DSCF2116_400
【Johnston & Murphy】ジョンストン&マーフィー
ロングウイングチップ MADE IN USA

店長青山です、

足の甲が高くて自分の足の大きさの
靴を合わせてみても
きつくて履けない方は多いです。

そのような方の場合、
本来の足の大きさよりも
だいぶ大きいサイズの物を
選ぶ事になってしまいます。

このような足の形の場合、

一つには外羽根式の革靴を
選ぶと楽になります。

内羽根式の革靴だと
甲の部分の羽根の開き具合が
どうしても外羽根式より狭くなって
しまいます。

これはデザイン上、
致し方のないことですので
まずは靴の形で選ぶことです。

そして、

もう一つはガースが
大きい物を選ぶことです。

ガースとは「 足囲 」の事。

足の幅の一番広い所を
一周ぐるりと計ったサイズを
表します。

当店ではいつも

ウイズ 「 E 」

などと記載していますが
実はこれは誤った表現です。

この表記の 「 E 」

アルファベットは本来

ガース(足囲)のことなのです。

「じゃあ、一体ウィズってなんだ?」

という話になると思うのですが

ウィズ というのは

「足幅」の事なんでよすね。

【足で最も幅の広い部分の長さ】

と、考えるとわかりやすいと思います。
ちなみにこの一番広い部分を
【ボールジョイント】と言います。

大体、親指の付け根辺りから
小指の付け根辺りの長さになります。

で、

ガースとはウィズの部分の足を
一周ぐるりと図った長さの事なのです。

簡単にまとめます。

足の幅の一番広い所が

「ウィズ」

その、足の幅の一番広い所を
一周ぐるりと計ったサイズが

「ガース」

です。

分かりましたでしょうか?

で、

足の甲の高い人は
このガースの大き目の物を選ぶと
楽に履けるという事になります。

DSCF2119_400

DSCF2120_400

DSCF2122_400

で、
今回の【Johnston & Murphy】の
ロングウイングチップですが
ガースが 3E となっています。

かなり広めです。

いつも足の甲がぶつかってしまって
大き目の革靴を選ばざるを得ない人に
最適な一足です。

DSCF2124_400

DSCF2125_400

先日もご紹介しましたが

【Johnston & Murphy】

は歴代アメリカ大統領
御用達ブランドです。

足の甲がとても高くて困っているあなたには
絶好の一足となります。

是非、一度試してみて下さい。

とても楽な履き心地に感動することでしょう。

それではまた!

動画

DSCF2116_400

【Johnston & Murphy】ジョンストン&マーフィー
ロングウイングチップ MADE IN USA

サイズ 9 ウィズ 3E (目安27cm~28cmくらい)
¥15900-(+tax ¥1272-)

今回の記事でご説明したように ウィズ 3E
という表記は本来、誤りです。 ガース 3E
というのが正しい表記になります。

しかし、日本ではこのウィズという表現が
一般化してしまい、こちらの表記の方が理解しやすい
お客様の方が圧倒的に多いので、当店ではあえて
今後もウィズという表現を使用させて頂きます。

=======================
【古着屋ガレージセール メルマガ】
当店の公式情報は無料メールマガジンから入手できます。ご登録がまだの時は下にあるフォームの枠内にカーソルを合わせた後、お名前などを記載してフォームの下の『確定』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

========================