【John White】SUEDE Plain Toe
MADE IN ENGLAND イギリス製

店長青山です、

今日は上品なイングランド製の
スエードプレーントゥを
ご紹介します。

【John White】のお品です。

ジョンホワイトは1919年にイギリスの
ノーザンプトンで始まったブランドです。

1939年に始まった第二次世界大戦中に
ジョンホワイトのブーツは、英軍に
納入されます。

英国空軍ロイヤルエアフォースの
フライングブーツから英国海軍ロイヤルネイビー
のキャンバスブーツに至るまで
兵士のための丈夫なブーツを生産しました。

第二次世界大戦が終るまでに
全英国の兵士の10%以上が
ジョンホワイトの靴を履いたのです。

ジョンホワイトの丈夫なブーツは
大戦中、連合軍に800万足以上も
提供されたといいます。

それだけ、品質に信頼のある
ブランドだったという事ですね。

今回のお品はとてもきれいな
スエードのプレーントゥ。

ブラウンレザーのスエードと言えば
思い出すのはやっぱりこの人、
スティーブ・マックイーンですよねー。

マックイーンが履いていたのは
マットガードと呼ばれるスエードの
チャッカーブーツですが、
ブラウンのスエードシューズの
イメージが強いです。

スエードシューズというと
合わせるのが難しいような
イメージがあるかもしれませんが
そんな事はありません。

カジュアルスタイルで細身のパンツに
履いてもらっても、とても良く
似合いますよ。

アウトソールのヘリも少なく
状態がかなり良いのでまだまだ
これから十分に履きこんで頂けます。

カカトのトップリフトには
「 Handcrafted in England」
の文字が入ります。

イングランドにおいて手作業で
作っているんだ!という誇りが
感じられますね。

イギリス靴のメッカ、ノーザンプトンから
歴史あるブランド【ジョン・ホワイト】の
スエードプレーントゥ。

形もシンプルですので
合わせやすくて、とてもおススメです。

自分の口から革靴好きを公言しているにも
関わらず、スエード靴を持っていない人は
結構多いです。

だからこそ、ここは

「 一撃で革靴好きの知り合いに
差をつける事ができる狙い目 」

なのです。

意外な事ですが、

周りはみんな良いスエード革靴を
実は持っていないからです。

あなたが本当に革靴が好きなら
興味があるのが表革の靴だけって事は
ないですよね?

履くだけで大人の雰囲気を作り
こなれた印象を出せるスエードを
使わない手はありません。

スエード靴は実を言うと丈夫で
雨にも強く、お手入れも簡単な
優れた革靴です。

スエードのシューズをお持ちでない場合は
是非一度、履いてみて下さい。

それではまた!


【John White】SUEDE Plain Toe
MADE IN ENGLAND イギリス製
サイズ UK 7 1/2 (目安25.5cm~26.5cmくらい)
¥15900- (+tax ¥1272-)

※ お勧め参考記事
【前編】チャーチのスエードローファーを
水洗いしてみた

【後編】水洗いしたスエードローファーを
お手入れする方法

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回の【John White】
のお手入れに使用したのは

ツイストワイヤーブラシ
です。

スエード靴のお手入れは基本的に
とても簡単で、このスエード専用の
ブラシでブラッシングをした後に


【M.モゥブレィ】
スエードカラーフレッシュ

をスプレーしてスエードの革に
栄養を充分に浸透させます。

スエード靴の普段の
お手入れはこれだけです。

汚れる前のビフォーケアが
とても効くので靴がまだ
きれいな段階からこのお手入れを
続けると効果的です。

たったこれだけの作業で、
防水効果も高まり汚れも
付きにくくなるのです。

是非試してみて下さい。

動画