Q.「コードバンの革靴にカビが生えてしまいました。
どうすれば良いでしょうか。

また、カビが生えないようにするには
どの様な対策が効果的でしょうか? 」

店長青山です、
お客様からご質問を頂きました。

ありがとうございます。

ご質問にご回答させて頂きます。

今現在、市販されている商品の中で
カビの除去に効果的だと考えている物は

【M.モゥブレィ】
モールドクリーナー
です。

今回はこちらの使用を前提とした
お手入れをご紹介します。

カビが生えてしまった靴への
対処法ですが

ステップ1

M.モゥブレィ モールドクリーナーを
表面に吹き付け乾いた布で拭きとります。

ステップ2

靴の中も汗や皮脂による汚れにより
カビ発生の原因になる可能性があります。

モールドクリーナーを吹き付けた布で
拭きとります。

ステップ3

直射日光の当たらない場所で
陰干しをします。

1週間ほどしっかりと乾燥させ
様子を見ます。

ステップ4

カビが除去されたことを確認したら
コードバンの革に対するお手入れをして
仕上げをすれば終了です。

※注意

布で拭く際には絶対に
水拭きをしないでください。

水拭きをするとカビに水分を与え
爆発的に増やす原因となります。

そして

カビを取る際に使用した布は
再び使用せずにすべて捨てて
次回以降は新しい布を使用してください。

一度使用した布を再利用すると
カビの胞子を塗り広げてしまい
増殖させる原因となりますので
十分ご注意ください。

ここまでがモールドクリーナーを
使用した作業になりますが
恐らく1度ではカビを
取りきれないかと思います。

カビの胞子は根深く、取りきるのにも
時間がかかります。

1週間以内にカビが再び
現れた場合には再度
1~3の作業を
繰り返してみてください。

なお、モールドクリーナーは
カビ予防にも使用可能です。

靴だけでなく下駄箱などにも吹き付け
予防としてご使用できますので
お試しください。

そしてカビの発生を防ぐために
大切な事は、どのような時に
カビが出るのか理解しておく事です。

これが理解できていれば
対応方法をご自身で
考え出すことができます。

カビが生える条件には
3つあります。

1.栄養(汚れ)
2.高温
3.多湿

この3つの条件が

【同時に揃った時】

にカビは発生します。

という事はどれか1つだけでも
要因を取り除くことができれば
カビの発生を防ぐ事ができるのです。

例えば

1.栄養(汚れ)が無ければ
高温多湿でもカビにならない。

2.低温であれば汚れや湿気が
あってもカビは生えてこない。

3.湿度が無ければ汚れがあり
高温であってもカビにならない。

と、いう事になります。

で、あるならば
対処法としては

stain-remover

1、【M.モゥブレイ】
ステインリムーバー

などのクリーナーで汗や汚れを取り除き、
モールドクリーナーで
しっかりと除菌しておく。

2、高温多湿を防ぐため風通しの
良い場所に保管する。

ceder-dry

シダードライ

hinoki-dry
ヒノキドライ
といった除湿剤との併用は
とても効果的です。

箱に入れて保管される際には、
箱に直接モールドクリーナーを吹きかけたり、
小さな穴を空け空気の循環をよくすると
カビの予防に効果的になります。

ご参考にしてみて下さい。

それではまた!

PS.
今現在、革靴のお手入れに関して
なにかわからないことや
悩んでいる事があれば、是非それを
聞かせて下さい。

すぐには答えられないかもしれませんが
必ず1つずつ丁寧にお答えして行きます。

質問先メールアドレス:
garageg2q@gmail.com

あなたのご質問をお待ちしております。