LINEで送る
Pocket

walkover-utip
【WALKOVER】DERBY U-Tip 

店長青山です、

ミッキーマウスをこの世に生み出し、
ディズニーランドを作った、
ウォルトディズニーさん。


『 WALT DISNEY 』

彼の伝記の中に、このような
くだりが出てきます。

『 彼の段ボールで出来た
スーツケースはすり切れていて、
中身と言えば、その半分は
洋服ではなくアニメーションの
器具だった。

彼の唯一の贅沢品は、
カメラを売ったお金で購入した
一足5ドルのWalkoverの靴だった。』

ちなみに、
段ボールで出来たスーツケースといっても
何のことがわからないかもしれませんが
昔のトランクは【 cardboard suitcase 】
といいまして、紙で出来ていたんですね。

と、言うことで
そんなウォルトディズニーさんも
愛用していたのが【WALKOVER】。

1758年に始まり、
古き良きアメリカの時代を
現代までも伝える老舗ブランドです。

今回ご紹介するのはその
【Walkover】のUチップです。

【Walkover】は1758年にスコットランド系の
移民であるLevi Keithさんが自宅で靴を
作り始めた所から始まります。

キャプチャ

Walk Overのホームページ をみると
ブランドの歴史が乗っていますが
そこにキースファミリーの名前が出ています。

キャプチャ

ウォークオーバーの上級ラインとして
【Keith Highlanders】キースハイランダーズ
という革靴ブランドがあるのですが、
このブランドネームは創業者一族から
とられているのですね。

America’s Cup に由来するブランド名

そして時は1899年、
当時ビジネスを繁栄させていた
キース氏はこの会社に相応しいブランドの
名前を付けたいと考えていました。

そんな時、ふと彼の目に留まったのが
新聞のある見出しでした。
それはヨットのアメリカズカップ
第10回大会の結果です。

1899-America's Cup

【 America’s Cup defender’Columbia’
wins in a Walk Over
Sir Thomas Lipton’s ‘Shamrock’】

「 アメリカズカップのディフェンダー
コロンビア号が
サー・トーマス・リプトン卿の
シャムロック号に圧勝した 」

キース氏はこのシンプルな一言で
強さや明快な勝利を表す
【 WALK OVER 】という言葉を気に入り
ブランドの名前としたのです。

ところで・・・、
この負けてしまった
Sir Thomas Lipton
(サー・トーマス・リプトン)さん、
ご存じではありませんか?

Sir-Thomas-Lipton
そうです、

あのイギリスの紅茶リプトンの
創業者で「紅茶王」と呼ばれた方です。

今、ちょうどヨットの第35回
アメリカズカップ真っ最中ですね。

せっかくですので
ちょっとリプトンさんについても
お話しておきます。

このリプトンさん、

紅茶の貿易でイギリスに多大なる恩恵を
もたらしたことから1898年に
イギリスのヴィクトリア女王陛下から
ナイトの称号を与えられています。

サーという称号で呼ばれるのは
そのためですね。

莫大な資産を慈善団体に寄付したり
貧しい子供たちに紅茶をふるまったり
するなどの慈善活動などでも知られて
いるのですが、実はヨットの世界でも
とても有名な方なのです。

実はこのリプトンさん、
イギリスのシャムロック艇を率いて
1899年から1930年まで30年間、
5大会連続でアメリカズカップに
挑戦し、アメリカ艇と戦いました。

いずれもアメリカに敗れるわけですが
1930年の第14回大会に5回目の挑戦で
破れた時には、リプトン卿の為に
アメリカの市民がお金を出し合い
宝石商ティファニーでゴールドの
カップを作って贈ったといいます。

このカップをもらった時は
リプトンさん、81歳。

第6回目もチャレンジすると
言われていたそうです。

リプトン卿の負けても破れても
挑戦を続けるそのチャレンジ精神は
「世界最高の偉大なる敗者」
「真のスポーツマンシップ」と
賞賛され、現代まで語り継がれているのです。

アメリカにおいてLIPTON TEAが
飲まれているのは、元をただすと
創業者リプトンさんのこの逸話の
影響も少なくないと想像しています。

そんな、リプトンさんが負けた時の
新聞の見出しから【WALK OVER】が
名づけられたと思うと、とても面白いですね。

さて、このウォークオーバー。
1970年代には日本にも輸入されるようになり
アメリカントラッドのスタイルに
ぴったりの靴として大人気となりました。

スエード靴のダーディバックスや
ホワイトバックス、特に
レッドブリックソール(レンガソール)の
サドルシューズなどはWALKOVERの
得意とする形でした。

かつて、履いていた事があるという方も
多いのではないでしょうか。

古くからOMCを請け負って他のブランドの
靴を生産してきたという背景もあります。

L.L.ビーンの靴なども生産していたようですね。

しかし、そんなウォークオーバーも
時代の流れに乗れず2000年頃に工場を閉鎖。
一時期はブランドがなくなってしまいます。

ところが、

2009年にイタリアのASAP社が
このウォークオーバーの商標を獲得。
デザイナーとしてMark McNairy
(マーク・マクナイリー)氏を迎え入れ
2010年に完全復活を遂げました。

今ではMADE IN USAのスエードシューズや
サドルシューズが新品で購入できます。

往年のファンの方にしてみれば
とてもうれしい事ですね。

で、
今回ご紹介のU-チップは
1980~90年代ぐらいの
お品かと思われます。

クラシックな形のUチップで
今では手に入らないモデルです。

グットイヤーウェルテッド製法の
しっかりとした堅牢な作りで
コンディションもかなり良く
まだまだ履きこんで頂けますよ。

古き良き時代のアメリカに
想いを馳せてコーディネイトを
楽しんでみて下さい。

それではまた!

walkover-utip
【WALKOVER】DERBY U-Tip 
サイズ 8 1/2 ウィズD(目安26cm~27cmくらい)
¥13700-(+tax ¥1096-)

【 ※ 今回の一足のお手入れ 】

店長青山が今回の革靴のお手入れに
使用したクリームは
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
【M.モゥブレイ】
クリームエッセンシャル

(無色)です。

革にきれいなツヤを出して
上品に仕上げることができる上、
無色のクリームなのでどのような
色の革にも使用することができます。

シミやムラになりにくいため
革靴のお手入れ方法が、何も
わからないという初心者の方でも
安心して使用できます。

使い方はとても簡単です。
布でとって全体に薄く塗り
その後、乾拭きをしてツヤを
だすだけになります。

また、革靴のみならずお財布や
ベルト、バッグや革のジャケットにも
問題なく使用できるのでかなり
汎用性の高いクリームです。

このクリームだけで、ありとあらゆる
革製品をお手入れできますので
一本用意しておくとかなり重宝します。
是非おススメいたします。

※ お勧め参考記事

『【WOLY】ウォーリー終了のお知らせ』

合わせてお読み頂くと今回の革靴の
お手入れに対する理解が
より一層深まります。

=======================
● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

変な広告も一切入りませんし、
解除も簡単にすぐできます。
ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の
『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================
※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket