LINEで送る
Pocket

レザージャケットを水洗いする方法

【Before】
g-1-wash-before
【After】
g-1-wash-after

店長青山です、

今回はしわくちゃになってしまった
レザージャケットを洗濯機で丸ごと
水洗いしてシワを伸ばしてみました。

折りジワが付いてしまった革も
水分を含ませてから再び形を整えて
乾かしてあげる事で、かなりの所まで
復元することが可能です。

シワや汚れや臭いなどが気になって
もはや着る事が無くなってしまった
レザージャケットは、洗濯して丸ごと
水洗いしてあげる事で再び着用
出来るようになります。

新品のように、とまではいかないまでも
捨ててしまうよりはましですし、
どうせこのまま着ないのでしたら
いっそのこと思い切って洗ってしまうのも
有り、かと個人的には思います。

ですので、

今回、店長青山が実験台となって
洗濯機で革ジャンを水洗いしました。

動画でも途中経過を
お話していきますので、
その都度合わせてご覧ください。

レザージャケットが雨に濡れた場合

このように聞くと

「革のジャケットを水に濡らして
大丈夫なのかな?」

と、不安になるかもしれません。

確かにレザージャケットが
雨に濡れた場合など、その部分が
水ジミになってしまったりする事が
あります。

ここで雨染みの原因となる
理由をお伝えする前に、革について
少しだけお話しておきます。

革というのはもともと
動物の皮膚です。

女性のお肌と一緒で
水分が無くなると潤いが
失われてカサカサになります。

乾燥が進むと人間の手の
あかぎれと同じで、ヒビが割れて
切れてしまうのです。

なので、

レザージャケットと言えども
水分というのは絶対的に必要な
要素になります。

さらに言えば、

そもそも動物の皮膚であった
「皮」から人間が使用する為の
「革」へと変化させるためには
鞣し(なめし)という作業が
必要です。

その過程で皮は何か月も水の中に
漬けられたり、大量の水で
洗われたりします。

物によっては一年近くも
水の中に漬けられていた革で
あったにもかかわらず、

「雨に濡れたらダメになる」
「水に濡らしたら絶対にいけない」

というのは少し考えただけでも
おかしいですよね。

そういった点から考えても、むしろ

「レザージャケットには水分が必要」

という事がお分かり頂けると思います。

革ジャンが雨に濡れた時の手入れ

では、

これらの点も踏まえて
革の製品が雨に濡れてしまった時には
どうずれば良いのか考えていきたいと
思います。

レザージャケットが雨に
濡れてしまうといけない、
と言われているのは基本的に

「シミになるから」

だと思います。

シミというのはそもそも
どのような物かというと

「その他の部位と色が違う」

という事です。

これはなぜそうなるのか
ご説明していきます。

まず、
雨に触れた部分の革の繊維が
水に濡れた事によって
ふやけて緩みます。

そうすると、
革の内部に含まれていた

「色を出している染料や
革の油分などが水を媒体として
繊維の中を移動する」

のです。

今まで繊維の中に含まれていた
油分や染料などが水を媒体として
革の内部から革の表面に
浮かび上がってきます。

そのまま革が乾くと、
今まで内部にあって見えなかった
成分が革の表面に定着します。

そのため、その他の部位との
色のトーンの差ができてしまい
「染み」となって見える事になるのです。

では、

一体、どのようにすればいいのかというと

「色のトーンの差を無くせば
シミになって見えない」

という事になります。

ですのでレザージャケットの
一箇所が雨に濡れて
シミになりそうだったら

「水を含ませた布などで
ジャケット全体を拭き上げて
均一に濡らしてしまう」

という方法で処置をします。

一箇所だけが濡れているから
シミになって見えるのです。

全部を濡らしてしまえば
色の違いがわからなくなる、
という事です。

かなり乱暴な考え方かもしれません。

ですが実際に革靴の場合、
雨に濡れた部分をシミにさせない為には
これと同じ方法をとります。

ただ、

これもすべての革ジャンに
通用するかというとそうでもありません。

レザージャケットの個体よっては
染料が移動してしまうので乾いた際に
逆に色のムラになってしまう
