※《 7月7日より新たな
キャンペーンが開始されました!

七夕企画【ブランドネクタイプレゼント!】
↑ クリックしてご確認ください。》

店長青山です、

いよいよ残すところあと2足です。

まずは第2位をご紹介します。

第2位

DSCF5824_400
【CHEANEY】チーニー『Royal Tweed』

英国靴として126年の歴史を誇る
名門ブランド【CHEANEY】「チーニー」から
MADE IN ENGLAND イギリス製
【Royal Tweed】です。

英国靴の聖地として有名な
ノーザンプトンで1886年創業、
歴史と伝統を誇る【CHEANEY】チーニー。

伝統的な歴史あるイギリス靴で
ありながらセレクトショップ別注が多い
ブランドとしても知られています。

DSCF5826_400

日本でもユナイテッド・アローズさんや
シップスさん、エディフィスさんなどが
こぞってチーニーに別注をかけていますね。

かねてからポール・スミスも
セレクトショップで展開しています。

DSCF5807_400

現在のチーニーのホームページ。
歴史あるブランドらしく
今までの遍歴が写真とともにつづられています。

チーニーのホームページによると
1966年に同じく英国靴の名門である
チャーチに買収されたようです。

チーニーはチャーチの1ブランドでも
あったわけです。

2000年になりチャーチがプラダに
買収されたことで一緒にプラダ傘下の
靴ブランドになりました。

しかしチャーチを創業した3人兄弟の4代目の
子孫がチーニーの全株をプラダグループから
買い取り2009年に独立しています。

チャーチの創業家がチャーチブランドではなく、
あえてチーニーを買い取ったという話なのです。

チーニーのブランドの良さが伺えますね。

DSCF5827_400

さて、今回のお品ですが
チーニーがチャーチブランドの中から
出されていた時代のもの。

【 Royal Tweed】とはどうやら
アメリカ向けにチャーチグループから
だされていたチーニーのブランドのようです。

DSCF5833_400

『Royal Tweed 
BENCH CRAFTED IN ENGLAND
Premium Grade 』

の文字が読み取れます。

グットイヤー・ウェルト・シューズの
生産地として名高い
英国ノーザンプトンの靴らしく
グットイヤーウェルテッド製法。

伝統的な顔立ちの靴にも良く合う製法です。
安定性や堅牢性、ソール交換の容易さ
などに優れています。

歩行量が多い人にもいい製法で
持ち主の足型にじっくりと
馴染んできてくれます。

DSCF5836_400

Last 6184/E Size 9
Shoe No.L7714B 

との記載が見えます。

【6184】は木型の事。

E は ウィズです。 チャーチなどの靴では
「Narrow」を表しています。
ですが、F よりも一つ下の幅
という意味合いです。

チャーチやチーニーでは
F を標準にしているようなので
「通常よりもやや狭め」といった
ところでしょうか。

でもこのウィズはブランドによって
全く違いますので、実際に履いてみて
確かめてください。

DSCF5829_400

このような内羽根式のウイングチップは
イギリスだと黒はビジネス、茶色は休日用と
使い分けるようですね。

かつてはチャーチの靴も
チーニーで下請けしてしていましたし、
1足あたりにかける作業も160工程で、
チャーチとそれほど変わりません。

今回のお品も、イギリス靴らしい
堅牢で素晴らしいつくりですよ。

シンプルなキャップトゥなので
用途を選ばずどんなシチュエーションにも
対応してくれる心強い一足です。

カジュアルスタイルから就職活動、
ビジネス、冠婚葬祭までこれ一足で
すべてこなすことができます。

定番の一足にはやっぱりいいブランドの
靴を持っておきたい所ですよね。

イングランド製のチーニー、あなたの靴の
ラインナップにいかがでしょうか?

DSCF5824_400
【CHEANEY】チーニー『Royal Tweed』MADE IN ENGLAND イギリス製
サイズ 9 ウィズE (目安 27cm~28cmくらい)
 ¥22700- (+tax ¥1816-)

さて、残すは第1位のみとなりますが・・・

発表はメルマガ読者様には
本日中に行います。

その時にですね、

新たな発表がおこなわれますので
メールを絶対に逃さずに
確認をしてみて下さい!

それではまた。