workboots-brown-snap

eddie-bauer-boots
【EDDIE BAUER】80年代 編み上げブーツ

店長青山です、

雰囲気の良いブラウンレザーの
編み上げブーツを入荷しました。

1980年代のエディーバウアーの
お品となります。

eddie-bauer-boots-2

本格的な真冬のシーズンに入り
足元からの寒さから身を守る事は
見た目の良さと同じくらい
重要なポイントです。

しっかりとした編み上げの
ブーツは厚いソールと
くるぶしまで覆い被せる
丈があるので、ファッション性
のみならず防寒性にも
優れています。

この時期に履く靴としては
おススメの形です。

workboots-brown-snap-2

workboots-brown-snap-1

eddie-bauer-boots-1

色目が明るめのブラウンブーツは
カジュアルな服装に良く合います。

デニムのパンツなどと合わせて
着こなして頂くと革靴とはまた
違った雰囲気で今までの
コーディネイトにバリエーションを
加えることができますよ。

workboots-brown-snap-3

workboots-brown-snap-4

eddie-bauer-boots-4

今回の一足はエディバウアーの
【WATER PROOF】
ウォータープルーフブーツです。

革に防水仕上げを施してあるので
雨の日に履いても、水をはじいて
くれます。

ゴムの長靴のように
完全防水ではないので
水の中に入る事はできませんが
多少の雨などは表面で
はじいてくれます。

雨の日や雪の日に履く
靴として一足備えておくと
かなり便利ですよ。

eddie-bauer-boots-3

eddie-bauer-boots-5

ここ数年来、ストリートでは
スニーカーや革靴の流れが
続いていましたのでブーツの
着こなしはとても新鮮です。

とくに40代、50代以降の
男性にとっては足元に
しっかりとしたボリュームを
持たせる事で安定感のある
印象を相手に与える事が
できます。

年を取ったな、髪に
白髪が増えてきたなと
思ったら、冬はブーツを
履きましょう。

人間にも年季が入ってきた分、
ビンテージのブーツがとても
良く似合います。

ピカピカのスニーカーで
20代と同じ土俵に立ったら
若さのある着こなしには
勝てません。

若者には若者のファッション、
オヤジにはオヤジの
戦い方があるのです。

バブル崩壊後の日本、
失われた十年の時代をすでに
社会人として生きてきた大人が
ゆとりだの草食系だのいう、
ぬるい小僧に見た目ごときで
ナメられていていいんですか?

体のあちこちの毛が
白くなってきたオヤジこそ
もっと割れたガラス瓶の
淵のようにギザギザしなくちゃ
いけないんです。

もう、歳だからとか
情けない事は言わずに
若者には決して真似のできない
渋みのある男の着こなしで
ファッションも楽しんで下さい。

それではまた!

eddie-bauer-boots
【EDDIE BAUER】80年代 編み上げブーツ
サイズ 9 1/2 ウィズD
(目安27.5 cm~28.5cm 位)
¥17900-(+tax ¥1432-)

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回のブーツに
使用したのは

KIWI-PARADE-GLOSS-PRESTIGE
【KIWI】パレードグロスプレステージ

です

固形ワックスの【KIWI】
パレードグロスプレステージを
使用します。

今回使用した色はブラウンです。

やり方は簡単です。

ステップ1

固形ワックスを指で取り、
靴のつま先に薄く塗り込む

ステップ2

プロホースブラシで円を描くように
ブラッシングする

以上になります。

場合によっては最後に
乾いた布で拭き上げてもいいです。

最初のステップ1で
布ではなく指でワックスを
塗る理由ですが体温によって
ワックスが溶けて伸びやすくなり
塗るのが簡単になるからです。

その後、毛の柔らかいホースブラシで
円を描くようにブラッシングをかけて
終了します。

とても簡単にツヤを出すことが
出来ますので興味のある人は
試してみて下さい。