DSCF1426_400
1964年6月製【FLORSHEIM】Spectator Shoes

店長青山です、

本日は新入荷の革靴をご紹介します。

【FLORSHEIM】の外羽根式ウイングチップです。
1964年製のビンテージになります。

白×茶色のコンビネーション、
スペクテイターシューズになります。

DSCF1429_400

スペクテイターとは『観客』という意味です。

1920~1930年代頃。
アメリカでスポーツ観戦する紳士は
好んでコンビネーションのシューズを
履いていたらしいのです。

このことから、これらコンビネーションの
革靴達がスペクテイターシューズと
呼ばれるようになりました。

selmon

Spectator-Shoe-Guide_400

で、

今回のお品ですが【FLORSHEIM】の
スペクテイターシューズという事で
年代を推測することができます。

DSCF1409_400

革靴の中を見るとインソールに
【UNION MADE】のスタンプがあります。

こちらのスタンプが【FLORSHEIM】の
靴にあるのは1970年代の初頭までと
言われています。

DSCF1417_400

そして中の印字を見ると
アルファベットの文字が

【 F / E 】

となっています。これは

【 月 / 年 】

を表していますから

【 6月 / 4年】

になると推測できます。

と、いうことは
ユニオンメイドのスタンプから
こちらのシューズは少なくとも
1970年代より前のお品ではないかと
推測できます。

DSCF1424_400

DSCF1412_400

そして、タン裏のフェルトや
カカトの釘穴ありトップリフトなどから
1964年の物ではないかな、と思われます。

と、
いうことで60年代のスペクテイター
シューズになるのですが今回はかなり
状態が良いです。

アウトソールやトップリフトなどから
見ても、ほとんど履いていないと言えます。

DSCF1431_400

DSCF1434_400
コンビネーションの白い部分に関しては
すでに半世紀以上も昔の物ですので
経年の変化がみられます。
ですが、
それ以外は全くと言ってもいいくらい
使用感がありません。

DSCF1436_400

 

DSCF1417_400

DSCF1419_400

DSCF1420_400

DSCF1422_400
トップリフトのこの部分には
靴の品番だと思われる数字が書いてあります。
中の印字の数字と一致します。

これは店長青山も初めて見ました。
製造の段階で記載されたものなのでしょうか?

DSCF1417_400

めったに手に入ることのないビンテージの

スペクテイターシューズ。
しかもとても珍しい日本人サイズの
小さめのお品です。

サイズの合う方は是非一度
試着をしてみて下さいね。

それではまた!

動画

DSCF1426_400
1964年6月製【FLORSHEIM】Spectator Shoes
サイズ8 ウィズC (目安25cm~26cmくらい)
¥42000- (+tax ¥3360-)

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回の
【FLORSHEIM】
スペクテイターシューズの
手入れに使用したクリームは

【M.モゥブレイ】
クリームナチュラーレ

の【ニュートラル】と

【M.モゥブレイ】
シュークリームジャー

 

【ホワイト】です。

このようなコンビシューズは基本的に
その部位の革の色に合わせてクリームを
分けてお手入れをしていきます。

今回は革の茶色の部分はニュートラルの
クリームナチュラーレ、白の部分は
シュークリームジャーのホワイトを
使用しました。

もし、このように色を分けての
お手入れが面倒な時は一本で
すべてのコンビシューズを
お手入れできる
【M.モゥブレイ】
コンビトリートメント
をご利用いただくととても便利です。

※ お勧め参考記事

『【アレンエドモンズの年代判別法】
   スペクテイターシューズ
合わせてお読み頂くと今回の革靴の
お手入れに対する理解が
より一層深まります。

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============