DSCF3651_400
【Allen Edmonds】アレンエドモンズ Lloydロイド MADE IN USA
FullBrogue Balmoral (内羽根式ウイングチップ)

店長青山です、

本日も新入荷の革靴をご紹介します。

きょうご紹介する革靴は
Allen Edmonds 【Lloyd】、
アレンエドモンズのロイドです。

美しい内羽根式のウイングチップです。

DSCF3654_400

DSCF3655_400

【Lloyd】ロイドはアウトソールを取り付ける際
靴全体をぐるりと一周するように出し縫い糸で
縫い込んで作られています。

この製法は

「360度グッドイヤーウェルテッド製法」

と呼ばれるものですが、
アレンエドモンズの靴の特徴の一つです。

アメリカ靴らしく、しっかりとした
質実剛健な作りとなっています。

DSCF3659_400

そしてもう一つ、
アレンエドモンズには他のブランドと
違って靴の内部に一つの特徴があるんです。

通常、革靴というのは土踏まず部分、
インソールとアウトソールの間に
靴の強度を増すためシャンクと呼ばれる
芯を入れます。

言ってみれば、これが
革靴の背骨になるんですね。

鉄製やプラスティックで作られており
これが入っているのが普通のブランドです。

ところがアレンエドモンズの場合、
本体とヒールとの接合に釘を用いないで
製法します。

そのため中敷きがないので
シャンクを入れずに靴を組み上げます。

これは職人の技術力のなせる業ですが
シャンクがないので
履き心地が大変柔らかいのです。

アレンエドモンズは

「履きならす必要がない」

と言われるくらい、
一番最初に履いた瞬間から柔らかく
履き心地のよさには定評があります。

DSCF3661_400

『  熟練した靴職人が
212の工程を経て作り上げる靴  』

現在でもアレン・エドモンズでは、
1922年の創業当時の伝統を
受け継いでいます。

750人の熟練した靴職人が
5つの工場に分かれ、212の工程を経て
毎日丹精込めて革靴を作り上げているのです。

その履き心地の良さから
アメリカのVIPにも昔から
愛用者が多いです。

顧客にはJ・F・ケネディ元大統領や
ブッシュ、クリントン元大統領なども
名を連ねています。

俳優ではマイケル・ダグラスさんが
アレンエドモンズを愛用している
とのことです。

DSCF3663_400

DSCF3666_400

そんなアメリカの職人が丹精に精魂込めて
作り上げたアレンエドモンズは
当店でも特に人気のお品です。

お客様からのお問い合わせも多く
人気ブランドのTOPに入ります。

現在、当店では何足かアレンエドモンズを
在庫しておりますが中古のお品の為
すべて一点物となります。

気になられた方は、とにかくお早めに
ご試着だけでもなされることを
お勧めいたします。

それではまた!

動画

DSCF3651_400
【Allen Edmonds】アレンエドモンズ Lloydロイド MADE IN USA
FullBrogue Balmoral (内羽根式ウイングチップ)
サイズ 9 ウィズD (目安26.5cm~27.5cmくらい)¥12000-(+tax ¥960-)