
MADE IN ENGLAND イギリス製

グレンソン(Grenson)は
1866年創業のイギリスの
老舗革靴ブランドです。

靴職人ウィリアム・グリーンが
ノーサンプトンシャー州のラシュデンに
開いた小さな工房からスタートしています。

ブランドの名前は
創業者のグリーンと息子という意味で

『 GREEN & SON 』

→ 【 GRENSON 】

と名づけられたといいます。

いかにも伝統を大事にするイギリス
ブランドらしいエピソードですね。

グレンソンの靴は今でも熟練した
職人により1足あたり200以上の
工程が費やされ8週間かけて
製作されているのです。

今回のお品もそんなイギリスの職人が
手間ひまかけて作り上げた良品です。

DSCF1144_400

DSCF1147_400

DSCF1149_400

2アイレットのプレーントゥという事で
アンクル丈ではありませんが
チャッカーブーツのような見た目ですね。

スタイリッシュなシルエットで
『華麗なるギャッツビー』同様、
とてもエレガントな印象です。

この手のタイプのプレーントゥを
お持ちでなければ、一足
バリエーションとして加えて頂けると
活躍してくれる事、間違いなしですね。

色目も上品なライトブラウンなので
これから春先に向けて、明るい印象で
足元を演出することもできます。

DSCF1151_400

DSCF1153_400

DSCF1157_400

アウトソールの前面にはラバーで
ハーフソールが貼られています。

前の持ち主が補強されたのでしょう。
これからも相当長く履けると思います。

これから実際に履く事を
考えればむしろ嬉しくて
ありがたい補強ですね。

と、

いうことで今回の第一位は
イギリスの名門グレンソンの
お品でした。

サイズも小さめですので
この辺りのサイズ感をお探しでしたら
すぐに試着をしに来て下さいね。

それではまた!

動画

DSCF1141_400
【GRENSON】グレンソン
Plain Toe 5186 451
MADE IN ENGLAND イギリス製
サイズ UK6 フィッティング F
(普通くらいの足幅)
(目安25cm~26cmくらい)
¥25700-(+tax ¥2056-)

※ お勧め参考記事

ポールスチュアート英国製ペニーローファー

イギリス製【GRENSON】タッセルローファー

合わせてお読み頂くと
今回の革靴に対する理解が
より一層深まります。

【 ※ 今回のグレンソンのお手入れ方法 】

今回のグレンソン、色が
きれいなライトブラウンです。

こういった、ともすると
ヌメに近いような印象で
薄い色を使用している革は
クリームの油分に気を使う
必要があります。

油分の強いクリームを使用すると
布で塗り付けた所から色が濃くなり
シミのように跡になる可能性が
高いです。

ですので、

ライトブラウンなど、
薄い色系の革で
色の補色が必要のない場合は
普段使いのクリームとして

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
【M.モゥブレイ】
クリームエッセンシャル

(無色)

を使用します。

このクリームを使用する事で
シミになる心配を抑えた上、
美しく綺麗なツヤが出せるのです。

クリームエッセンシャルの少量を


ポリッシングコットン

という磨き専用の布に取り
うすく革靴の全体に塗り広げて
いきます。

その後、

毛先が細く、コシの柔らかい
馬の毛を使用した

pro-horse-brush
プロホースブラシ

で円を描くように
ブラッシングをしていきます。

クリームをアッパー全体に
馴染ませてから、更に布で
乾拭きをすると美しいツヤが
出てきます。

参考にしてみて下さい。