alden-captoe-peter-richard
旧ロゴ【ALDEN】923 CAPTOE
PeterRichard 別注品

店長青山です、

新入荷の革靴をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介するのはオールデンのキャップトゥ、モデル923です。

 

しなやかなカーフレザーを使用したバーガンディのお品となります。

 

Peter Richard GENTLEMEN’S CLOTHING

alden-captoe-peter-richard-3

 

今回のお品、インソックの片方には

 

Peter Richard
GENTLEMEN’S CLOTHING

とのロゴが押してあります。

 

詳細は解りませんがこの【Peter Richard】というブランドかお店が【ALDEN】に別注品として作らせたモデルかと推測されます。

 

alden-captoe-peter-richard-5

 

そしてこちらはオールデンの旧ロゴです。

 

こちらは1980~90年代にかけて使われていたロゴです。

 

それでは今回の一足の記載を見て年代判別を試みてみましょう。

 

オールデン記載文字の意味と年代判別方法

alden-captoe-peter-richard-6

 

今回は別注品という事で年月の部分が2桁の印字となっていますがオールデンのモデルでは通常4桁の印字となっています。

 

オールデンの年代判別方法

alden-captoe-peter-richard-7

 

実際に記載の印字を見てみるとこのようになっています。

 

赤枠の数字は靴の長さ(レングス)です。一般的にサイズと呼ばれているものになります。

 

この靴の場合は「8」がレングスとなります。

 

白い枠のこの靴のウィズです。(本来は足囲『ガース』ですが便宜上ウィズと呼びます。)オールデンの場合は分数のように記載されたアルファベット

 

「 B / D 」

 

の下にある文字がウィズとなります。

 

ちなみに分母に当たる「B」はカカトの大きさ、ヒールカップのサイズを表しています。基本的にウィズより2つ小さい文字であらわされています。

 

そして黒い枠で囲われた数字がモデル品番です。型番とも呼ばれます。

 

今回のモデルは「923」が品番です。

 

そして青い枠で囲われた部分がこの靴の製造年月を表しています。

 

この2ケタの文字は製造の

【 年 / 月 】

を表しています。

 

左側の数字はそのまま製造年の末尾を表します。

 

今回は「2」ですので

西暦 ○○○2年

の製造ということです。

 

右側のアルファベットは

A・B・C・D・E・F・・・

となっていくごとに

1月・2月・3月・4月・・・

を示しています。

 

今回は「 J 」 なので10月の製造品となります。

 

そして旧ロゴの印字や内部のライニングがオールレザーであったりする点などから今回のお品は

 

1992年10月製造品

 

のオールデンであろうという事が推測できるのです。

 

あなたが【ALDEN】のオーナーである場合は中の印字を確かめて製造年月を推測してみると面白いかと思います。

 

alden-captoe-peter-richard-1

alden-captoe-peter-richard-2

 

今回の【ALDEN】は旧ロゴという事で革質も更に良いですし、柔らかな履き心地で足をくるんでくれる事は間違いありません。

 

ご覧のようにアウトソールの状態もきれいですので、まだまだこれから履き込んで頂ける事と思います。

 

alden-captoe-peter-richard-4

 

当店でも久しぶりに入荷があった旧ロゴのオールデン。

 

なんやかんやいってもアメリカ古靴好きであればやっぱり一度は履いてみたいブランドではないでしょうか?

 

中古では探すのが難しい日本人サイズですので履けそうなあなたは是非一度実物を見に来てくださいね。

 

それではまた!

 

alden-captoe-peter-richard
旧ロゴ【ALDEN】923 CAPTOE
PeterRichard 別注品
サイズ 8 ウィズD
(目安 25.5cm~26.5cm 位)
¥35000-(+tax ¥2800-)

 

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回の【ALDEN】923のお手入れに使用したクリームは

 


【M.モゥブレイ】
クリームナチュラーレ

【ニュートラル】(無色)

 

です。クリームナチュラーレはM.モゥブレィブランドのハイグレードライン皮革用クリームとなります。

 

今回は上質なカーフレザーのオールデンでしたのであえて色を入れずにニュートラルを選んでいます。

 

ニュートラルを入れるだけでもトーンが落ち着いて、色目が暗くなると判断したからです。

 

基本的に革靴のクリームには

【新品】【デッドストック】

の場合、ニュートラルを使用します。

 

もしくは色の補色が必要のない場合です。

 

無色のクリームでも油分などの栄養が浸透すると革質のトーンがそれだけでも落ち着いて暗めになるのでそれだけで多少の補色効果が見られます。

 

今回はあえて補色をしなくても充分、トーンが落ち着きました。

 

また、ニュートラル(無色)を使用するとシューメーカーが靴を作った際に表現したかったオリジナルの革の色をそのままある程度の期間、楽しむ事が出来るという利点があります。

 

しばらくしてから今回の革にしっかりとした補色をしたくなった際には

 

cream-naturale-burgundy
【M.モゥブレィ】
クリームナチュラーレ
(バーガンディ)

を使用します。

クリームナチュラーレはシダーオイル、パームオイル、ビーズワックス等の天然油脂を主成分とした、有機溶剤を使用していないナチュラル成分のレザークリームです。

 

皮革に潤いとツヤ、柔軟性を与えコンディションを良くします。

 

べたつかずに自然な仕上がりになるのでビンテージの上質な革の手入れにもぴったりなクリームです。

 

オールデンなどの高級革靴のお手入れには是非こちらをお勧め致します。

 

 

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============