中古革靴が初めての方でも そのままデートに履いていけるくらい「キレイで状態が良く」「1日履いていても疲れない一足」を 店長と相談しながら安心してゆっくり選べるお店です。 当店では合わない靴を無理におススメすることは「絶対に」ありません!

レアです!1960年代ビンテージバンダナ ファストカラー FAST COLOR RN13960 VINTAGE BANDANA DEADSTOCK

LINEで送る
Pocket

DSCF2712
1960年代 VINTAGE BANDANA
FAST COLOR
【RN13960】
Paris Accessories

店長青山です、
本日はとっても珍しいお品を
紹介しますよ!

楽しんで読んでみてください。

この世界の奥深さにきっと新鮮な
驚きを感じることでしょう。

今回はビンテージのバンダナを
ご紹介しますね。

もし、あなたがバンダナをお持ちでしたら
是非取り出して確認してみてください。

意外に古いバンダナだったりすることも
多いですから面白いですよ。

DSCF2714

まず見て頂きたいのは、バンダナの会社や
年代を判別するのに一番重要な要素になる
こちらの表記です。

【FAST COLOR】というのは
「色あせない」「色落ちしない」
といったような意味になります。

昔は染色の技術が今ほどでなかったので
わざわざこうやって、

「このバンダナは色落ちしませんよ!」

と消費者に伝える必要があったのでしょうね。

しかし洗ってると
やっぱり色あせてきます。(笑)

でも、それがいいんです。

今の現行品では全く出せないような
独特の雰囲気をかもし出して
くれるからです。

赤がやれて朱色のようになってきたり、
紺が色あせてナス紺といわれる色になるのは
たまらなくかっこいいですよ。

で、上の写真には

【RN13960】 とありますね。

このRNというのは
レジスターナンバーという意味です。

アメリカで会社が登録した時に
与えられた登録番号という事ですね。

ですので、こちらの番号をみれば
バンダナを生産していた会社がわかります。

今回の【RN13960】は
『Paris Accessories Inc』
(パリスアクセサリーズ社)の
レジスター番号です。

下の写真は今回の物より新しいお品ですが、
『パリスアクセサリーズ』 と
RN13960 の文字が読み取れるかと思います。

DSCF2721_400

そして最初の写真の白いバンダナには
MADE IN USA という
表記がなかったと思います。

そのかわり 100%COTTON 
という表記がありました。

おおよそなんですけれども、
100% COTTON や ALL COTTON
という文字がバンダナに入りだしたのは
1960年代の前半くらいから
ではないかと言われています。

そして、MADE IN USA という文字が
入ってきたのはざっくり言って
1970年代くらいからとされているんですね。

と、いうことはですよ

最初の白いバンダナは

『 100%COTTON 』 あり
→ 1960年代以降
『 MADE IN USA 』 なし
→ 1970年代以前

ですので、おおよそ1960年代のお品と
判断できるわけなんですね。

そして裏を見ると、
バンダナの4辺の中で1辺だけが
セルビッジ使いになっています。

ちょっとわかりづらいですが
写真で言うと左側の辺です。

上の辺が折り返して縫われているのに対し、
左側は生地の端が縫われることなくそのまま
セルビッジ(耳)といわれる処理になっています。

DSCF2716

ジーンズなどで赤耳といわれる
ディテールがあります。

あれはなんで耳という部分を
使用しているのかというと、

ほつれないように処理してある
デニム生地の端の部分をあえて使用することで、
デニムパンツのほつれ処理を省いた、
といういきさつがあるんですね。

もちろん、
デザイン的にもアクセントになりますから
一石二鳥です。

その耳といわれる部分が
「セルビッジ」です。

実は古いバンダナは一辺だけ
このセルビッジ(耳)が
使われていることが多いんですよ。

4辺とも縫われてしまっているのは
比較的新しい現行の物の特徴になります。

DSCF2718

DSCF2719

いかがですか?
柄もいいですよね。

今回のお品はVINTAGEバンダナの中でも
とても珍しい白!

年代は1960年代。

そしてですね、恐らくなのですが
今回のお品はデッドストック
です。

タグ等がないのではっきりとは
言い切れないのですが、水を通して
洗ったような形跡が見られません。

本当に劇レアな一枚と言えます。

今回のお品、あまりにカッコいいので
額装してお店に飾ろうかと考えてました。

バンダナをそのまま使うのも
カッコいいのですがアレンジ方法として
インテリアとして使用すると空間の
雰囲気がとても良くなるんです。

これを額に入れて飾っておいたら
めちゃめちゃカッコよくないですか?

へんな絵画を飾ってあるお店よりも
よっぽど古いファブリックのバンダナを
壁にかけていた方がセンスがいいです。

あなたももしお部屋のインテリアに
迷っているのならこれを飾ったらいいと
思いますよ。

額に入れないまでも開いて
かけてあるだけでもいいですしね。

でも、やっぱり使いたい時は
ザクザク手を拭いて使っちゃいましょう!
バンダナですから!

コーディネイトのアクセントとしても
色々と使い道はあります。
手首に巻くのもいいですね。

bandana-Depp

bandana-johnny

ジーンズを履いて
腰から垂らすのも雰囲気があります。

Johnny-bandana

Johnny-Depp-bandana

でもやっぱり、
おでこに巻くのが一番
インパクトがあるかもしれません。

JohnnyDepp-bandana

そしてジーンズの後ろポケットから
チラ見せされれば、
あなたのバックスタイルも
170%は印象UPです!

DSCF2730_400

DSCF2731_400

【Levis646】のバックポケットに
無造作に突っ込んでみました。

一撃でかっこよくなります。

突っ込むだけですからね。
手軽に簡単です。

これから春になってアウターを
脱ぐようになるとパンツの
バックスタイルは重要です。

男はやっぱり後ろ姿で語れるように
なりたいですよね。

是非、バンダナをバックポケットに
入れるスタイルをこの春は
取り入れてみてください。

今回もビンテージのお品につき
一点のみの現品限りです。

気になる方はすぐにお店まで足を運んで
実物を見て下さいね。

そして、
他にもヴィンテージのバンダナを
ご紹介している記事があります。

こちらもかなり興味深い内容と
なっていますので合わせて
ご覧頂くと知識が深まります。

●70~80sミッキーマウスバンダナ

70sミッキーマウスバンダナ

●70sナス紺 ヴィンテージバンダナ

●ヴィンテージバンダナのステッチについて

それではまた!

DSCF2712
1960年代ビンテージバンダナ FAST COLOR
【RN13960】Paris Accessories
DEADSTOCK
¥4900-(+tax ¥392-)

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================

● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

変な広告も一切入りませんし、
解除も簡単にすぐできます。
ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の

『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments

関連記事

アーカイブ