DSCF2333_400

DSCF2339_400

ある種の人にとって靴のお手入れは
とても楽しいものです。

仕事や勉強はすぐに成果がでないけど、
革靴は磨けば20分後にはピカピカに
なってくれます。

しかも、きれいな靴を履いている人は
誰に対しても好印象を与えることが
出来るという、まさにいい事ずくめの
趣味です。
誰にも邪魔されたくない
休日の楽しみなのです。
靴が磨かれていく様子をみていると、
心も落ち着いてきます。

女性は編み物をしていると
心に良いといいますが
男性にとっては靴磨きが
まさにそうですね。

DSCF2335_400

DSCF2337_400

そして、磨けば磨くほどシューケア用品にも
こだわりたくなり、色々なブラシやクリームが
増えていきます。

そして思うのです。
「こいつらを入れる、
ちょうどいい箱がない・・・」
せっかく靴磨きで気分も良くなったのに
それをしまうのが、
ボール紙でできた空き箱だと
テンションも下がってしまいます。

DSCF2342_400
DSCF2348_400

確かにシューケア用品をいれる
木のボックスなどは販売されています。

しかし、結構高いです。。。

色々なシューケア用品を
すべて入れられそうな
木箱だと2~3万円くらいします。

しかも何が困るって、

「シューケア用品とのセット」

になっていることなんです。

「いや、もうクリームとか持ってるし、
オレは入れ物の箱だけ欲しいんだよ!」

って思いますよね?

使いたいクリームとか、ブラシとかは
お気に入りのメーカーがそれぞれ
すでにあるわけで。

単一ブランドのシューケアセットが
ついた木箱はいらないんです。

雰囲気があって、手ごろな値段の
木箱が欲しい…

で、店長青山ずっと探していました。

そうしたらありました!!

ようやく、ようやく手に入れました。

ヒントはヨーロッパから来た軍物の
装備の中にありました。

雰囲気もあって、インテリアとしても
優れています。

玄関に、お部屋において頂ければ
これでもうストレスなく、
靴磨きを楽しむことができます。

全て一点一点表情が
違うビンテージです。

まずこちらはポーランド軍のアンモボックス。
ウッドでできたメタルフレームのものです。

DSCF2333_400

DSCF2339_400

サイズは

55×35×25cmです。

箱についている文字などは
それぞれ違っているので
あなただけが持っている、ただ一つの
道具入れになりますよ。

ちなみに

「アンモボックスってなんだ?」

って思いますよね。

アモ とか アンモ というのは

【アムニッション(AMMUNITION)】

の略で弾薬のことです。

これはヨーロッパで使われていた
実物本物の弾薬箱なんですね。

で、次はこちら。

チェコ軍 アミニッションボックス
ウッドです。

DSCF2340_400
DSCF2348_400

こちらは
35×20×30cm
の大きさになります。

先ほどの物と同様、
実物本物の弾薬箱になります。

どちらも丈夫で使い勝手の良い
大きさです。

フタもついているので、
玄関やお部屋もすっきりと
見せることができます。

磨き終わった靴をこの箱の上に
乗せて携帯で写メをとったら簡単に
お手入れ記録もできますよ。

色々とアイデアを出して、自分だけの
楽しみを見つけてくださいね。

それではまた!

DSCF2333_400

DSCF2337_400

ポーランド軍 アンモボックス
ウッド メタルフレーム
¥6900-(+tax ¥552-)

DSCF2342_400

DSCF2348_400

チェコ軍 アミニッションボックス
ウッド ¥6900-(+tax ¥552-)

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============