015aoyamakenichi-radio

青山健一の古着屋ガレージセール ラジオ

 

 

【YouTube】

 

【ポッドキャスト】(音声配信)

▼ Apple Podcast(アップルポッドキャスト)

▼ Spotify(スポティファイ)

▼ Google Podcasts(グーグルポッドキャスト)

▼ Anchor(アンカー)

 

【動画】(静止画)

▼ YouTube(ユーチューブ)

▼ Pinterest(ピンタレスト)

▼ note(ノート)

 

※ご都合の良い配信先をブックマークして頂くと、今後の配信をすぐに受け取ることができて便利です。

 

【Udemy】

▼ オンライン学習コース【Udemy】のプロフィールはこちら

===================

元プロボクサーが教える『ぐうたらダイエット』

 
 
 
 
青山健一です, 
 
今回は 
 
【 元プロボクサーが教えるぐうたらダイエット】 
 
ということでダイエットについてお伝えしていきます。 
 
 
 

運動なし、食べ物の制限なし、量の制限もなし

 
 
 
 
ダイエットと聞くと非常に苦しいものというイメージがあるかと思いますが、今回お伝えするダイエット方法は 
 
 
食べ物の制限はありません。 
 
そして食べる量に制限もありません。 
 
そして、運動も一切行いません。 
 
 
ぐうたらなあなたにもできる、お手軽簡単ダイエットです。 
 
 
「そんなことでダイエットなんてできるの!?」 
 
 
って思われるかもしれませんが、できます。 
 
この方法を続けることができれば、必ず痩せていきます。 
 
 
もったいぶらずにお伝えしましょう。 
 
その方法とは 
 
「かみかみダイエットです。」 
 
 
 

かみかみダイエットとは?

 
 
 
 
このダイエット方法は非常に簡単です。 
 
行うことは二つだけです。 
 
 
① 食べる時に一回に口に入れる量を、これまでの半分にする。 
 
 
② 口に入れた物を飲み込むまでに、これまでの2倍よく噛む。 
 
 
これだけです。 
 
 
「 こんな方法で本当に痩せるのか!?」 
 
 
と思われるかもしれませんが、痩せます。 
 
 
実際にやってもらえればお分かりになると思いますが、絶対に痩せます。 
 
 
ただこれには一つ問題があります。 
 
痩せられない人は 
 
 
「この方法すら行うことができない」 
 
 
ということです。 
 
 
これは断言しても良いのですが、今までいろいろなダイエットを試して痩せられない人にとってこのダイエット方法は相当難しいです。 
 
 
なぜか? 
 
 
この際、言葉は汚いですがはっきりとお伝えします。 
 
これを認識しない限りあなたは痩せることができません。 
 
 
「 デブとは噛まない人間である 」 
 
 
いいでしょうか? 
 
もう1回お伝えしますね? 
 
 
「 デブ = 噛まない 」 
 
 
です。 
 
 
 

デブはなぜ噛まないのか?

 
 
 
 
あなたの周りにいる人で、とりわけ太っている人の食事の様子をよく観察してみて下さい。 
 
 
ほとんど噛まずに飲み込んでいることが分かると思います。 
 
 
必要以上に太っている人というのは、後もう少しよく噛んでから飲み込む、という行為ができないのです。 
 
すでに口の中に入れた食物ですら、飲み込むのを我慢できない。 
 
 
【 満足を遅らせる事ができない 】 
 
 
わけです。 
 
 
 

人間の身体はとても賢い

 
 
 
 
人間の身体というのは非常に賢くて、口の中で良く咀嚼しながら舌で味わうことで、胃などで分泌させる消化酵素を選んでいます。 
 
 
口の中で噛む行為というのは、非常に大切なのです。 
 
 
NFL(ナショナル・フットボール・リーグ) アメリカのプロフットボール 
チームの選手が、 
 
 
「今までよりも、よく噛みながら食べる」 
 
 
という行動をとっただけでダイエットに成功し、パフォーマンスを向上させたというを結果を読んだ事があります。 
 
 
今までよりも、口の中でよく噛んで食べるだけで、同じ量、同じ食物、同じ運動量であればこれまでよりも痩せていくのは確実です。 
 
 
ただ問題は、太っている人にとって「よく噛む」という行動が非常に困難だということなんです。 
 
 
太っている人というのは往々にして 
 
 
「面倒くさがり屋さん」 
 
 
です。 
 
よく噛んで食べようとする行動ですら面倒くさくてできません。 
 
そして飲み込むのを遅くするという行動をとると 
 
 
「ご飯が美味しくない」 
 
 
と感じるのです。 
 
 
不思議ですよね。 
 
 
ご飯の味は何も変わっていないというのに。 
 
 
 

かみかみダイエットはとても難しい?

 
 
 
 
実はここまでの内容は少し意地悪です。 
 
 
いかにも簡単なふうに最初お伝えしましたが、この「かみかみダイエット」現実的に考えると、とても難しいことがわかります。 
 
 
まず、口に入れる量を1/2にする。 
 
 
そして噛む回数を倍にする。 
 
 
言葉にするとたったこれだけの行動ですが、よく考えてみるとこれだけで食事の時間が4倍かかることになります。 
 
 
今まで食事10分かけていた人であれば、40分食事の時間に必要となります。 
 
 
忙しい現代の社会人にとって、今までの4倍食事の時間をとるということはほぼ不可能に近いと思います。 
 
 
お昼の休憩時間が1時間しかないのに、そのうちの40分を咀嚼の時間に充てることは非常に厳しいですし、他の人と一緒に食事をしているのであればその方に合わせなくてはいけません。 
 
 
なので現実的に考えると、この「かみかみダイエット」は仕事をしながら行おうとするのは結構無理ということになります。 
 
 
できるとすれば夜、家に帰ってからなのですが、それでもやっぱり4倍の時間を非常に難しいと思います。 
 
 
なので、このダイエットを行う時はあなたなりにアレンジを加えてみてください。 
 
 
おすすめの方法は 
 
 
① 1回に口に入れる量を半分にする 
 
 
1日の食事のうち、夕飯の時だけでもこれを行なってみるといいでしょう。 
 
 
そして出来る限り、よく噛んで食べることを意識する。 
 
 
1回に口に入れる量を半分にしようとすると、食事に意識を向けなければいけません。 
 
 
テレビを見ながら、無意識にべちゃべちゃ食べていたら口に運ぶ量を半分にすることはできないのです。 
 
 
口に入れるものを確認しながら、味わって食べる。 
 
 
これだけでもあなたの体にとって良い影響を与えることでしょう。 
 
 
実際に毎日行って頂けるとわかりますが、ゆっくり間で味わいながら食べていると「満腹中枢」が刺激されて途中で食べる事を続けられなくなります。 
 
 
いつも同じだけの量を食べるのが難しくなってくるんですね。 
 
 
そして沢山噛んで食べるのは疲れるので、途中で食べるのが面倒くさくなってきます。 
 
 
なので、必然的に食べる量が減ってしまうのです。 
 
 
これだけでも、いつもより痩せていくという理由がわかりますね。 
 
 
ご興味のある場合はぜひ試してみてください! 
 
 
 
それではまた!
 
 

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============