kotochapu-img450x600-1460918827gdjkyd19548

店長青山です、

本日ご紹介するのはビンテージの
ライダースジャケットです。

アメリカのライダースジャケットを代表する
ブランド【BATES】より
1960年代位のシングルライダースになります。

kotochapu-img450x600-1460918827shldel19548
1948年頃から
ボブ・ベイツ(Bob Bates)が
少しづつ会社を大きくしていき
成長したベイツ。

彼の父が創業した
【BATESMFG.CO】が前身ですが、

デトロイトの【BUCO】ブーコ
同様、元々はアクセサリーパーツ
ブランドです。

サドルバッグ、ウインドシールドなどを
生産していました。

それでも、

モーターサイクル界のレジェンド
バド・イーキンスなど昔のLAバイカーは
みんなこぞってベイツの本社に行き、

カスタムメイドのジャケットを
オーダーしていたといいます。

 

box-s-jx7bf5zzn27yshwsfpfpx6ikmq-1001

1971年には「ABC Leathers」を買収。

70年代のモーターサイクルブームを
支え、レース場では圧倒的なシェアを
誇りました。

「ON ANY SUNDAY」の時代を支えた
ライダースの超名門です。
今回の品は写真でお解りのとおり
レザーのコンディションが極めて
良好です。

半世紀も昔のビンテージだとは
とても思えません。

box-s-jx7bf5zzn27yshwsfpfpx6ikmq-1001 (2)

ジッパーもオリジナルの物が
全て付属しています。

フロントには棒型の
【TALON】ジップ。

ポケットには涙型の
タロンジップが付きます。

古いビンテージ物になりますと
この涙型の引きタブ部分が
欠損している事がほとんどですが
これにはオリジナルが残っています。
革に関して言えば、

破れや大きな傷、ダメージなどが
ありません。

今後二度とは手に入らない
コンディションだと断言できます。

kotochapu-img600x450-1460918827i5iugt19548

ベイツのライダースの特徴としては
革がしっかりとしていて、重厚感が
あるにもかかわらず長時間着ていても
疲れないことです。

店長青山もこの年代のベイツを
着ていたことがありますが
同じ形のレザージャケットと比べても
かなり気心地がいいのです。

ベイツ同様アメリカのライダースで
有名なブランドに【BUCO】ブーコが
あります。

その【BUCO】ブーコが60年代以降
外注に出した【J-100】という
ライダースの名品があります。

それを生産していたのが
かつてブーコの社員だった
サンダー・ウェス氏の会社
【BROOKS】なのですが

店長青山はその【 J-100 】と同モデルの
ブルックスのシングルライダースも
着ていたことがあります。

しかし、

ベイツのライダースの方が
重量が重いにもかかわらず
着ていて圧倒的に楽でした。

最初はすごく不思議でした。

ただ、おそらく革の柔らかさが
関係しているのだと思います。

重量が重いという事は
革の厚みがあるという事。

バイクでの高速運転やレース中の
転倒時に身体を守り、命を救うギアな
わけですからタフで丈夫である事は
必然的です。

にもかかわらず、

着ていて柔らかいという事は
良質なレザーを使用して
製作された事の証明になります。

この着心地の良さにより

普段の日常生活でも、
ファッションアイテムとして
プライベートな街着にできます。

box-s-jx7bf5zzn27yshwsfpfpx6ikmq-1001 (1)

黒いダブルのライダースなど
本当にカッコいいのですが、
普段、気軽にちょっと羽織るには
イメージが少しハード過ぎるいう人も
中に入ると思います。

その点、

シングルライダースなら
形がシンプルなのでジーンズや
チノパンツなど、どんなアメカジ
スタイルにもぴったりです。

しかも、

今回のお品はとてもきれいな
ブラウンレザー。

BATEはレースで育ってきた
ブランドなのでラインが入っていたり
切り返しがあるジャケットが多いです

比較的このような単色の物は
珍しいと言えます。

美しい茶色のレザーは
カジュアルなスタイルにも
とても良く似合います。
このライダースを羽織るだけで
あなたを一瞬で

【 カリスマ的雰囲気 】

に仕上げてくれる、魔法のような
レザージャケットです。

box-s-jx7bf5zzn27yshwsfpfpx6ikmq-1001 (3)
で、

今回このジャケットを手に入れて下さった
お客様には特別に

レザージャケットの
お手入れを記したレポート
をお付けします。

このジャケットが異様なほど
美しい状態を保っていることに
ご興味はありませんか?
日本では革のお手入れというと
すぐに

【ミンクオイル】

と塗りたくります。
で、

保管しているうちに
必ずと言っていいほど

【カビ】

をはやしてしまうのです。

ブーツブランドの
【 REDWNG 】社では
レッドウイングブランドで
オリジナルのミンクオイルを
販売しています。

しかし、

レッドウイングジャパンさんでは
ブーツのお手入れにミンクオイルを

「 ※おススメしていない 」

ことをご存知でしたか?

なぜならば

日本でミンクオイルをレザーの
お手入れに使用すると
大事なレザーアイテムに

【 カビ 】

を発生させてしまうからです。

にもかかわらず
【REDWING】ジャパンさんが
ミンクオイルを販売しているのは

日本の消費者が

【 ミンクオイル 】信者

のため、そればかり求められるので
消費者のニーズのために
仕方なく販売しているのです。

もともと、

ミンクオイルをレザーのアイテムに
使用するという方法は
アメリカからやってきました。

1970年代にアメリカからレザーの
ブーツやジャケットなどが
日本に入ってきてブームに
なった頃のことです。

その時、

アメリカのレザーブーツの
手入れ方法であるミンクオイルも
一緒になって輸入されてきました。

このお手入れ方法は
アメリカの本物の労働者が
ワークブーツなどをお手入れするには
とても良い方法です。

湿気の少ないアメリカの気候に
とても合っていますし、

なによりも労働用のブーツなどを
お手入れするものなので
ミンクオイル一つで充分なのです。

しかしながら、

何も考えずにただアメリカの表面だけを
真似て日本でそれをやろうものなら
一発で【カビ】です。

革のお手入れの本質を
何も理解していないからです。

なので

日本でライダースを着ている人の
革を触らせてもらうと

「 べったり 」

とした肌触りになります。

みんなミンクオイルでケアして
いることが容易に想像できます。

ホコリは付きやすし、

他の洋服とコスレたら
その服が汚れてダメになるし、

人ごみの電車やバスには
乗れないし、

車に乗ったらシートを汚すし、

良い事なんて全然ありません。

ですので、

日本でレザーケアをしようと思ったら
それなりの方法があるのです。

今回はこのライダースジャケットを
お手入れした簡単で目からウロコの
方法をご購入者様に、メールのレポートで
お伝えしたいと思います。

この方法を知っているだけで

これからの人生でレザーアイテムの
お手入れがまったく変わる事になると
思います。

あなたが他にも所有している
レザーアイテムの日本での寿命が
確実に伸びる事は間違いありません。

今、ご愛用のレザーがいつまでも
美しく長持ちするのであれば

それを購入したときの価格に対する
コストパフォーマンスがいちじるしく
飛躍的に向上することになります。

とても簡単ですので
読んだ時には拍子抜けしてしまうかも
しれませんが、効果は絶大です。

是非、楽しみにしていてください。

それではまた!

動画

kotochapu-img450x600-1460918827gdjkyd19548
60sベイツBATESシングルライダース
SINGLE RIDERS VINTAGE ビンテージ
サイズ M 42 ¥47000-(+tax ¥3760-)