park-avenue-allen-edmonds
2000年【Allen Edmonds】
『PARK AVENUE』 CAP TOE

店長青山です、

先日、新入荷した革靴を
ご紹介していきます。

今回は当店でも人気の
アレンエドモンズの中で
一番人気と言っていいでしょう。

シンプルな内羽根式キャップトゥの
パークアベニューです。

【Park Avenue】については
こちらの記事も参考に
してみて下さい。

アメリカ大統領が就任式で履く靴

 

park-avenue-allen-edmonds-6

ここで

アレンエドモンズ年代判別法

をおさらいしてみましょう。

上の写真で右下にある
4桁の数字は『3520』です。

この末尾の『0』は製造年を
表しています。

今回はインソールに入る
ブランドロゴからして
2000年の品と推測できます。

左側にある数字の『5615』は
この革靴の品番となります。

park-avenue-allen-edmonds-2

それではこちらの
WEBサイト上のカタログから
確認してみます。

【Allen Edmonds】カタログ

2000年秋のカタログを
クリックして9ページ目を
みて下さい。

こちらのシューズが
確認できます。

park-avenue-2000
5615 Black Custom Calf

今回のカタログでは
『5615』がパークアベニューの
ブラックカスタムカーフ
となっていますので
間違いなさそうですね。

park-avenue-allen-edmonds-3

park-avenue-allen-edmonds-4

park-avenue-allen-edmonds-5

park-avenue-allen-edmonds-1

パークアベニューは
内羽根式のキャップトゥですので
甲が高かったり、足幅が
広めの方は敬遠してしまう形
かもしれません。

しかし、

今回の一足はウィズが
「E」という事で割と
幅広のモデルとなっています。

アッパーの状態も良く、
足幅が広い方で質の良い
CAP TOEをお探しだった
場合はとてもおススメですよ。

是非一度実物を
確認してみて下さいね。

それではまた!

park-avenue-allen-edmonds
2000年【Allen Edmonds】
『PARK AVENUE』 CAP TOE
サイズ  8 1/2 ウィズE
(目安26 cm~27cm 位)
¥27000-(+tax ¥2160-)

※おすすめ参考記事

shellcordvan-allen-edmonds-leeds
デッドストック シェルコードバン
【Allen Edmonds】LEEDS

 

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回
【Allen Edmonds】の
パークアベニューに使用した
クリームは

サフィールノワール クレム1925
【サフィールノワール】
クレム1925
【ブラック】です。

今回は上質なカーフレザーですので
まずは

『たっぷりと保湿を行う』

事にしました。

革靴のお手入れで最も
気を使わなくてはいけない事の
一つは

『 乾燥から革を守る 』

事です。

そのため、

靴クリームを使用する前に
乾燥から革を守るのクリームを使って
革に潤いを浸透させていきます。

その際に使用するのは

delicate-cream-black
【M.モゥブレィ】
デリケートクリーム
(ブラック)

です。

デリケートクリームは
革のコンディションを
整える際にまず使用したい
クリームです。

主に保湿を目的とした
クリームとなります。

油分やロウ分などを

『革に入れる前』

に使用します。

今回は黒い革靴でしたので
デリケートクリームも
ブラックを使用しました。

本当に若干ですが、
無色の物よりもほんのりと
色が革に入りますので
ブラックの革靴に使う時には
お勧めです。

そしてその後
サフィールのクレム1925を
使用しました。

中古の革靴から強い
黒光りの輝きが欲しい時には
サフィールのクレム1925が
活躍します。

最高品質のビーズワックス、
シアバター、カルナバワックスなどの
天然原料を厳選して使用し
配合されているクリームです。

成分のシアバターが高い浸透性で
革に潤いを与え、ビーズワックスが
カーフレザーの革靴にも
上品な光沢感を出してくれます。

乳化性クリームなのですが
仕上げに、固形ワックスが
必要ないほど良く光ります。

まだ試したことのない場合は
是非一度、ご利用になる事を
お勧めいたします。

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============