【VASCO】LEATHER CITY MAIL BAG SMALL
【BLACK】

店長青山です、

新入荷の【VASCO】ヴァスコのバッグをご紹介します。

 

この【VASCO】のバッグは全て受注生産となりますので、当店では個人オーダーをかけたお客様だけが入手できるアイテムです。

 

なので、通常であればお客様に受注から納品まで半年から1年ほどの生産期間をお待ち頂いております。

 

ですが、今回のお品はガレージセールの店舗在庫分となりますので、どなた様でも今すぐにお買い上げ、お持ち帰り頂けます。

 

このレザーシティメールバッグのスモールサイズ関しては、2016A/Wコレクショだけで展開されたモデルです。

 

2017年S/Sコレクションではすでに生産されていない形になります。

 

今後、再びラインナップに上がらなければ今回限りの、二度と入手不可能なモデルとなりますのでかなり貴重です。

 

 

今回のメールバッグは1 9 6 0 ~ 7 0 年代頃、米国の都市部のポストマンが使用していた物をベースにしたバックです。

 

都市部の郵便局管轄管内で集荷専用に使用されていた口金開閉式の入口を採用しています。

 

 

とても機能性に優れたモデルで、利便性のよさが特徴です。

 

 

ショルダーは馬具などの補強に使われる、米国製コッパーリベットが打ち込まれています。

 

バッグに使用されている革は姫路産のフルベジタブルタンニンキップレザーとカウレザー。

 

【丘染め】 と呼ばれる伝統的な手染め製法で染め上げたあとにオイルを染みこませてヴィンテージのような深みのある風合いを出しています。

 

【丘染め】とは19世紀にイタリアのサンタクローチェ地方で生まれた技法で、色の濃淡や味わい深く経年変化するのが特徴です。

ここで話が少しそれますが

 

レッドウイングの古いブーツなどで【茶芯】と呼ばれるビンテージ物があります。

 

これは履き込んでいくうちに革の表面の黒い色目が落ちて来て下地の茶色が見えてくるような革を使用しているブーツです。

 

現行品では決して出ない味わいで中古市場では人気、価格ともに特に高いブーツとなります。

 

今回のお品はその茶芯のレザーです。

ヘリの部分が茶色く変化しているのがお分かりになりますでしょうか?下地から茶の色がのぞいて一点物の風合いを出しています。

 

 

ベジタブルタンニンレザーを伝統的な手染め製法で一枚一枚丁寧に染め上げ、そこからさらにオイルを染みこませることで表情を出しています。

 

これにより、コゲ感のあるヴィンテージのような深い色合いの雰囲気に仕上がっているのです。

 

そんな【丘染め】なのですが昨今では手染めができる技術のある皮革職人は世界でも有数の存在となっています。

 

【VASCO】のクラフトマンは長い歳月、試行錯誤を重ねた結果、技を熟成させこのたぐいまれな技法となっている【丘染め】を使ってバッグを創り出しています。

 

 

インナーの裏地には生成りのCOTTON100%【1 1 号帆布】を使用しています。

 

リベット留めでポケットもついており機能性にも優れています。携帯電話やカギなどすぐに取り出したい物を入れると便利です。

 

ポケットにはブランドのスタンプとレザーのタグが付けられているので、カバンの中まで見た目にも手を抜かず雰囲気抜群ですね。

 

 

サイズは今回限りのスモールサイズ。写真に一緒に写っているのは一般的なサイズのポストカードです。

 

男性の方でしたら、荷物をそんなに持ち歩かないでしょうから携帯電話と財布と、文庫本とペットボトルぐらいは入ると思います。

 

ちょっとしたお出かけのお供に最適です。

 

女性の方でしたら、サブバッグとしてお化粧品などをいれてお持ちになると便利で使い勝手がいいですよね。

 

女の子が持つとサイズ的にも見た目がとてもカワイイです。

 

DSCF1806_400

 

このスモールのバッグの大きさというのが本当に絶妙でして【VASCO】にしかないサイズ感だと思います。

 

オールレザーでこのサイズ、この形のバッグというのはちょっと一般の市場では見かけません。

 

【VASCO】のアイテムはアトリエで職人が一つ一つ丁寧に手作業で創り上げています。

 

それゆえに、製品が現場で常にブラッシュアップされ続けているのです。

 

たとえ同じバッグであったとしてもコレクションごとに毎回毎回一見するとわかならないようなものすごく細かい仕様の変更が出てきます。

 

サイズ感、一つとってもそうです。

 

 

他のブランドではありえない唯一無二の絶対的なこだわりが【VASCO】のバッグには刻み込まれているのです。

 

 

DSCF1844_400

 

【VASCO】のレザーバッグに関しては経年変化を楽しんで長年使い込み育てながら愛用していくアイテムです。

 

時間をかけて使い込んでからでないと【VASCO】が使用している革の素晴らしさ他社では決して真似のできないレザーの良さが本当の意味で理解できないと思います。

 

なので、中古の革靴と同様、レザーのバッグも一つだけと言わずに何個かを使いまわして愛用していって下さい。

 

個体ごとに出てくる味わいの違いを比べあってこそ、それぞれの良さが実際にわかってきます。

 

一度使い始めたらそれこそ一生モノです。

 

DSCF1773_400

 

愛用のバッグが壊れてしまった時には箇所により、価格が違いますが【VASCO】にて修理も可能です。

 

ヴィンテージの革靴同様、リペアを加えて愛用したのちいずれは息子さんや娘さんに譲ってあげてください。

 

ヨーロッパではエルメスやヴィトンのバッグなどが親から子、子から孫へと受け継がれていきます。

 

自分の代だけではなく、時代を越えて継承されて行くからこそこれらはブランドとなってきたのです。

 

真のブランド、本当に良い物とはそういったものです。

 

本物は使用していくほどに味が出て愛着がわき、あなたの人生を豊かにしてくれる相棒となってくれます。

 

是非、レザーバッグの本質をとらえた【VASCO】のバッグをご愛用ください。

動画


【VASCO】LEATHER CITY MAIL BAG SMALL
MATERIAL  KIP LEATHER  COW LEATHER
(LINING:COTTON100%)
SIZE      W 34cm H23cm D9cm
PRICE      ¥38,000-(+tax ¥3040-)

 


vasco-mini-leather-postmanbag
【VASCO】LEATHER POSTMAN MINI SHOULDER BAG

 

※ お勧め参考記事

キャプチャ2
【VASCO】の革専用のメンテナンスオイル

 

合わせてお読み頂くと今回のLEATHERバッグに対する理解がより一層深まります。