U.S.AIRFORCE 実物本物【CWU-45/P】FLIGHT JACKET

cwu45p
【CWU-45/p】MIL-J-83388B 

 

店長青山です、

アメリカ空軍実物本物のフライトジャケットを入手しました。耐熱繊維の芳香性アラミドを使用した【CWU-45/p】です。

 

背中にアクションプリーツの付いた【CWU-45/P】のモデルとしてはセカンドタイプとなります。

 

cwu45p-3

 

難燃性【NOMEX】(芳香性アラミド繊維)を使用

 

このジャケットに使用されている繊維であるNOMEX(ノーメックス)はアメリカのデュポン社が開発したものです。

 

今では通称となっているノーメックスですがこれはデュポン社が商標登録を行っている商品名となっています。

 

一般的には芳香性アラミド(ポリアミド)と呼ばれるこの素材は難燃性の耐熱繊維で

 

【摂氏400℃の直接的な熱に1分間耐えられる】

 

という特徴を持ちます。

 

【CWU-45/P】はMA-1の流れを継承しているインターミディエイトゾーン(-10℃~10℃)対応のジャケットです。

 

実はこの前身となるモデルの【MA-1】には致命的な弱点があり、ベトナム戦争当時に大きな問題となりました。

 

【MA-1】はボディがナイロンで製造されていたのでその性質上、熱にとても弱かったのです。

 

その為、戦闘機が被弾したり撃墜されるなどの緊急発生時にコックピットが炎に包まれるとナイロン素材のMA-1も燃え上がり多くのパイロットが命を落としました。

 

一瞬で爆発的に燃えるジェット燃料を積んだ戦闘機の時代になってからは炎をブロックする能力がフライトジャケットにとって必須の条件となっていました。

 

このベトナム戦争時の苦い経験を元に1973年に開発されたのがJ-CWFS(MIL-J-83388A)になります。

 

cwu45p-1

 

このジャケットに【CWU-45/P】という名前が付いたのは1977年です。

 

【CWU-45/P】はとても優秀なフライトジャケットで、1973年に芳香性ポリアミド耐熱繊維を使用したジャケットが初採用されてから
現在に至るまで継続して使用され続けています。

 

この【NOMEX】を使用した【CWU】系のジャケットは

 

【U.S.NAVY】アメリカ海軍
【U.S.AIRFORCE】アメリカ空軍
【U.S.ARMY】アメリカ陸軍
【U.S.MARINE】アメリカ海兵隊

 

に加えて、フランスやイギリスドイツをはじめとする欧州各国や中東、中南米、アジアの国々の国防組織で正式採用されています。

 

今回のお品はその【CWU-45/P】の中でもセカンドモデル、【MIL-J-83388B】です。

 

【MIL-J-83388B】アクションプリーツ有りのセカンドモデル

 

cwu45p-2

 

今回の【CWU-45/P】において特徴的なのは背中のアクションプリーツです。

 

cwu45p-4

 

このディテールはモデル【MIL-J-83388B】でも1980年の製造品までに残るデザインです。セカンドモデルの中でも前期型と言えます。

 

このアクションプリーツは1981年のコントラクトからは取り除かれてしまいます。

 

理由としてはコックピット等の狭い機内でプリーツが何かに引っかかる可能性を排除するため、という事だったようです。

 

【CWU-45/P】においてこのアクションプリーツは初期のBモデルにまでしかつかない貴重なデザインで世界中のフライトジャケットファン、ミリタリーマニアの狙い所となっています。

 

cwu45p-7
JACKET, FLYERS’, COLD WEATHER
TYPE  CWU-45/P

cwu45p-8

 

上部のラベルはかすれてしまって正確には判別できませんがミルスペックやコントラクトナンバーがあるのが確認できます。

 

【MIL-J-83388B】からは角の部分を落とした前立て

 

cwu45p-5

 

今回こちらのモデルがBモデルと判別できるのは、フロントジップの内側にある前立ての上部の形です。

 

ミルスペックの【MIL-J-83388A】まではこちらの前立ての角部分が直角となっています。

 

【MIL-J-83388B】からは角の部分を落としたデザインとなりますので、こちらはBモデルと判定できます。

 

cwu45p-6

 

フロントのジップは【SCOVILL】社の大型の物。これは【MA-1】でも採用されていた形ですね。

 

そして今回のジャケットで面白いのはこちらのワッペン。

 

【SNOOPY】の【The World War 1 Flying Ace】エンブレム

 

cwu45p-9
【Target Mark Emblem】

flyingace
【SNOOPY】【The World War 1 Flying Ace】

 

これらのワッペンは実物本物のフライトジャケットに後から前の持ち主の人が付けた物かもしれません。

 

ターゲットマークに飛行機の機体がデザインされたワッペンとスヌーピーのフライングエースのパッチです。

 

この【SNOOPY】の【The World War 1 Flying Ace】は実際のアメリカ空軍が使用していたワッペンでも見られるキャラクターです。

 

かつて、アメリカ軍のワッペンではアニメのキャラクターもよく使用されていました。

 

