DSCF6335_400
【unknown】1960~1970S LONGWINGTIP
ロングウイングチップ

店長青山です、今日は小さめサイズの
VINTAGE LONGWINGTIP をご紹介するのですが
その前にお知らせです。

明日の20日までプレゼントキャンペーンが
開催中です。

当店にある革靴、ブーツ、スニーカー類の中で
本体価格(税抜き)が1万円以上の物。

そちらを現金でお買い上げ下さった
お客様には当店にあるヨーロッパの
ブランドネクタイの中から
どれでもお好きなものを

1本無料
プレゼントさせて頂いております。

DSCF5790_400

今回のキャンペーンで2万円以上
革靴を現金でお買い上げ頂いた場合、

ブランドネクタイの中から
どれでもお好きなものを

2本無料

でプレゼントさせて頂いております。

当店の無料メルマガ読者様限定の
キャンペーンです。

ご登録がまだの方はこのブログの下にある
フォームからお申込みくださいね。

DSCF6339_400

さて、今回のロングウイングチップ。

ブランドがわからないのですが恐らく年代は
1960~1970年代のお品です。

DSCF6340_400

当店のブログを読んでくださっているあなたは
すでにご存じだと思いますが、
ロングウイングチップのカカトへ伸びる羽根の
最後がクルンと巻き上がって終っていますね。

これは1960年代くらいのロングウイングチップで
見られる特徴の一つです。

DSCF6340 - コピー_400
DSCF6345 - コピー_400

DSCF6344_400

そしてひもを通す部分の革が革靴の本体と
一枚で作られているタイプです。

DSCF6344 - コピー_400

矢印の所を見ると一枚の革で作られているのが
お分かりになると思います。

普通のタイプのものは、ヒモを通す部分の革と
山形に線を引いた所の革は別で出来ていることが
多いんですね。

1枚の革で作られているのは
1970年代くらいの【FLORSHEIM】の
ロングウイングチップでも
見られます。

そしてベロの裏はフェルトで
当て布されています。
これは1960年代くらいのものだと
多い仕様です。

ですので今回のお品は1960年代と
1970年代くらいのディテールをあわせ持った
特徴的な一足と言えると思います。

DSCF6347_400

ソールにはラバーが使用されています。
雨の日にお仕事に履いてくにも
もってこいの一足ですね。

DSCF6349_400

ソールに使用されている
【NEOPRENE】ネオプレンとは
1930年にアメリカのデュポン社が
開発した合成ゴムです。

天然のゴムよりも耐候性、耐熱性、
耐油性、耐薬品性などで優れている上
加工がしやすく燃えにくい素材です。

古いレッドウイングのワークブーツ
などでも使われていますね。

DSCF6351_400

DSCF6353_400

今回はブランドがわからないのですが、
魅力的な特徴をたくさん持った一足です。

そしてこの一足はサイズ表記も
消えてしまっていてわかりません。

足の小さい方に合わせてもらった所
おそらく25~26cm位ではないかと
思います。

古くて特徴的で雨の日でも滑りにくく
そして、小さめサイズです。

なかなか出るお品ではありませんので
お好きな方は是非試着してみて下さい。

明日までならネクタイが
プレゼントできますよ!

気になる時はお早目にどうぞ!

それではまた!

動画

DSCF6335_400
【unknown】1960~1970S LONGWINGTIP
ロングウイングチップ

サイズ 目安25cm~26cmくらい ¥16700-(+tax ¥1336-)

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============