可能性があります。

ジャケットを乾かす際にも
問題があります。

濡れた革から水分を蒸発させ、
乾燥させる速度をジャケット全体で
均一にする事は物理的に難しいです。

洗濯物を想像して頂ければ
わかりやすいと思います。

どうしても先に乾く部分と
最後まで湿っている部分が
できてしまいます。

そうすると

結局、最後まで湿っている部分が
シミになってしまう可能性が
あるのです。

カーフやラムなどのデリケートな
皮革の場合は、乾く際に
シミになる可能性が高いです。

もし、試される場合はその点を
理解された上で自己責任で
お願い致します。

ビンテージ「G-1」レザージャケットを丸洗い

g-1-wash-before-1

そのようなリスクを踏まえた上でも
レザージャケットを洗うというのは
メリットが大きいと個人的には
考えています。

タンニン鞣しで染料を使って
着色してあるジャケットなどは
難しいかもしれません。

でも、クロム鞣しで顔料系の
着色の場合は店長青山的には
どしどし洗ってしまいますよ!

で、

今回、洗濯機で水洗いしたのは
1986年製アメリカ海軍実物本物
「G-1」フライトジャケットです。

この年代の「G-1」の素材は
牛革になります。

写真のようにかなり表面上に
シワが入ってしまっています。

g-1-wash-before

このように滅茶苦茶に入った
折りジワですが、古着のシャツや
パンツやジャケットで見た事が
あるかもしれませんね。

古着を販売しているお店さんで
このようなデタラメにシワの入った
ネルシャツとかを見かける事があります。

これ、何でこんなシワが入っているか
ご存知でしょうか。

前の持ち主がずぼらな性格で
めちゃくちゃな扱いを
していたからでしょうか?

実はこれ、古着業者の
システムとして取り扱いの過程で
このようになってしまうのですね。

ユーズドクロージングの業者は
大量の古着を集めた時に工場で
ベールというパックにします。

Veil-pack

これは巨大な真空パックのようなもので
ギュンギュンに圧縮した洋服たちを
鉄製のワイヤーを使って専用の機械で
強力にぐるぐる巻きにした物です。

Veil-pack-1

洋服はとてもかさ張るのでこのように
圧縮した状態にしてから船で海外に
輸送したりするのですね。

このようなベールの中に入っていた
洋服は圧縮されてしまっているので
くしゃくしゃになってしまう訳です。

古着屋さんによってはこのように
なっている中古衣料をベール単位で
購入して、お店に出すので
シワくちゃの洋服が並ぶ事になります。

これは大量に中古衣料を扱う
場合に使われる手段です。

必ずしもすべての古着がこのように
扱われているわけではありません。

ちなみに、

古着屋ガレージセールでは先代の
社長の時代から古着をベールで
仕入れる事はありませんでした。

バイヤーがアメリカで一枚、一枚
厳選したアイテムを丁寧に梱包して
航空便で日本に送っていましたね

今回のG-1ジャケットについては
たまたま一枚だけ入手したので
洗ってみる事にしたのです。

洗剤は使わずに水だけで洗う

今回はシワを取る事が目的ですので
洗濯機を使い水だけで洗います。

汚れを取るためにガシガシと
ウォッシュをかけるわけでは
ありませんので、洗濯機で6分程度
洗いをかけてそのまま脱水したら
それで終了です。

その際の注意点です。

洗濯機を回している時に
袖などが絡まって引っ張られると
弱い部分や縫い目から革が破れる
可能性も否定できません。

これは革だけに限らず
普通のお洋服でも同じですね。

ですので、

気を使って洗う場合は
洗濯ネットなどに入れてから
洗うようにしましょう。

また、

お風呂の残り湯などを使える場合、
ぬるま湯で洗うのは良い方法だと
思います。

革は大体40度ぐらいの温度で洗うと
丁度良く、熱で縮む事もありません。

ただ、

残り湯を使用する際は
入浴剤などを入れているとその
影響がないとは言い切れません。

なので、そのような点も考えて
何も入れていないぬるま湯の状態で
使用されると良いと思います。

洗濯機で洗った革ジャンを保湿する

はい、

という事で洗濯機で洗った状態の
革ジャンがこちらです。

g-1-wash

細かい折りジワなどが
無くなっているのがお分かりに
なりますでしょうか?