有名な所だと第二次世界大戦中はミッキーマウスなどもスコードロン・パッチにデザインされています。

 

当時はウォルトディズニーが軍に協力してデザインしたり映画をつくったりしていたのです。

 

そのため彼は積極的に戦争に加担した者、として後に批判を浴びる事にもなります。その辺りについては過去の記事を参考にしてみて下さい。

 

ディズニーデザインの【SEEBEES】

 

今回のフライングエースですが彼はスヌーピーが変装する人物の一人で第一次世界大戦中の撃墜王。戦闘機を操りライバルのレッド・バロンと空中戦を繰り広げています。

 

ちなみにレッド・バロン(赤い男爵)とは本当に存在した人物。

 

第一次世界大戦中で最高の撃墜機記録をもつドイツ軍エース・パイロット、マンフレート・フォン・リヒトホーフェンの異名です。

 

彼は自身の戦闘機を赤く着色していた事から敵国からは赤い悪魔とも呼ばれました。

 

宮崎駿監督映画「紅の豚」のポルコ・ロッソや機動戦士ガンダムで「赤い彗星」の異名を持つシャア・アズナブルはレッド・バロンをモデルにしたとも言われています。

 

このレッド・バロンとの戦いを続けるフライングエースですが夜になるとカフェに行き【ROOT BEER】を飲むのが習慣。

 

ルートビアとはアルコールの入っていない炭酸飲料ですね。

 

flyingace-1

 

フライングエースが持つこのルートビアのジョッキには

81
14

という数字が入っています。

 

これの数字の意味が謎ですね。。。

 

81年という事なのか? それとも実際に存在した部隊のナンバーなのか? 興味が尽きない所です。

 

この【NAME PATCH】にある『RICHARDS』さんに聞いてみたいですね。

 

【MA-1】の後継モデルが【CWU-45/P】

 

cwu45p-3

 

店長青山は個人的にCWUがとても好きで周りが誰しもみんな【MA-1】を着ている時代にも自分だけは【CWU-45/P】を着ていました。

 

【CWU-45/P】のみならずライトゾーンに対応する【CWU-36/P】も着用していました。

 

【CWU-36/P】は【CWU-45/P】に対するSUMMER FLYER’S JACKETです。

 

【MA-1】の後継モデルが【CWU-45/P】だとすると【CWU-36/P】は「L-2B」にあたります。どちらも本当によく着ていました。

 

アクションプリーツ付きも必死になって探しましたし、これまでにかれこれ3着ぐらいは持っていたと思います。

 

このジャケットは本当に動きやすく着ていても楽ちんです。

 

当時はまだマニュアルの車を乗っていましたので、冬になるとこの【CWU-45/P】を着た上でシートベルトを閉め、車を運転してパイロット気分を味わってました。(笑)

 

これは凄い!と思ったのはジャケットを着たままなのにホントに楽に車を運転できるんですよ。

 

そりゃあ、一機で何十億円もするジェット戦闘機のパイロットが着るジャケットですから車くらい運転できますよね。

 

そんなに気に入っているのになぜ過去形なのかというと個人的な品はサイズが合わなくなって全て手放してしまったからです。

 

一時期マックスで今より15kg以上太っていましたので当時集めたフライトジャケットが合わなくなってしまったのです。。

 

気に入っていた「G-1」もそれで泣く泣く手放した位でしたからね。

 

それが無ければ今でもあの【CWU-45/P】達を着ている事は間違いありません。

 

もう一回欲しいんですけど今回のような本当にいい品が手に入らないのです。なので自身の個人的な品は地道に探していきます。

 

さて、今回のお品は【CWU-45/P】で見られがちな縫製部分の糸飛びもなく、かなり良好な状態です。

 

ノーメックス繊維は弱点として紫外線などで日焼けをしてしまうのですが今回の品はそれも全く見られません。

 

難燃性の糸で編まれたニットリブもキレイですし穴など全くありません。

 

サイズは

SMALL【 34 – 36 】

と、日本人の方だとMサイズ位の大きさ。

 

これまた【CWU-45/P】では中々見つからないサイズ感となっています。

 

現代にいたるまでジェット戦闘機パイロットが着用する最強のフライトジャケット【CWU-45/P】。

 

当店ではなんと7年ぶりのご紹介です。状態の良い【CWU-45/P】は本当に手に入りません。

 

しかも今回はセカンドモデルでアクショプリーツ付きというレアアイテム。

 

気になるあなたは是非一度、実物を見に来てください!

 

それではまた!

 

cwu45p
【CWU-45/p】MIL-J-83388B 
サイズ  SMALL 【34-36】
¥32000-(+tax ¥2560-)

Flight-Jacket-g-1

1969-g1-jacket
極上品1969年ゴートスキン
ビンテージ【G-1】フライトJK


【映画『TOP GUN』でトムクルーズが着たG-1】

動画

=======================
【古着屋ガレージセール メルマガ】
当店の公式情報は無料メールマガジンから入手できます。ご登録がまだの時は下にあるフォームの枠内にカーソルを合わせた後、お名前などを記載してフォームの下の『確定』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

========================