DSCF2215_400_400

DSCF2234_400_400

image6104

DSCF2250_400

o0480032012716777165 - コピー_400

店長青山です、

故ダイアナ妃がチャールズ皇太子に
勧めたことがきっかけで、
ロイヤルワラントを
授かった靴ブランドがあります。

チャールズ皇太子は
【Prince of Wales】
プリンスオブウェールズ。

イギリスの第一王位継承者で
ロイヤルワラントを授ける権限が
あるんですね。

ロイヤルワラントとは
英国王室御用達認定書のこと。

英国王室にサービスや品物を
定期的に収める人物や企業に
与えられるものです。

DSCF2220_400_400

DSCF2222_400_400

DSCF2224_400_400

今、英国王室御用達の
栄誉を受けているシューメーカーでは
ジョン・ロブなどが有名です。

現在、英国王室の御用達と認定する
権限があるのはエリザベス女王、
エジンバラ公、チャールズ皇太子の3名。

しかし3人の誰かに商品を
気に入いってもらえれば
良いわけではありません。

厳しい審査が必要と
されるのです。

まずは最低5年以上
サービスや物品を王室に提供
しなくてはいけません。
そして
「Royal Household Warrants Committee」
(ロイヤルワラント委員会)に申請して
厳しい審査を受けます。

審査を通ると最終的に
エリザベス女王、エジンバラ公、
チャールズ皇太子の三名だけが
決定することができます。

晴れて授与されて初めて
『By Appointment(御用達)』と
紋章を掲げることが許されるのです。

o0383045912743336560

しかしそれでもロイヤルワラントを
保持できるのは最長で5年間。

質が落ちたり問題を起こしたりすると
5年に満たずに失効します。

このような厳しい審査を通るからこそ、
世界に誇る英国王室御用達の名誉と
なるのです。

今回入荷したのは
その英国王室御用達ブランドの
素晴らしいブーツです。

 

DSCF2226_400_400

DSCF2209_400_400

DSCF2210_400_400

DSCF2213_400_400

男性用と女性用があります。

バレンタインも近い事ですし
ご夫婦で履くのもいいでしょう。

彼氏さんや彼女さんに
贈ったら一生モノの
プレゼントになります。

これから数十年の時を
あなたと共に過ごしてくれる
逸品です。

DSCF2250_400

ここまでの写真でご紹介してきた左の
ブーツはもはやカントリーシューズの
代名詞と言えるでしょう。

「Tricker’s(トリッカーズ) M2508」

です。

グッドイヤーウェルト製法、
堅牢なつくりと耐水性を備えた革を使用した
頑丈な革靴になります。

分厚いダブルソールで
簡単に壊れることがはない反面、
履き始めのうちは、固くて
なかなか足に馴染んでくれません。

しかし、今回のお品は
USEDなのでその履き慣らす期間も
少なくて済みそうです。

そして、なんといっても
トリッカーズの楽しみはエイジング。

10年履いてもらってその時どうなるかが
楽しみというシューズですから、最初から
長い付き合いになることをイメージしながら
履きこんで行ってください。

そしてこちらは女性用です。

DSCF2234_400_400

DSCF2235_400_400

DSCF2238_400_400

こちらはギリーブーツですね。

DSCF2241_400_400

DSCF2243_400_400

DSCF2245_400_400

DSCF2246_400_400

DSCF2229_400_400

DSCF2230_400_400

一生モノのトリッカーズを
カップルで履いてこれからの十年を
共に過ごしてみませんか?

一緒に歩いてきた歴史を
二人で靴に刻んで、10年後に
更に素晴らしい表情になったこれらの
ブーツをいつくしんでください。

気になる時はお二人でお店にいらして
試着をしてみてくださいね。

それではまた!

動画


DSCF2250_400

左 メンズ Tricker’s  M2508
サイズ 10  フィッティング 5
(目安 28cm~29cmくらい)

¥45000-(+tax ¥3600-)

右 レディース Tricker’s  5941
サイズ 4 1/2 フィッティング 4
(目安 22.5cm~23.5cmくらい)
¥38000- (+tax ¥3040-)

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============