水を含んで柔らかくなった所で
シワを伸ばしながら上手く
乾かして行けばこちらのジャケットも
着る事ができるようになるでしょう。

で、

今回は保湿を考えて乾かす前に
スプレーをしておく事にしました。

スプレーで保湿しておく事で、
革を一気に乾燥させず、縮みや
型崩れから防ぐ事が目的です。

水洗いした事で革の内部の
油分も抜けていますので、
乾燥した時に固くならないようにする
理由もあります。

上の動画で使用したスプレーは
【WOLY】の製品でしたが
現在では販売されていません。

それを更にバージョンアップさせた
直接的な後継モデルがこちらです。

nappacare
【M.モゥブレィ】ナッパケア

こちらはデリケートクリームを
スプレーにした物と考えて頂ければ
いいかと思います。

レザージャケットのお手入れには
絶対的に欠かす事のできない
必須アイテムです。

カーフやラム、ムートンなどの
シミになりやすい繊細な革にも
使用できますのでレザージャケットを
お持ちの場合はご利用になる事を
是非お勧めいたします。

g-1-wash-1

上が洗濯したレザージャケット【G-1】に
【M.モゥブレィ】ナッパケアをスプレーして
保湿した状態です。

この後、乾かしていく訳ですが
水を含んで重たくなった革ジャンを
そのままハンガーに吊るすと
重量で下に引っ張られて
変なシワができてしまいます。

ですので、

床に布を敷き、中にタオルを
たくさん入れて自然乾燥させていきます。

g-1-wash-0

肩や袖の中などにもタオルを入れて
形を整える事で、乾いた時に型崩れが
起きないようにする事ができます。

今回は床に置いて乾燥させましたが
ハンガーで吊るして干してはいけない、
という事ではありません。

その個体の状態を見て別に変なシワが
入りそうもなければそのまま干して
乾燥させて頂くのもありだと思います。

あまりにも重さで
引っ張られるようであれば
床に置いて乾かしてみて下さい。

乾燥させる際の注意点ですが、
直射日光などに当てて一気に乾かすと
革が縮んで型崩れする恐れがあります。

基本的に熱量を大きくして
水分を一気に飛ばすと
革は変形します。

乾燥機などはもってのほかです。

早く乾かしたいからと言って
ドライヤーの熱風などを
当てないようにして下さい。

風通しの良い場所で
数日間、自然乾燥させて
あげるといいと思います。

ポイントとしては
時折、引っ張ったりしつつ
形を整えながら時間をかけて
ゆっくりと乾かす事です。

革は基本的に水を含んで
乾く時に縮もうとします。

ですので、

まだ多少水を含んでいて
乾き切る前の段階で
少し伸ばしたりしながら
形を整えてあげる事で
キレイに仕上ります。

オイルを塗って保革をする


g-1-wash-2

こちらが丸一日置いて乾かした
レザージャケットです。

【洗う前】

g-1-wash-before

最初の段階と比べて大分シワが
取れているのが写真からも
分かるかと思います。

ここから最終的な仕上げとして
オイルを入れて、保革をしていきます。

今回使用するのはミンクオイルです。

普段だと店長青山はレザージャケットの
手入れにミンクオイルを使用しないよう
お伝えしています。

しかし、

今回は革ジャンの洗濯という
通常のお手入れとはまた違った
工程を行ってきました。

革から油分が普段以上に
抜けてしまっていると思います。

ですので今回は100%動物のミンクの
脂であるピュアミンクオイルを使用して
お手入れをしていきます。

100%ピュアなミンクオイル

ここで注意して頂きたいのは
ミンクオイルの種類です。

ミンクオイルというと有名なのは
黄色っぽくて缶に入っているような
お品かと思います。

しかしこれは、石油を化学合成して
ペースト状にした物をミンクに混ぜて
作ったオイルです。

このオイルですと、ジャケットが
ベタベタしてホコリが付きやすくなりますし
伸びが良くないので必要以上に油を
塗りたくる事になりかねません。

そうすると、

カビが生える原因の一つとなります。

では、どのようなミンクオイルを
使用すればいいのかというと

g-1-wash-3
【M.モゥブレィ】
ピュアミンクオイル

です。

こちらのオイルは100%動物の
ミンクの脂からできていて
白い色をしています。

もともと動物の油ですので
動物の皮膚である革に対して
すんなりと浸透して行きます。

塗る時は指で取ると体温で
程よく溶けてくれますので
そのまま革に薄く伸ばして
広げていく事ができます。

薄く伸ばす事ができ、
スムーズに革に浸透してくれるので
必要以上に脂を塗り過ぎる事が
ありません。

適度なオイルアップができるので
余分な脂を塗り過ぎて
カビが生える原因となる心配が
無いのです。

革ジャンの臭いやカビを除去

と、いう事で今回は革ジャンを
水で丸洗いした後に干して
オイルを塗ってみました。

【Before】
g-1-wash-before

【After】
g-1-wash-after

【洗う前】

g-1-wash-before-1

【洗った後】
g-1-wash-after-1

いかがでしょうか?

見違えるように綺麗になりましたね。

これならばシワを全く気にする事なく
着て頂けるかと思います。

レザーのジャケットを洗う事には
他にもメリットがあります。

今回はシワを伸ばす事を
目的としましたので洗剤は
入れませんでした。

しかし適切な洗剤を利用すれば
汚れや臭い、カビなどを除去する事も
可能になります。

一般的に革のジャケットを
お手入れする際には
街のクリーニング屋さんに出す、
という方が多いと思います。

革のジャケットのクリーニングは
大体一回に付き、6000円~位の
料金がかかります。

ちょっとしたものでしたら
1万円くらいは簡単にしてしまいます。

しかし、

基本的にクリーニング屋さんに
革製品を出すとドライクリーニングで
処置をしてくれるのです。

ドライクリーニングとは
石油系の有機溶剤を使用して
水を使わずに洋服を洗う方法です。

型崩れしない、色落ちが少ないなどの
メリットがあります。

しかし、

クリーニング屋さんに革ジャンを出すと
カビが落ちていない、臭いがとれていない
というケースが結構あります。

一万円近くお金を払っても
「当社ではこれが限界です」と
言われてしまうのです。

それは致し方のない事です。
クリーニング屋さんは悪くありません。

お客様の大切なレザージャケットを
預かって水洗いをした上、
それを台無しにする訳には
いかないからです。

革を水に濡らせば
目に見えるかどうかは別として
必ず収縮を起こします。

お客様からの預かり物に
何かあったら訴訟を起こされる
可能性だって否定できません。

クリーニング屋さんは

リスクを取ってキレイにする事に
トライするよりも、臭いや汚れは
取れなくても必要以上の事はしない、

という立場なのです。

カビたライダースも洗う事ができる

なので、

革のジャケットをクリーニング店に
出しても、満足のいく結果になるか
どうかは正直わからない、というのが
店長青山の見解です。

しかし、

もしあなたが自分で全ての責任を
取る事ができて、手間を惜しまず
チャレンジすることが可能であれば
革のジャケットは簡単に自宅で
洗う事ができます。

このままでは、
臭いが取れず着る事すらできない
ジャケットや、クリーニングに出したけど
カビが取れずに諦めている革ジャンは
処分するしかありません。

「どうせもう、捨てるしかない」

と言うのであれば捨てる前に
ダメで元々で洗ってみるのも
一つの手だと思います。

現在は洗濯用洗剤も
色々あるように実は革のジャケットを
洗うそれ専用の洗剤もあるのです。

leather-wash-ex
レザーウォッシュEX

大事にしていた革ジャンを
諦めて捨てるぐらいだったら
一回試してみるだけの価値は
充分すぎるほどあります。

レザージャケットを
自分で洗ってみるという
未知へのチャレンジは不安だと
思います。

しかし、

実際にやってみると
パラダイムシフトが起こります。

いかに自分が世の中の
固定概念にがんじがらめに
なっていたのかが解るような
不思議な体験ができると思います。

「革って普通に洗えるんだ・・。」

という目からウロコの体験を
してみるのは
ちょっとした冒険であり、
カルチャーショックであり、
すごく面白いですよ!

「人生で起こる事は
全て自分の責任だ!

てめぇのケツぐらい、
自分で拭けらぁ!」

というあなたは自己責任で
是非お気に入りのライダースを
洗ってみて下さい!

「え、どうしよう。。。

僕ちゃん不安・・・」

というあなたはママと
一緒にクリーニング屋さんへ
持って行って下さいね。

それではまた!

leather-wash-ex
レザーウォッシュEX

※ お勧め参考記事
【映画『TOP GUN』でトムクルーズが着たG-1】

合わせてお読み頂くと
今回の革靴に対する理解が
より一層深まります。

=======================
●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から徒歩3分
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。
garagesale
● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

変な広告も一切入りませんし、
解除も簡単にすぐできます。
ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の
『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================
※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket