LINEで送る
Pocket


1978年7月製【FLORSHEIM】LONG WINGTIP

店長青山です、

お客様から時折頂くご質問に

「 革底はお手入れが必要なのか?」

と、いうものがあります。

レザーソールは何もする必要が無い

というスタイルの方も
いらっしゃいますが
店長青山としては、

革底(レザーソール)には
お手入れが必要

という見解を取らせて頂いております。

では、

具体的には何をするべきなのか、
という事をお伝えしてきます。

今回は、革底のお手入れに
関する考え方の決定版です。

ブックマークをしていつでも
読み返す事ができるようにすると
便利です。

記事をシェアすることによって
お友達などに情報を教えてあげると
喜んで頂けるかと思います。

さて、

革底のお手入れに関して
よく頂くご質問としては

「革底が雨に濡れてしまったら
どうすればいいのか?」

というものが多いです。

これに対するお答えは
シンプルですが

「 普通に乾かして下さい 」

となります。

ドライヤーなどの温風で
乾かした方が良いのか?

と考える方がたまにおられるようですが、
水を含んだ革に熱量を加えて
急激に乾燥させると、革が縮んでしまって
形が変わり元に戻せなくなります。

風通しの良い場所などで
普通に時間をかけて
乾かしてください。

ちょっとしたコツとしては
地面に靴を置いた状態ではなく
壁などに斜めに立てかけて
靴の底を空気に触れさせて
あげる事です。

革底が濡れている時は
靴の内部も湿っていることが
多いと思いますので
新聞紙などを入れ靴内の水分を
吸わせるのも良い方法です。

新聞紙が水を吸ったら
何回か取り替えてあげてください。

また、

新聞紙を中に入れて水を吸わせると
紙からインクがにじみ出て、
中のライニングが汚れるのではないか?

というリスクを気にされる方も
いらっしゃいます。

店長青山はそこまでのケアを
していませんが、もし気になる場合は

新聞紙を丸めて靴の中に入れる前に
ティッシュペーパーで新聞紙を
丸ごと包む

という方法をとってください。

これによって、もし中の紙から
インクがにじみ出て来ても
ティッシュペーパーがあるので
直接ライニングが汚れる心配がありません。

水に濡れた後に乾かした
レザーソールにはお手入れを
してあげると革底に潤いと栄養が入り
長持ちすることになります。

その際には


【M.モゥブレィ】
ソールモイスチャライザー

を革底に塗り込んだ後に
布で乾拭きをしてお手入れします。

お手入れ方法としては
これだけですのでとても簡単です。

是非試してみて下さい。

雨に濡れたレザーソールというのは
水に濡れて革の繊維がふやけた
状態にあります。

革底には歩行の際に
その都度、体重の1.5倍の負荷が
かかっています。

ですので、

革底が濡れた状態で歩くことは
水でふやけた革の繊維を
体重をかけて一歩一歩
硬く、固く踏みしめている事に
なるのです。

その後、空気に触れさせて
乾かすわけですから
必然的に革から脂分が抜けて
ソールが固くなります。

なので、

ソールモイスチャライザーで
ケアをしてあげる事が
必要となるのです。

そして、たまにこのような
意見を聞くことがあります。

「 革底を柔らかくすると
減りが早くなって靴の寿命が
短くなる」

と、いうものです。

必要以上に革底が柔らくなると
歩行の際に靴が曲がり過ぎる

という事は実際に考えられます。

歩行の時の返りが柔らかくなりすぎて
足を支える力が弱くなり
逆に歩きづらくなるという事です。

しかし、

「革底が柔らかくなる事によって
ソールが削れて減り具合が早くなる」

という考え方は全くの誤解です。

柔らかい = 弱い

というイメージだけでとらえて
いるのだと思います。

想像してみて下さい。

カチカチに固い硬質な
プラスチックのボールが
あったとします。

そして、

お祭りの屋台で売っているような
ゴムでできた柔らかい
スーパーボールがあったとします。

それらのボールを
アスファルトの道路に
思いっきり投げて
叩きつけたらどうでしょう?

どちらのボールの方が
削れていると思いますか?

確実に固いプラスティックの
ボールの方が傷ついて
削れていますよね?

スーパーボールの方は
地面に接した瞬間に形が変わる
ことにより、ボール本体が
削れることがないのです。

それと同じことが
レザーのソールにも言えます。

雨に濡れて乾かしたり、
乾燥が進んで硬くなった革底は
プラスティックのボールのように
歩行の度に削れて減っていきます。

逆に適度の弾力を持った
レザーソールはスーパーボールと
同じです。

歩行の度に革底が曲がって
しなるので、削れることが
少ないのです。

イメージして頂けたでしょうか。

と、

いうことで店長青山は
「革底のお手入れは必要」
というスタンスを取らせて
頂いております。

ですので当然、当店の革靴のソールも
ケアしてお客様にご提供するように
しているのです。

 

いかがでしょうか?

当店の革靴がお客様に
きれいだと言って頂けるのは
実はレザーソールまでお手入れしてる
という点にもあったのですね。

ちなみに。。。

「革底をお手入れするのに
ソールモイスチャライザーではなく
ミンクオイルではだめですか?」

というご意見もあるかと思います。

昔から、革底をケアする人は
みんなミンクオイルを
使用していたからなのですね。

店長青山の意見としては
「ミンクオイルもあり!」
だと思います。

革を保革して栄養と油分を
与えるという考え方からしたら
正しいと思うからです。

一つだけ注意が必要な点としたら
「ミンクオイルを塗ると
とにかく滑る!」
という事ですね。

ただでさえ、ラバーのソールより
滑りやすいレザーソールにミンクオイルで
油をそのまま入れるわけです。
歩く際に地面との摩擦が弱くなって
かなり良く滑ります。

雨に濡れた駅のコンコースの
タイルを歩いたりするのは
殺人的に危険ですので注意して下さい。

また、
「ミンクオイルは油だから
ソールに塗ると防水効果があって
水が靴内に染み込んでこない」

という考え方も昔から
根強いです。

確かにそのような効果がないとは
言い切れません。

ですが、

ミンクオイルを塗っていても
雨の日にレザーソールを履いていれば
水がしみる時は結局しみてきます。

アウトソールからの浸水を
避けたいのであればミンクオイルを塗った
レザーソールではなく、ラバーのソールを
履いた方が現実的だという事を
お伝えしておきます。

以上、今回は
「決定版!革底のお手入れの考え方に付いて」
でした。

 

動画

 


1978年7月製【FLORSHEIM】LONG WINGTIP
サイズ 9 ウィズ3E(目安26.5cm~27.5cmくらい)
¥14700-(+tax ¥1176-)

=======================
● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

変な広告も一切入りませんし、
解除も簡単にすぐできます。
ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の
『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================
※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket