中古革靴が初めての方でも そのままデートに履いていけるくらい「キレイで状態が良く」「1日履いていても疲れない一足」を 店長と相談しながら安心してゆっくり選べるお店です。 当店では合わない靴を無理におススメすることは「絶対に」ありません!

【N-3B】1980S PARKA EXTREME COLD WETHER ,TYPE N-3B

LINEで送る
Pocket

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

1%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

PARKA EXTREME COLD WETHER ,TYPE N-3B
WITH SYNTHETIC FUR ON FOOD
MIL-P-6279J

店長青山です、

アメリカの空軍では
摂氏10度からマイナス30度までの
気温体を

「ヘビーゾーン」、

摂氏マイナス30度から
マイナス50度までの気温帯を

「ベリー・ヘビーゾーン」、

もしくは

「エクストラ・ヘビー・ゾーン」

と呼びます。

マイナス50度とは尋常でない数字ですが
地上でこの超低温になることは
非常に稀です。

が、

いったん地上を離れ
高度の飛行に移れば
気温は一気にマイナスまで
下降します。

かつて第二次世界大戦以前の
開放型の航空機では移動することによって
発生する風が乗り組んだクルーの
体温を容赦なく奪いました。

dscf5262_400

ですので、

飛行機に乗り込むパイロットや
クルーにとってフライトジャケットによる
保温というのは
戦闘に加わるそれ以前に

【生命を維持する問題】

だったのです。
今回ご紹介するのは

【U.S.AIRFORCE】

アメリカ空軍実物本物

【N-3B】になります。

第二次世界大戦において
ヨーロッパ戦線でドイツへの爆撃を行う
米陸軍航空隊がまとった
ベリーへビーゾーンジャケット

【 B-11 】

の流れをくむ後継モデルです。

1983年の品になります。

dscf5265_400

店長青山はこの【N-3B】が
とにかく好きでかつて真冬は
ずっとこれで過ごしていました。

アウトドアで過ごしたりする時に
着るジャケットとしては
最強だと思っています。

dscf5266_400

その理由は暖かさもあるのですが
【コットン80% ナイロン20%】の
アウトシェルです。

真冬のアウターとして、暖かさで
真っ先に挙げられるものとしては
ダウンジャケットがあります。

軽くて暖かいので店長青山も
重宝して使っています。

が、

いったんアウトドアのフィールドに出ると
ダウンジャケットは正直心もとないのです。

なぜならば、

ダウンジャケットのアウトシェルは
通常【ナイロン100%】で出来ているからです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ダウンジャケットというのは
元々、地表上に障害物のない
雪山で着るために作られたものです。

しかし、

日本でキャンプなどに行くと
そうはいきません。

ダウンジャケットの薄いナイロンシェルだと
木の枝や障害物に引っかかったり、
こすれたりした時に簡単に
破れてしまいます。

更に問題なのは【火】です。

アウトドアでの楽しみはやはり食事。
バーベキューなどもしますし
たき火は必須です。

そんな時におしゃれなダウンなど
着て行こうものなら一瞬で終わりです。

飛んできた【火の粉】がナイロンの
アウトシェルについて
ぷすぷすとあちらこちらに
穴をあけてしまいます。

他にも

大晦日や元旦の夜に初詣に行ったら
神社にかがり火がありますね。

お参りに並んだあと、身体を
温めようと近づいたら、はぜた
火の子でお気に入りのダウンに
それで穴をあけてしまうのです。

新年早々、ショックで立ち直れません。

1%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

それを考えると、

アウトシェルがコットン80%で
出来ているこの年代のN-3Bは
アウトドアでたき火に当たっても簡単に
火の子で穴だらけになる心配がありません。

なのでガシガシ、アウトドアでも
ストリートでも着倒してもらえます。

しかも、

暖かさは折り紙付きの上
人とは違ってカッコイイです。

ここ数年注目されてきた
「モンクレール」や
「カナダグース」などは機能性も
素晴らしいですし、本当に魅力的な
アウターを出しています。

ただ、

いかんせん
【 流行り過ぎました感 】
が、どうしてもぬぐえません。

街中でベビーカーを押している
おしゃれで若いママさんが
モンクレールやカナダグースの
ワッペンのついたジャケットを
着ているのを見るとそう思います。

「 ちょっと難しいなー 」と。

すごく流行り過ぎてしまった物は
本当におしゃれな人でないと
着こなすのが難しくなるのです。

年齢が30代まで、であれば
若さがあるので流行り物を
着ていても問題ないと考えています。

でも、

40代以降になったら
人と同じ流行り物は相当気をつけて
選ばなくては危険です。

40も過ぎた、むさ苦しい男の
店長青山がおしゃれな若い女性と
同じ服装をしていたら
オカシイでしょう?

