80s【HANOVER】 LONG WINGTIP
MADE IN USA 

店長青山です、

新入荷で革靴が入ってきています。
その中から今日は1980年代ぐらいの
【HANOVER】ハノーバー をご紹介です。

バーガンディのロングウイングチップに
なります。

今回のお品で、特徴的な部分は
ロングウイングの羽根の形状です。

つま先部分から伸びてきた羽根が
カカトの部分で切り返しになっていて、
上方に向かってクルンと巻き上がっています。

普通のロングウイングチップは
この部分が真っすぐに後ろまで
伸びてきて、カカトで収まるのです。

●普通のロングウイングチップの形

●古いロングウイングチップの形

こうして比べて見ると
わかりやすいですよね。

これからロングウイングチップを選ぶ時は
この部分にも着目して探してみて下さい。

クルンと巻き上がっている革靴は
そうそう簡単には見つからない事が
理解して頂けると思います。

この形状はアメリカのLONG WINGTIPだと
おおよそ1960年代ぐらいに生産された
ディテールになります。

なので、
ヴィンテージに詳しい方がこの靴を履いている
あなたを見ると、カカトまで伸びてきてから
巻き上がっているここの部分のおさまりを
確認するだけで

「 あぁ、古くて良い靴履いてるね。」

と、言ってくれるのです。

ただ、この巻き上がっている形状も
【HANOVER】に関して言えば
1980年代まで作っていたようです。
今回のお品はインソックの文字などから
その80年代のお品だと思います。

とはいえ、
すでに30年以上も昔の革靴になりますし、
特殊な形ですからもうヴィンテージと言って
いいかと思います。

アウトソールの減りも少なくきれいです。
まだまだ、これから十分に履きこんで
頂けると思います。

もちろん、
グットイヤーウェルテッド製法ですので
アウトソールが減ってきたら、修理に出して
靴底を張り替えて頂く事も可能です。

そしてこのお色ですね。

この形状をした80年代の【HANOVER】も
黒のロングウイングは見かけるのですが
バーガンディは滅多にでません。

カジュアルで普段使いにジーンズなどで
履いても合わせやすいですし
ネイビーのスーツなどで足元に
持ってくるのもいいです。

このお色を探していた時には
是非お勧めいたします。

そして!

ただ今、創立27周年記念キャンペーン中です!

4月30日までの間にこちらの革靴を
現金でお買い上げ頂いた
無料メルマガ読者様には

ロックTEE ¥3400-(税込¥3672-)

70s柄TEE¥3400-(税込¥3672-)

合計¥6800-
(税込¥7344-)

のプレゼントがあります。
今回限りの超お得なプレゼントです!
逃すと次はありません。

キャンペーンの詳しい内容はこちらで
絶対に確認しておいてくださいね!

創立27周年記念キャンペーン

それではまた!


80s【HANOVER】 LONG WINGTIP
MADE IN USA 

サイズ 9 1/2 ウィズD (目安27cm~28cmくらい)
¥16900-(+tax ¥1352-)

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

今回の【HANOVER】のロングウイングチップ、
写真で見たら、一瞬

「 コードヴァンか!?」

と思うような美しさですが
表面をコーティングしてある
ガラスレザーになります。

ですので、

傷などが出来た場合、通常の染料が
入っている乳化性クリームでは
革に浸透せず補色ができません。

その場合何を使用するのかというと

【M.モゥブレイ】
コードバンクリームレノベーター

です。

こちらは名前の通り、
コードバン靴用のクリームです。

特殊なカラーワックス配合により
コードヴァンを鮮やかに蘇らせて
補色します。

保革(栄養)効果もあり
美しい光沢感出してくれるのです。

このようなクリームなのですが
補色力があるので実は補色として
ガラスレザーにも使用できます。

ガラスレザーの表面に乗せるように
布でうすく塗った後、ホースブラシで
円を描くように軽くブラッシングを
してください。

一度でたくさん塗り込むのではなく
薄く何回も重ねて塗った方が
傷を隠すうえでは効果的です。

クリームの色は7色あります。

使用する革靴の色に合わせて
ご利用下さい。

バーガンディの革靴の場合は
ボルドーの色を選ぶと
近いと思います。

参考にしてみて下さい。