DSCF1448_400
1992年製【U.S.NAVY Service Shoes】
アメリカ海軍実物本物【CRADDOCK-TERRY】社 

店長青山です、

本日は当店のある津田沼でも
雨の空模様です。

ただ、

雨の日でも革靴を履いてお仕事に
行かなければならなかったり
するわけですよね。

そんなの時にレザーソールの革靴だと
雨でぬれた駅のコンコースとか
すごく滑ってしまいます。

僕も実際に雨の日に革靴履いていて
駅でコケたことがあります。
恥ずかしいというより
本気で危なかったです。

で、

雨の日にお仕事でも履いていける
ような革靴はどれかと言えば

アメリカ海軍サービスシューズ

をお勧めいたします。

DSCF1450_400

アメリカ海軍のサービスシューズの
正式名称は

“Dress Oxford Shoes
(ドレス・オックスフォード・シューズ)”。

アメリカ海軍の正装用の
レザーシューズになります。
外羽根式のプレーントゥで、
色はブラックです。

正装用と言うだけあって
フォーマルな場面はもちろん、
ビジネスでも使えます。

プライベートでのジーンズなど
カジュアルスタイルにもよく似合うので
まさに万能なシューズと言えます。

DSCF1451_400

DSCF1452_400

今回のお品は1992年製です。

アメリカ海軍のサービスシューズは
1980年の初頭からアウトソールが
レザーからラバーソールに変更しています。

このラバーソールがグリップ力もあり
とても歩きやすいのです。

レザーソールのように雨の日などでも
アウトソールの表面から靴の中へと
水が染み込んでくることがありません。

アッパーはガラスレザーで作られているので
多少の水滴ぐらいであれば、表面で
はじいてくれます。

雨の日にはとても心強い靴なのです。

DSCF1454_400

サービスシューズが雨の日でも
履きやすいというのは、実を言うと
古靴をお好きな方の間では
割と知られた話です。

ですので、

毎年、梅雨時期になると
サービスシューズをお探しになる
古靴ファンの方も多いのですが
いかんせん

「 物がない! 」

ただでさえ、状態の良い
サービスシューズは枯渇してきています。

雨が降りそうだからという時に
なってから探しても、自分の足に合う
サービスシューズが手に入るとは
限らないのです。

なので、

サービスシューズに関しては
状態が良くてサイズの合うものがあれば
手に入れられるときに選んでおくことを
おススメします。

急な雨降りでも、慌てずに
革靴のローテーションの中に
組み込むことができますしね。

DSCF1455_400

今回のサイズは少し大き目の

サイズ 10 ウィズ W

目安は 27.5cm~28.5cmくらいの方です。

縦のサイズもさることながら
ウィズが W と幅広です。

足の幅がとても広かったり
甲が普通の人よりもかなり高かったり
右と左で足のサイズが変わっていて
靴に当たって痛い人に特におすすめです。

ちなみに、

各サービスシューズのサイズの後にある
アルファベットの表記ですが、
靴の幅を表しています。

N = Narrow (細め)

R = Regular (普通)

W = Wide   (広め)

の意味になります。

今回のサービスシューズは
【CRADDOCK-TERRY】社製。

サービスシューズを生産していた
会社の中では一番と言っていいほど
多く海軍に納入していたのでは
ないでしょうか。

とても履きやすい一足です。

サイズの合う方は是非
一度試着してみて下さいね。
それではまた!

動画

DSCF1448_400
1992年製【U.S.NAVY Service Shoes】
アメリカ海軍実物本物【CRADDOCK-TERRY】社
サイズ 10 ウィズW(目安27.5cm~28.5cmくらい)
¥15900- (+tax ¥1272-)

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============