1951-us-army-ad
1951年4月16日 『LIFE誌』
アメリカ陸軍/空軍 兵士募集広告

1951-us-army-ad-1

店長青山です、

今回はビンテージの広告を
ご紹介します。

アメリカのマガジン
【LIFE誌】の 1951年4月16日号
に掲載されたアメリカ軍の兵士を
募集する広告です。

1951-us-army-air-force-ad

1951-us-army-air-force-ad-1

The Mark Of A Man!

Buckling on pistol-heavy webbing…warming up tanks in the gray light
of another dawn…American soldiers are once again proving that the
battle-worn combat dress of the United States Army is the mark of a man.

1951-us-army-air-force-ad-2

U.S.ARMY(アメリカ陸軍)とありますが
よく見るとU.S.AIR FORCE(アメリカ空軍)も
リクルート(求人)している事が記載されています。

U.S.ARMY

VISIT YOUR NEAREST U.S.ARMY
AND U.S.AIR FORCE RECRUITING STATION

この図柄が描かれている
年代を判別しようと思うのですが
1951年の広告なのでそれ以前の
風景だと思われます。

ただ、
この兵士が着ている
ミリタリージャケットが図柄からは
何なのか良くわかりません。

1951-us-army-air-force-ad-3

1951-us-army-air-force-ad-4

しかし、

ブーツを見ると手掛かりと
なりそうなディテールが見えるのが
わかります。

1951-us-army-air-force-ad-5

わかりますでしょうか?

2本のストラップが付いた
バックルブーツとなっています。

1943-boots

このストラップのついたコンバットブーツは
1943年に採用された通称『TYPE-Ⅲ』と
呼ばれるM-1943モデルだと推測されます。

しかし珍しいのはイラストの左足を
よく見るとこのブーツは
キャップトゥとなっていますね。

M-1943のコンバットブーツは
基本的にプレーントゥなのですが
このようにキャップトゥとなっている
個体も実際に存在しています。

このブーツの前身である
M-1942通称『TYPE-Ⅱ』の
ショートブーツはキャップトゥの
仕様でした。

ですので、

このイラストの
ブーツはモデルチェンジ時期の
移行期間の品かもしれません。

それらの事から
今回のイラストの図柄は
1943年頃と推測されますね。

ちなみに、

このM-1943『TYPE-Ⅲ』には
アンクル丈のショートブーツタイプも
存在します。

そちらは映画【大脱走】で
スティーブマックイーンが
履いていたブーツとして
知られています。

type3-boots-steve-mcqueen

type3-boots-steve-mcqueen-2

このように一枚の絵から
いろいろと情報を引き出して
あれやこれやと推測できるのも
歴史を超えて残ってきたビンテージ
ならではの楽しみです。

しかし、

このイラスト、人物に動きがあって
本当にカッコいいです!

この絵は 『Kling』という
アーティストが描いた物のようで
写真だとわからないのですが
左下にはサインもプリントされています。

お部屋に飾ったり、
玄関に置いたりすると
一気に空間の雰囲気を変える
インテリアとなりますね。

お気に入りのブーツやジャケットなどと
一緒に飾ってみて下さい。

こちらは表面がガラスになった
額入りの物となります。

店長青山がビンテージの広告の中から
選りすぐった図柄の物を入手して
オリジナルで額に入れて
作成した品です。

なので

同じ物は世界中どこを探しても
手に入れる事が出来ません。

ミリタリーがお好きな方も
ビンテージがお好きな方も
アメリカ物が大好きな方も
是非、一度実物を見てみて下さいね。!

それではまた!

1951-us-army-ad
1951年4月16日 『LIFE誌』
アメリカ陸軍/空軍 兵士募集広告

¥2500-(+tax ¥200-)

※ お勧め参考記事

【スティーブマックイーン映画『栄光のライダー』広告】

【フローシャイム1957年8月26日ビンテージ広告】

合わせてお読み頂くと
今回の記事に対する理解が
より一層深まります。

=============

※店舗に関する情報はこちらより

>>【PRIVATE GARAGE】古着屋ガレージセール公式メルマガ 

=============