同じ土俵に立っているだけで
完全にアウトです。
すでに敗北は決まっています。

「雑誌のマーケティングに
踊らされ、高額商品を頑張って
カードで買っちゃった!」

というプラカードを下げて街中を
歩いている中年男、丸出しです。

だったら、
だったらですよ?

最初から人とは
違うアイテムを選ぶのがいいに
決まっています。

7万円とか8万円とか出して
高級なダウンジャケットを
買うのであればビンテージの一点物を
手にした方が最初から楽なのです。

今回は一点物のアメリカ空軍のN-3B。

実際にもっと寒くなってから
欲しいと思ってもすでに
「時遅し」という事になります。

バイクに乗る方にとっては
真冬に最適なアウターです。

当店では滅多に入荷できないお品ですので
今すぐに手に入れて下さいね。

それではまた!

動画

dscf5262_400

PARKA EXTREME COLD WETHER ,TYPE N-3B
WITH SYNTHETIC FUR ON FOOD
MIL-P-6279J SIZE: LARGE
¥19700-(+tax ¥1576-)

========================

当ブログの過去記事より
閲覧数ランキング
【TOP10】

全国はもとより、世界各国からも
アクセスのある過去のブログ記事を
閲覧数順に集計、トップ10の
各記事をまとめました!!

かなり興味深い、
意外な結果となっていますので
是非、楽しみにご覧ください。

=======================

【革のお手入れ】専門ブログ
超人気記事【TOP10】

シューケア用品【M.モゥブレィ】の
正規販売店である当店が
革靴だけに限らずカバンや
レザージャケット、お財布など

【 革製品のお手入れ 】

に特化してお伝えしている
当メンテナンス専門ブログ中から
人気ブログ記事【トップ10】を
発表致します。

あなたのレザーアイテムの手入れに
必ず役に立つ内容ベスト10

とも言えるランキングです。

=======================

★簡単な7つのチェックポイントを
確認するだけで、中古革靴のダメージを
全て発見できるメソッド

【失敗しない!中古革靴の選び方】

一足にかかる時間はわずか3分。
今、履いている革靴の状態も
的確に判断できます!

=======================

● 【当店のお得なメルマガ】
ブログよりも先に 新入荷情報
届いたり
読者様限定割引などが
付いたりします。ご利用下さい!

変な広告も一切入りませんし、
解除も簡単にすぐできます。
ご登録がまだの時は下にあるフォームの
枠内にカーソルを合わせた後、
お名前などを記載してフォームの下の

『 確定 』ボタンを押してくださいね!

《メルマガ登録フォーム》

※当店の営業時間
各曜日の営業時間は以下の通りです。
月曜日 12:00 ~ 21:00
火曜日 12:00 ~ 19:30
水曜日 12:00 ~ 22:00
木曜日 店休日
金曜日 12:00 ~ 21:00
土曜日 12:00 ~ 21:00
日曜日 11:0020:00
商品の仕入れなどの関係の為、
予告なく営業時間が遅れる事があります。
全てを一人で行っておりますので
なにとぞご容赦下さいますよう
どうぞ宜しくお願い致します。

●【ガレージセール店内の様子】
店内の画像

●【当店の地図】
JR津田沼駅改札から
古着屋ガレージセールまで
お店までの道のりを詳しく写真入りで
ご紹介しています。

●【ブログ商品のお問い合わせ】
メールやお電話でお気軽にどうぞ。
お問い合わせの際は
何月何日のブログ商品
なのか必ず伝えてください。

なお、当店は地域のお客様に商品を
ご提供させて頂いておりますので

通信販売や電話・メールでのお取り置きは
行っておりません。


●【お問い合せ電話番号】
047-493-1236
(携帯電話からクリックで電話できます。)

●【お問い合せメールアドレス】
garageg2q@gmail.com
(携帯電話からクリックでメールできます。)

●【住所】
〒274-0825
千葉県船橋市前原西2-7-11
三真ビルA-1F


GARAGESALE公式ブログ

 

LINEで送る
Pocket

Comments

comments

関連記事

アーカイブ