DSCF6738_400
【VASCO】CANVAS×LEATHER CITY MAILBAG BEIGE

店長青山です、

【VASCO】ヴァスコのアイテムを今年の春に
個人オーダーされていた方のアイテムが
徐々に上がってきています。

今回もお客様にお願いして
ご注文のバッグの写真を取らせて頂きました。

モデルとなって頂いたのは
サイトウさんです。
いつもありがとうございます。

本日のアイテムは
CANVAS×LEATHER CITY MAILBAG BEIGE
です。

1960年代ぐらいまで、
アメリカの郵便局員が使用していた
バッグにシティコレクションという
シリーズがあります。

今回の【VASCO】では、
そのシティコレクションを
パラフィン加工の帆布を使用して
再現しています。

帆布というのは、綿や麻を使って
平織りで織られているの生地のこと
をいいます。

文字通り、帆船の帆などに
使用される丈夫な生地です。

トラックの荷台にある荷物を
雨風やほこりから防ぐためにかけておく
幌(ほろ)にも使われたりしますね。

DSCF6742_400

帆船の命ともいえる帆となったり
トラックの荷台で荷を守ったりする
生地ですから耐久性は抜群です。

帆布は厚みによって
「号」という段階に分けられます。

0号から11号まであり0号が
一番厚くて重く、11号が一番
薄くて軽くなっています。

今回のアイテムでは9号の帆布を
使用しています。

いつもは古いシャトル機で織った
キャンパス地を使用することが多い
【VASCO】ですが、それらの物より
生地の目が細かい感じです。

これにより、生地の表情が滑らかに
仕上がっています。

そして今回のアイテムで
使用されているのは
ただの帆布ではありません。

「パラフィン加工」が
施されているんです。

パラフィン加工とは生地を
「ロウ」に漬けたりして
表面をコーティングしてある
ものを言います。

帆布は綿や麻を使うので
そのままでは水を吸ってしまうんですね。

パラフィン加工というのは
それを防ぐ「撥水」のための
加工です。

DSCF6714_400

パラフィン加工の帆布は
使い始めのうちは若干の
固さを感じるかもしれません。

ですが、使いこんでいくうちに、
なじんでだんだん柔らかく
なっていきます。

そしてもう一つパラフィン加工の
特色があります。

エイジングを楽しめる生地なんです。

こすれるとデニムの生地のように
「アタリ」が出てきます。

折り目の部分に線が浮き出る
「チョークマーク(白化)」
と呼ばれるものも、
この生地の特色です。

これが何とも言えない魅力的な
雰囲気をかもし出して
くれるんですよね。

DSCF6750_400

実はパラフィン加工の帆布は
バッグを作るのがとても
大変な生地でもあります。

加工なしの帆布でバッグを
作る場合は縫製を間違えても
ほどいてまた、縫い直すことが
できるんです。

ところがパラフィン加工がされていると、
間違って縫った所に跡が残ってしまいます。

ロウでコーティングした生地に
穴が開くとその部分が
わかってしまうので
やり直しがまったくききません。

一発勝負で仕上げる必要が
出てきます。

職人の腕が問われる
生地になるんですね。

このバッグをラインナップに
上げてくるあたり、BAGメーカーとしての
【VASCO】の実力がうかがい知れます。

とても興味深いシリーズを次々に
打ち出してくる【VASCO】。
これからの展開も目が離せませんね。

そして今回のシティメールバッグに関しては
残念ながら当店には在庫がないので
販売することができません。

今現在、当店に在庫がある【VASCO】のアイテムは
こちらのバッグです。

DSCF6678_400
【VASCO】ヴァスコ LEATHER TRAVEL TOTE BAG 
¥35000-(+tax ¥2800-)

こちらのバッグの詳細を知りたい方は
下の文字をクリックしてください。↓
【VASCO】LEATHER TRAVEL TOTE BAG 
在庫は【1点のみ】ですので
気になる方はお早めにどうぞ。

それではまた!

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============